谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

ごあいさつ
全日本カウンセラー協会 ポルソナーレ
代表 田原克拓
私たち「全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ」のホームページにお訪ねいただいてありがとうございました。心から厚く御礼を申し上げます。ポルソナーレのカウンセリングは日本はもちろん、世界で唯一の「指示性のカウンセリング」の理論と実技、術を完成っさせています。単に症状を解消することが目的ではなく、社会的な自立を目ざす社会教育がカウンセリングの狙いと目的です。これからも、みなさまのご支持、応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。 活動経歴
著作一覧

略歴
1
日本で初めて「心のトラブルは薬物療法よりもカウンセリングが大切」と提唱してきました。 当時は、インシュリン療法、電気ショック療法、大量の薬物投与が日常的におこなわれていました。
2
「カウンセリングを医療保険制度にとりいれるべきだ」と提唱してきました。 医師への経済保障がなければ、医療としてのカウンセリングは成り立たない、とアピールしてきました。
3
「カウンセリングとは社会教育である」と提唱してきました。 学校の教師こそ最良のカウンセラーである、学校の正規の授業でも教えられるべきだと発信しつづけてきました。
4
「性格と心の世界は、家の中でつくられる」と「カウンセリングの現場」から公表しつづけてきました。 「宮崎勤事件」などの原因、「不登校」の原因などの論考をメディアに配信してきました。
5
「心の病いの原因は、ものの考え方にある」とアピールしてきました。 当時は、「分裂病は遺伝する」などと考えられてきました。ちょっとした心ない差別の迷妄の打ち消しに努力してきました。
6
「日本の精神医学は、欧米に比べて30年は遅れている」と言われている水準の回復とその成果を公表しつづけてきました。 「分裂病」「うつ病」「躁病」「神経症」などの心のしくみと因果関係、対策を書籍で公開しています。
7
「誰にでもできるカウンセリングの合理的な方法」を開発して、公開してきました。 これを「指示性のカウンセリング」として、カウンセリングの現場で検証して研究・開発してきました。『カウンセリング・シミュレーション』『小学生・未成年女性・男性のための性格教育法』などです。ロジャーズ法、森田療法、などとは区別されています。
8
「神経症の解消にも成功しつづけています」。 吉本隆明氏は「核の神経症」とのべています。ポルソナーレでは、「呼吸法」と「心臓の働き」の関連を解明して、脳内のホルモンの影響でさまざまな自律神経の症状が起こり、アレルギー症状が起こる理由と対策を『ニューズレター』で配信しつづけています。
9
「心の実体を明らかにして、定義しています」。 「幼児教育」「老人介護」の中で起こるトラブルの解決に努力しています。子どもの「年齢べつの発達」「女性と男性の生理的身体と自我の発達」「老人の五感覚と脳の働き方」などの定義をおこない、誰にでもできる「不安の解消の仕方」のカウンセリング技法を『介護する人への支援マニュアル』(東京都・創造法による認定)などで公表しています。
10
「日本の長引くデフレ型の不況は、カウンセリングという第三次産業の市場の創出が克服する」と主張しています。 アメリカの「ハーバード流交渉術」「リチャード・バンドラーの神経言語プログラミング」は財界や大学、政治家が支持しています。
実益を生むビジネスのあり方を、今、『ゼミ・イメージ切り替え法』と『カウンセラー養成ゼミ』で直接に伝授しています。
著作一覧

『日本映画の論理』
(三一書房)

『性格と心の世界』
『続・性格と心の世界』)
(全国学校図書館協議会選定図書)
『初期・性格と心の世界』
『女と子どもの心の世界』
『登校拒否』
『カウンセリング・シミュレーション』
『完全・性格プロファイリング/自己診断と対策』
(性格教育センター)

『心が生きるための性格教育法』
(創造教育センター)

『心とやまい』
(三一書房・元東大精神科医師 /
現在陽和病院院長の森山公夫 氏との共著)

『デウスドクター・ポルソナーレV』
(全日本カウンセラー協会、ポルソナーレ)


『時代の病理』
(春秋社・吉本隆明氏との共著)


その他多数

田原克拓の略歴

1944年 長崎県に生まれる
1970年 法政大学卒業
1970年 以降
1.創造教育センター(東京都港区麻布台1−4−3 代表・阿部進)の0歳から3歳までの乳・幼児のための「一日10分育児法」を開発
2.創造教育センターの「一日10分保育法」の開発
(3歳から6歳までの、もじ・かずの家庭教育のテキスト)

1978年 性格教育センターを設立
女性のための性格教育法の通信教育『ポルソナーレ』を開発、開講
(後1997年に、全日本カウンセラー協会、ポルソナーレに組織変更)

1981年 男性のための性格教育法の通信教育『ポルソナーレ・U』を開発、開講

1985年 小学生のための性格教育法の通信教育『プロトコース』を開発・開講、中学生・高校生のための性格教育法の通信教育『デウスコース』を開発・開講

1997年9月 全日本カウンセラー協会を発足

1998年3月 「介護する人への支援マニュアル」を開発
東京都・中小企業創造活動促進法の認定を受ける

2005年4
月 現在
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ代表として指示性のカウンセラーの養成のための『カウンセラー養成ゼミ』と『ゼミ・イメージ切り替え法』を主宰

第9期めのゼミを開講中

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.