谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。

女性向けカウンセリング・ゼミ
男性の「女性対応」カウンセリング・ゼミ

学習ガイダンス
ゼミ・イメージ切り替え法
スーパーバイザーカウンセラー認定コース
クラス、AクラスNo.25
学習テーマ:教える・育てる・導くカウンセリング術

ポルソナーレ式イメージ切り替え法 NEWSLETTER 第215号
10期23回め平成21年1月10日
脳の働き方と言語の学習回路/浅見鉄男「井穴刺絡・免疫療法」

脳の働き方のメカニズム・おとなと子どもの脳の発達のさせ方
「共同幻想論・母制論」
(吉本隆明)

「未来に希望を描けない若者危機」
(週刊東洋経済)

エクササイズ:闘う史上最強の知性の学習モデル

はじめに

 ゼミ・イメージ切り替え法、中級クラス、スーパーバイザーカウンセラー認定コース、Aクラス、25のゼミをお届けします。
 「グローバル・リセッション」(世界規模の景気の後退)が本格化する2009年が明けました。
 ポルソナーレは、「金融システムのバブルの崩壊」までは予測していませんでしたが、日本の経済社会と日本人そのものの衰弱や退行状態は数年前から現実問題である、ととらえていました。これを前提にして、日本人の脳の働き方のソフトウェアのメカニズムの解明と、日本人の脳の働き方の立て直しのための「エクササイズ」を開発して、お届けしてきています。
 2009年の幕開けの1回めの本ゼミは、「バック・トゥ・ベーシック」(原点に戻れ)の世界的コンセプトの日本版をお届けします。

ポルソナーレ代表田原克拓

本号の目次

  1. おおくの日本人の「世界規模の景気後退」(グローバル・リセッション)のとらえ方は「アジア的の共同幻想」による理解の仕方になっています
  2. 止まらない派遣切り。自力では未来が開けない。
    (若年の非正規社員は20代前半で4割を超える。
    仕事だけでなく、住みかを失う若者が急増している)
  3. 正社員の既得権という構造的な問題にメスを入れるべきだ
  4. 日本の若者には、社会とは弱肉強食という意識が欠如している。若いときこそ辛い体験が必要だ
  5. 「無惨な大人たちに物言う資格はない」
  6. 非正規社員の問題の正しい理解の仕方とはこういうものです
  7. 家の中は一人練習の場という「個人幻想」が確立されていないのが多くの日本人
  8. 「心の病いで休職中の学校の先生、15年連続で最多更新」
  9. 「大学院まで出たけれど、半分はフリーターになる」
  10. 「家出人は「8万8千人」。「65歳以上」だけが増えつづけている」
  11. 派遣のルールを自己解釈する日本人の脳の働き方の特性
  12. 『共同幻想論』(「母制論」吉本隆明、角川ソフィア文庫)
  13. 「幻想」ということを理解すると「自立した主体」が確立します
  14. 「母系制の共同幻想」の理解の仕方
  15. 日本人は今もなお、「母系制社会」(アジア型共同幻想)にどっぷり首まで浸っている
  16. エクササイズ 事例・T
  17. 事例・U
  18. 事例・V
  19. 「仕事」の中での活用法を教えます
  20. ポルソナーレ式イメージ療法(プログラム) 闘う史上最強の知性の学習モデル
  21. 希望を生み出すイメージ療法
脳の働き方のメカニズム・おとなと子どもの脳の発達のさせ方
「共同幻想論・母制論」
(吉本隆明、角川ソフィア文庫よりリライト・再構成)

「未来に希望を描けない若者危機」
(『週刊東洋経済』2009・1・10より、リライト・再構成)

エクササイズ :闘う史上最強の知性の学習モデル
おおくの日本人の「世界規模の景気後退」(グローバル・リセッション)のとらえ方は「アジア的の共同幻想」による理解の仕方になっています

 すでにみなさまもよくご存知のとおり、平成20年(2008年)の10月より、「世界規模の景気後退」(グローバル・リセッション)が始まり、12月の押し迫った頃には、日本にもその影響が及びはじめました。

 影響の具体的な現象は、日本の輸出型の大企業の営業利益の大幅な減少となりました。そこで日本の輸出型の企業は、設備投資のスピード削減をおこないました。

 目に見える形で連日、ニュースで報道されたのは「派遣切り」という言い方で、「非正規社員」との契約打ち切りです。

 問題が具体化すると、それまでは抽象的にしか存在しなかった問題の本質が浮上します。このグローバル・リセッションは、日本人の何を問題にしているのでしょうか?今回は、この点からご一緒に考えてみましょう。

 『週刊東洋経済』(2009・1月10日号)は、「未来に希望を描けない若者危機」というテーマで特集のリポートをあつめています。ご一緒に考えてみたい具体的な問題とは、次のようなものです。

止まらない派遣切り。自力では未来が開けない。
(若年の非正規社員は20代前半で4割を超える。
仕事だけでなく、住みかを失う若者が急増している)
(ルポ・安田浩一。ジャーナリスト)
  1. 福岡県宗像市(むなかたし)の稲田大輔(だいすけ)さん、23歳の話。
    「2年前に、派遣会社からトヨタ九州の仕事を斡旋(あっせん)された。熊本の高校を卒業して、期間工や派遣で食いつないできた。正社員で働きたくても、働き口がない。トヨタの派遣社員になるとき、担当者から、がんばれば正社員になれる、と力説された」
  2. 「2008年8月。トヨタ九州は、業績悪化の対応策として、派遣社員800人の契約解除を実施した。私も、契約を解除された。現場責任者にこう言われた。まっ先に辞めてもらうのは、君たち派遣の人だ」。
  3. 「今すぐに寮を出てほしいと言われた。別の派遣会社に登録して、同じ福岡市内の九州ホイル工業(自動車部品製)で働くことになった。だが、自動車不況のあおりを受けて、すぐに減産体制に入った。2008年12月に契約を打ち切られた」
  4. 「今、パチンコ店で働く。自分でアパートを借りた。基本給は10万円とちょっと。派遣よりも安いし、休みもない。毎日、ホールで立ちっぱなしの仕事をしている」。
  5. 福岡宗像市(むなかたし)の不動産業者の話。
    「宗像市は、工員さんの街と呼ばれていた。トヨタ九州で働く派遣社員の多くが暮らしているからだ。
    トヨタ進出にともない、たくさんのアパート、マンションが建設された。そのほとんどが派遣社員用の寮として使われていた。彼らがごそっとクビを切られたので、今、過剰供給になっている。近隣は幽霊アパートばかりだ。空き家だらけのアパート、マンションになっている」。
「正社員の既得権という構造的な問題にメスを入れるべきだ」
(人事コンサルティングJoe‐s Labo代表・城繁幸の発言)
  1. 「大企業の中高年正社員の多くは、今の若者を甘い、と嘆く。すぐ会社を辞める、と言う」。
    「だが、若者は、二極化している。上位3割がキャリア志向だ。能力主義の外資系に殺到している。残りの7割が就社意識がつよい。昭和価値観組という。この人たちが正社員になりたがっている」。
  2. 「日本は、まだ終身雇用、年功序列型の旧来システムがつよく残っている。賃金は年齢とともに上がる。だが、今、企業はどこも縮小傾向だ」。
  3. 「この従来型の日本の企業には、安定志向のつよいやる気のない若者ばかりが集まっている。彼らは、世代間格差が開いていることに目を向けない。生涯賃金は、今の65歳の人よりも30%から40%少なくなる」。
  4. 「日本の企業は、コアの業務を正社員に、単純作業を非正規社員に割り振った。
    不況になることを予測するからだ。
    非正規社員、30代フリーターは、不況になることを予測しないから仕事のスキルアップができていない。
    肉体労働だけでは、体力が衰える50歳代で無職になることを予測しないからだ。行き着く果てにホームレスが待っている」
  5. 「日本に必要なのは、欧州先進国の雇用形態と同じく、徹底的な雇用の流動化だ。具体的には、正社員の解雇、賃下げをより容易に認めることだ。給与に見合う成果が出せない人間は、解雇し、優秀な若手の給与を引き上げる」。
  6. 「まず、中高年が既得権を手離すことから始めないと、若者に未来があろうはずがない」。
「日本の若者には、社会とは弱肉強食という意識が欠如している。若いときこそ辛い体験が必要だ」
(大前研一の発言)
  1. 日本では、親が子どもをスポイルしているし、社会も若者をスポイルする傾向が加速している。本来、叩かれても立ち上がってくるのが若者だが、日本の若者には、その意識がない。社会、世の中というのは、弱肉強食の市場メカニズムの世界だ、という知的認識が乏しい」。
  2. 「国際社会の中で働くならば、20代のなるべく早い時期に、自らを競争に身をさらすべきだ。厳しい環境下で、人生でいちばん辛い思いをすることだ。
    貪欲に目標を追えるならば、今の日本では競争相手が少ない。その分、チャンスも大きくなる。失敗できるのは、若者の特権だ。最後のトライが成功するまで、やりつづけることだ」
「無惨な大人たちに物言う資格はない」
(アニメーション監督・小説家、富野由悠季(とみのとしゆき)の話)
  1. 「今の日本では、若い人たちよりも、40代、50代の人々のものを考える力が衰えていて、これが若い人たちに波及している」。
  2. 「若者が、温室の中で飢えることなく暮らしていけるシステムを作ったのは、親であり、大人なのだ。とうてい温室育ちの子どもが、温室の外に出て行けますか?出て行けるわけないでしょう?」
  3. 「若者に厳しい物言いをしても彼らはショックを受けていない。言葉に不感症になっている。痛みも何も感じない。子どものご機嫌をとる大人、親が多いから、こうなった」
  4. 「人には、年をとらなければ化けない大器晩成型もいます。
    だが、今の日本では、30代以上の人は思考回路をチェンジできない。自己改革するなら、22歳以下しかない。20代も、後半になると、ほとんどダメだと思っている。22歳以後は、よほどの才能を持った人、もしくは、つねに危機感をもって自己改革にとりくんでいる人の影響を受けている人以外は、希望が持てないでしょう」。
非正規社員の問題の正しい理解の仕方とはこういうものです

■『週刊東洋経済』(2009・1月10日号)より、日本の「若者」をめぐる問題のポイントを浮上させてご紹介しました。事例では、「派遣社員」として働いてきた23歳の男性のケースです。日本の大企業は、輸出主導で収益を得てきているので、いきおい、製造コストの占める割り合いが高くなるという背景を映し出すのが「非正規社員」の問題です。

 市場を海外に負っているということは、日本の国内の市場は放置されてきたし、現在もなおそうであるということです。

 その典型が「非正規社員」という構造です。賃金が安い、アパートを独力で借りて生活を自立させないということは、必ずしも「非正規社員」に限った問題ではありません。

 ここには、「企業」と「個人」の関係の問題があるのです。生活をしていくことと、働くこと、そして働いて収入を得ることが切り離されて別々のことであると企業は考えているし、働く人も考えています。この「別々のことである」とは「とらえていない」のが「城繁幸」のいう「3割のキャリア志向・能力主義・外資系に殺到する若者」です。

 「城繁幸」は、「2008年に卒業した東大理工系修士の20%が外資系に就職している」とのべます。

 この「外資系に殺到している3割のキャリア志向の若者」は、「欧州先進国では、雇用形態による給与の差はない。正社員でも、異動による仕事の内容の変化で給与が上下する」(城繁幸の話)という仕事観が前提になっています。このことは、平成20年も終わる頃、NHKテレビで、「オランダ」のケースが紹介されていたので、観た方もおられることと思います。「オランダ」の「派遣社員」は、企業の正社員と給与は同じです。不況になると正社員の給与が下がり、非正規社員にも仕事が「ワークシェアリング」されています。また、職能訓練のための「教室」も用意されていて、「将来を考えるとこのままでいいはずがない」と考えた人は、アフターファイブ以降、自転車やバイクに乗って通っていました。「認定」を受けた人は、正式に「正社員」に登用されていました。

 日本の場合はどうか?というと、ケースの事例でご紹介しているとおり、「まじめにがんばれば、いつかはトヨタの正社員になれるよ」という派遣会社の担当者の言葉を信じて、「その日」を待っています。

 「何ていうか、もう、派遣とはこういうものだと諦めるしかなかったですね」
 「自分は、無力だなあとつくづく思います」
 「今、基本給は10万円とちょっと。休みもない。立ちっぱなしの仕事は長つづきしそうもない。結婚を約束した彼女がいるが、夢のまた夢となって、涙とともに消えかかっている」
  (福岡市宗像(むなかた)市。稲内大輔(だいすけ)さん・23歳の話)。

家の中は一人練習の場という「個人幻想」が確立されていないのが多くの日本人

 「働くこと」と「自分の生活」とが別々のものと分けられて、分離してとらえられていることに注目していただく必要があります。「生活」とは「衣・食・住の場」のことです。

 「家の中」という空間性の世界のことです。人間の身体は、「21歳」をピークにして老化していくことは、すでに、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミでも説明しています。「老化」とは、「神経系の細胞」が徐々に死滅していくことです。「廃用萎縮」という、「使わない筋肉は減少していく」という法則のとおり、廃用萎縮にともなって、必然的な因果律にしたがって「脳」も「五官覚」の「神経系の細胞」も死滅していきます。すると、自分の身体の「老化」のプロセスを想定して、日々「家の中」で「一人練習」として鍛えて訓練する必要とその有用的な意義が「生活の中」にあることが分かります。ポルソナーレは、「心や精神は、老化しない」と説明しています。それは、「家の中で一人練習として訓練した場合に限る」という条件がつきます。「心や精神」とは「言葉の能力」のことです。「精神」とは、「言葉」によって自分と他者の「行動対象」の現実をどのように理解するのか?という表現的な意識のことです。「心」とは、「自分自身」の生理的身体のしくみを、「他者の生理的身体」をとおしてどのように理解するのか?という内省的な意識のことです。これらの「心・精神」は、「生活の仕方」によって退化もするし、発展的に発達もすることは、よくお分りのとおりです。それは、「脳の働き方」の「記憶のソース・モニタリング」のメカニズムとして、あらわれます。「訓練なき脳の働き方」はどうなるのでしょうか。

「心の病いで休職中の学校の先生、
15年連続で最多更新」
  • かつて、学級運営ができない教員を「M教師」と言った。
    当今は、「心病む先生」が激増。文部科学省によると、平成19年度に精神性疾患で休職した公立学校の教職員は「4,995人」。15年連続で最多記録を更新した。
  • 調査対象の公立校の教職員は92万人。19年度は「4,995人」が精神性疾患により病気休職した。大半は、「うつ病」である。
  • 「職員どうしでうまくコミュニケーションがとれない」「指導内容の変化に対応できない」
    「30代前半の女性教師の例。同僚の男性教師が結婚した。がっくりして、自律神経失調症になった」。
「大学院まで出たけれど、半分はフリーターになる」
  • 日本は、就職難になった。大学のさらにその上、大学院卒の半数が定職に就けない。
    民間企業に就職できる確率は、ほぼゼロになる。
  • 就職は資格で勝負するとしてTOEFLのための勉強をしている人、医学部生、博士号取得、の人などの就職率は50%強。
    すると、院生の半分は就職先の無いフリーター状態となる。
    これ以外にも、死亡、社会から消えていく人などが10%近くいる。
「家出人は「8万8千人」。
「65歳以上」だけが増えつづけている」
  • 2007年の「家出人」は「8万8千89人」。
    (警視庁調べによる)。
    前年に比べて「1・3%」減少している。しかし、「60歳以上の人の家出人」は、「5・1%」も増えている。2007年は「1万6717人」が家出した。しかも、毎年増加しつづけている。
  • 「あくまでも「捜索願」が出されている件数の数字。実際の家出人はもっと多いと思われる」(精神病理学者・野田正彰の話)。
  • 「転職して収入が激減する。やがて職がなくなる。やむなく家出している」
    「収入がないと、自分の不甲斐なさを責める。家族に合わせる顔がないと耐えきれず家出する」
    「ネットカフェ難民といえば若者中心と思われているが、実際は、50歳以上の人がかなり多い」(岡本祥浩。中京大政策学部教授の話)。
    「子どもが独立した後、家出してホームレスになるケースもある」。
    「60歳以上の自殺者は、1万人以上と、圧倒的に多い」(警視庁の自殺統計による)
    (『週刊新潮』2009・1・15号「恐ろしい日本の数字」より)
派遣のルールを自己解釈する日本人の脳の働き方の特性

■日本人は、「派遣社員の法律」を見ても、「企業は、いつか、どこかで調整のための安全弁」として「非正規社員」に単純労働を割り振っているという現実を「言葉」によって学習していないことの結果の実例をご紹介しました。これは、単に「非正規社員」だけの問題ではなく、全ての働く日本人の男性、女性に該当する問題です。「働くこと」と「生活をすること」が全く区別して分けられていて、「家の中で、自分の数年後の働くことと生活すること」を「推移律」としてイメージできないということが日本人の共通の脳の働き方になっています。これは、「脳の働き方」でいうと「X経路」中心の「イメージスキーマ」(アメリカの認知言語学者ルイコフの定義)です。

 「X経路」とは、脳のブローカー言語野・3分の1のゾーンを働かせる「視覚の知覚神経」のことです。自律神経の「副交感神経」の恒常性(ホメオスタシス)で恒常的に「記憶した言葉のイメージ」が表象(ひょうしょう)されます。

 ブローカー言語野の3分の1のゾーンは、「側頭葉」に位置していて、「ウェルニッケ言語野」の「触覚の認知と認識」の言葉と相互性をもって働いている記憶の中枢神経群です。

 すると、「メタ言語」としての言葉(いわゆる無意識のものの考え方のことです)は、次のようなものになるでしょう。

  • 自分が「見たいもの」しか見ない。
  • 先入観で、ものを見たり考える。
  • 自分の主観的な感情を根拠にして、「満足したり、安心する」。
  • 自分が「予期したとおりに、過去の記憶を変形させる」(これが記憶のソース・モニタリングになる)。
  • つねに自分の記憶が変わるので「思い込み」で自分だけが喜ぶネーミングをおこなう。

 この結果、「肯定性バイアス」(ものごとの否定面を見ない。無関係な二つのものをむすびつける)といった「多元的無知」や「バーナム効果」の「行動」のための言葉を産生しつづけます。これが、人間関係の場面では「前向性健忘症」(新しいことを憶えられないこと)、「逆向性健忘症」(相手の話したことを前提のテーブルの上に置いて、会話することができない。だから、質問しない、調べない、連絡しない、などの「行動停止」を起こして、線状体から不安のイメージを恒常的に表象しつづけるようになる)といった「脳の働き方」を特性とするようになるのです。これが今の日本人の抱える困難の真実の姿です。

 では、このような日本人の若者にとって、平成20年(2008年)10月より始まった「グローバル・リセッション」(世界規模の景気後退)とは、どういう意味をもつのでしょうか。脳の働き方のソフトウェアのメカニズムからとらえてみましょう。

 吉本隆明氏の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)には、次のように書いてあります。

『共同幻想論』
(「母制論」吉本隆明、角川ソフィア文庫)
  1. 人間は、社会のなかに社会をつくりながら、じっさいの生活をやっており、国家は共同の幻想としてこの社会のうえに聳(そび)えている。
  2. 国家は、共同の幻想である。
    風俗や宗教、法もまた共同の幻想である。名づけようもない形で、習慣、民俗、土俗的信仰がからんで、長い年月につくりあげた精神の慣性も、共同の幻想である。
  3. 人間が共同の仕組み、システムをつくって、それが守られたり、流布されたり、慣行となっているところでは、どこでも共同の幻想が存在している。
  4. 国家は、もとをただせば、一定の集団をつくっていた人間の観念が、しだいに析離(アイソレーション)していった共同性である。
  5. なぜ、わたしたちは、国家という概念に、同胞、血のつながりのある親和感、なんとなく身内であるものの全体を含ませてしまうのか。
    (以上は、角川文庫版のための序より)。
  6. 日本の「久高島」には、日本列島の「母系制社会」のあり方の原像をもつ信仰がある。
    ここには、水田稲作が定着する以前の時代の「共同幻想」と「対幻想」とが同致する「母系制社会」の遺制が想定される。
  7. 「母系制社会」という「共同幻想」は、個々の男、女への性交の禁止の意識が根拠になって支えている。
    「男と女の性」は「対(つい)なる幻想」という。この「対幻想」は必ずしもじっさいの性交を意味しない。「対幻想」がその初めにあった「共同幻想」とむすびつくときに「母系制社会」となる。
  8. 日本の「母系制社会」は「姉妹」が神権をもち、「兄弟」が政権を掌握するという形態をつくった。この「姉妹」の宗教は、「シャーマン教的な性格」をもつ。
  9. 「姉妹」と「兄弟」の関係には、性的な関係の意識があった。
    この性的な関係意識は「自然的な性の行為」を介在しない「心的な性」である(対幻想である)。
    これが「母系制社会」の共同幻想をつくった。
  10. 「父親」は、無視されるか、尊崇されて遠くの位置に追いやられる。
    (以上は、「母制論」よりのリライト・再構成)
「幻想」ということを理解すると「自立した主体」が確立します

■「幻想」とは、何のことでしょうか。

 「幻想」とは、人間の「観念」のことです。人間の観念とは、自律神経の恒常性(ホメオスタシス)の働きのメカニズムによって、いつでも、どこでも、寝ているときも「知覚した記憶」をイメージとして思い浮べつづけている、というときの「表象」(ひょうしょう)のことをいいます。この「観念」が「幻想」と呼ばれるものに変わるのです。どのようにして変わるのか?というと「言葉」によってです。ただし、「言葉の意味」が「幻想」をつくるのです。人間は、「言葉の意味」によって「行動する」ので、「12時になったら食事をしよう」と「意味」を決めたときのイメージされる「観念」を「幻想」といいます。だから、「言葉の意味」にもとづく「行動」を「3人以上の人間で合意する」ときに「共同」の「幻想」といいます。

 なぜ、「幻想」という言い方をするのか?というと、人間の脳の中に思い浮ぶ「行動のルールやきまりという約束ごと(秩序)」は、「行動する」ということの可能性と、「むすびつき」によって、「脳の外にある現実」とぴったり一致する、ということを指して「幻想」といいます。日本にも「グローバル・リセッション」が波動のように押し迫っていますがこの、「世界同時不況」の「現実」の意味は、ひとりひとりの人間の個人の幻想に見合っているのです。それは、いろいろな学者やもの書きの書く発言を見ればよく分かります。

 彼らは、自分が「意味」としてとらえた「行動の対象」(知覚した経験の範囲)の個人の幻想を「これが不況の内容だ」と思い描いているにすぎません。ポルソナーレのように、日本人のもつ「依存」や「甘え」を「共同幻想」の実体としてとらえる人は誰もいません。

「母系制の共同幻想」の理解の仕方
 吉本隆明氏は、「母系制社会」のルーツは「対幻想」にあると説明しています。

 人間の性は、「生理的身体の性」と「自分の性の相手は、この人だけだ」と特化する意識の心や精神の「性」との二つで二重に成り立っています。

 「母系制社会」は、女性のもつ「性の意識」をベースにしている「共同社会だ」と説明されています。「女性のもつ性」とは、視床下部の「視索前野」を中心にした「メタ言語」のことです。

 「人間関係の能力」と「言葉の能力」の二つのことです。それは、子どもを産み、育て、やがて成長して、自立して遠くに行く、ということを対象にした「メタ言語」です。女性は、「母親」となったとき、「自分と同化している」「自分と一体である」「遠くに離れても、自分の血縁を地つづきでリンケージしている」という「メタファ」をつくり出します。これは、全ての女性に普遍的な「性の意識」です。これらの「メタ言語」が全ての女性に共通のものであるとするならば、「思う」「語る」「行動する」ということの内容となります。言葉の意味(原義)として了解され合うということです。このようにしてつくられた共同社会が「母系制社会」である、と吉本隆明氏は説明しているのです。男性は、女性の生み出す「自己と同化している」とか「自分と一体である」といった「メタ言語」を、女性から学び、教わるしかありません。男性は、想像するしかない、というので「母系制社会」の中では無視されるか、食物を運んできたり、時々、性をして女性を喜ばせることもあるので「ホメ」て遠くの位置に追いやって一応大切にする存在だ、といっています。

日本人は今もなお、「母系制社会」(アジア型共同幻想)にどっぷり首まで浸っている
 問題になるのは、「母系制社会」とは、「遠くにいる子ども、母親を自分と同化していて、一体のあるものとして合意し合う」ということです。これは「ブローカー言語野・3分の1のゾーン」の「X経路」による認知と認識の表象(ひょうしょう)です。吉本隆明氏はこのような「対幻想」をベースにした「共同幻想」(つまり母系制の共同体や社会)のことを「アジア型の共同幻想である」と定義しています。

 すると、今の日本人の若者も老人も、「X経路」を中心に生活をしているので「母系制社会」(アジア型の共同幻想)の中でものを考えているし、行動していることになるのです。この点が、今の日本人のひとりひとりの個人的な困難を生み出している根拠の根源であるといえましょう。

 日本人は、「国家金融資本主義」と「輸出型の製造業の第二産業」という「西欧型の共同幻想」を自らの「ブローカー言語野の3分の2のゾーン」に漠然と表象して思い描いています。派遣にかぎらず、正社員の90%は、この「西欧型の共同幻想」の中に出かけて行き、夕方になれば「アジア型の共同幻想」(母系制社会の幻想の共同体)の中に戻ってきて、「X経路」を働かせて、「自分の仕事は終わった」と依存し、甘えていることになるでしょう。このような日本人のひとりひとりに、「グローバル・リセッション」の波動が迫ってきています。その結果『週刊新潮』にルポされていたような「大学院を出ても半分の人は仕事がない」「7割の非キャリア意識の人は、明日は我が身と怯えて仕事をしている」「50歳以上になると家出か、死ぬことを考えている」という状況を激発させています。

 対策は、言葉の意味を正しく憶えるための脳の働き方をトレーニングすることです。

 今回も「学習モデル」のためのエクササイズをご提供します。

エクササイズ
事例・T
  1. 「氏(うじ)より育ち」(故事・ことわざ。概念、数詞に当る)
  2. 意味(『タイル』に相当する)
    家柄とか血筋よりも、人が育つ環境や教育の方が大切だ、ということ。教育、育つ環境の方が人柄やその人の性格に大きな影響を与えることをいっている。

■設問

「氏(うじ)より育ち」の用例として適切なものはどれですか?

■用例

  1. 会社の後継者は、氏より育ちというから、社長の子どもよりも社員の中から有能な人を選んだほうがいい。
  2. 有名大学の大学生に大麻の逮捕者が多いのは、「氏より育ち」の好例だ。
  3. 日本の女性は、氏より育ちを重視して、親の言いなりのお見合いでは結婚しなくなった。

(注・正解は(1)(2)(3)とも)

■事例・U
  1. 「少年老い易く、学成り難し」(故事、ことわざ)
  2. 意味(『タイル』に相当する)
    月日がすぎるのはたいへん早い。若者もすぐに年をとる。だが、学問を修めるには時間がかかる。時間を惜しんで勉学に励まなければならない。このあとに「一寸の光陰軽んずべからず」と続く。

■設問

「少年老い易く、学成り難し」の用例として適切なものはどれですか?

■用例

  1. 「少年老いやすく」というから、若いうちにいっぱい恋愛をして男女関係の勉強に悔いを残さないようにしなければならない。
  2. 何ごとも運命、ということがある。中年になったら勉強よりも、楽しく暮らすことを目標にした方がよい。
  3. 非正規社員の人たちは、「少年老いやすく」ということを知らなかったために、キャリアアップの機会をなくしたと思える。

(注・正解は(3)とも)

■事例・V
  1. 「商売は草の種(たね)」(ことわざ、故事)
  2. 意味(『タイル』に相当する)
    おびただしい種類のある草の種のように商売(ビジネス)の種類も尽きることがない、ということである。

■設問

「商売は草の種」の用例として適切なものはどれですか?

■用例

  1. 商売は草の種だ。ホームレスになるくらいなら、家を一つずつ訪ねて、いらないものをもらって路上で売るのも一計でしょう。
  2. マンガ好きの引きこもりの人が、路上でマンガ読み聞かせをやっていた。
    聞いた人がお金を渡していた。商売は草の種だ。
  3. ある人が、会社の住所を使って投資のサイドビジネスをやって発覚した。商売は草の種の好例だ。

(注・正解は(1)と(2)です)

ゼミ・イメージ切り替え法 NEWSLETTER 第215号 一部掲載

関連
『ラジオ型言語とテレビ型言語・U』 「赤ん坊から見た世界・言語以前の光景」
書き言葉の生成・V 『共同幻想論』 (吉本隆明) 「ラジオ型言語とテレビ型言語」


連載
連載
エクササイズ:ポスト「世界同時不況」の、史上最強の知性のつくり方を教えます
書き言葉の生成・V 『共同幻想論』 (吉本隆明) 「ラジオ型言語とテレビ型言語」
「共同幻想論」(吉本隆明) エクササイズ:ポスト世界同時不況の知性の学習モデル
『ラジオ型言語とテレビ型言語・U』 「赤ん坊から見た世界・言語以前の光景」
「共同幻想論・母制論」「未来に希望を描けない若者危機」
日本語という書き言葉の文法の構造「日本語練習帳」
「共同幻想論・禁制論」「フィンランドの教育力・なぜPISAで学力世界一になったのか」
日本語という書き言葉の生成の構造 「メタファー思考」
「共同幻想論・規範論」 「英語のできる子どもを育てる」
日本語という書き言葉の言葉の解体 「0歳児がことばを獲得するとき」
「ハーバード流交渉術」 「超・心理バイブル」
書き言葉の生成X 日本語の解体学 「メタファー思考」
「ハーバード流交渉術」・II 「超・心理バイブル」
書き言葉の生成XI 日本語の解体学・II 「日本語の起源」
「ハーバード流交渉術」・III 「無気力の心理学」
書き言葉の生成XII 日本語の解体学・III 「日本語練習帳」
「ハーバード流交渉術」・IV 「対人恐怖の人間学」
書き言葉の生成XIII 日本語の解体学・IV メタファーの生成と行動停止の起源
「和歌山毒カレー大量殺傷事件」に見る日本人の対人意識 「強迫観念」との交渉戦術

参考:脳の働き方の学習のご案内

「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
 受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
女性向けカウンセリング・ゼミ、男性の「女性」対応・ゼミ

ゼミ・イメージ切り替え法

プロ「教育者」向けカウンセリング・ゼミ

カウンセラー養成ゼミ

脳と心の解説

教育方針は「教える・育てる・導くカウンセリング」です 。
「女性」「子ども」のこんな心身のトラブルならあなたにもすぐ解消できます。

「女性向け」、「男性の“女性”対応」のカウンセリング・ゼミです。
女性は「相手が喜ぶ」という共感がないと、ものごとを正しく考えられません。

女性と心を分かち合える「脳」を、最高に発達させる!!が教育の狙いと目的です。女性を「見る」「見たい」、女性から「見られる」「見られたい」関係をつくる、カウンセリング術です。

女性の「脳を健康を働かせる」!安心と安らぎを分かち合う、が教育のテーマと目標です。「気持ちが安心する。だから、知的に考えられる」という女性の本質を支えつづけるカウンセリング術です。

女性の脳の働きが伸ばす「人格=パーソナリティ」を目ざましく発達させる!が教育の方針です。 女性が社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と、知的に関われる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスを楽々のりこえる女性の「脳」を育てる!!が教育の人気の秘密です。女性は、脳の働きと五官覚の働き(察知して安心。共生して気持ちよくなる)とぴったりむすびついて、一生、発達しつづけます。


脳と行動の診断

人の性格(ものの考え方)が手に取るように分かる「心の観察学」

心の病いに感染させられない「人間の関係学」がステキに身につきます。

心の病いを救出する、心と心をつなぐ「夢の架け橋術」

相手に好かれる「対話術」がまぶしく輝くので、毎日が心の旅路。

相手の心の働きのつまづきが正しく分かって、「正しい心の地図をつくれる」ので、損失、リスクを防げます。

性格のプロフィールが分かるから正しく「教え・育て・導く」ができる本物の社会教育の実力が身につきます。


よくある質問

学校に行くとイジメがこわいんです。私にも原因ありますか?

怒りっぽいんです。反省しても、くりかえしています。治りますか?
脳と心の解説

「仕事・人生・組織に活かすカウンセリング」です。他者の心身のトラブルを解消できれば、自然に自分の心身のトラブルも解消します。

プロ「教育者」向けのカウンセリング・ゼミです。
人間は、誰でも「気持ちが安心」しないと正しく「ものごと」を考えられません。

「脳を最大限に発達させる」が教育の狙いと目的です。「指示性のカウンセリング」とは、 「一緒に考える」「共感し合って共に問題を解決する」カウンセリング術です。ものごとには「原因」(脳の働き方)があるから「結果」(心身のトラブル)があります。

「脳の健康を向上させる」、が教育のテーマと目標です。「指示性のカウンセリング」は、「考えたことを実行し、考えないことは実行しない」 という人間の本質を、最後まで励まし、勇気づけるカウンセリング術です。

脳の働きがつくる「人格=パーソナリティ」を育てる!が教育の方針です。
「指示性のカウンセリング」は社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と正しく関わる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスに強い、元気に働く「脳」に成長させる!!が教育の魅力です。
「指示性のカウンセリング」は五官覚(耳、目、手、足、鼻)を正しく発達させて、言語の能力も最高に発達させるカウンセリング術です。


脳と行動の診断

「心の病いの診断学」が楽しく身につきます。

心の病いの予防と解消の仕方の「人間の理解学」が身につきます。

心の病いに気づける「人間への愛情学」が驚くほど身につきます。

「交渉術」の知性と対話の能力が目ざましく進化しつづけます。

相手の心の病理が分かって、正しく改善できるので心から喜ばれます。「心の診断術」

病気になるということ、病気が治るということが正しく分かる、最高峰の知性が身につきます。


よくある質問

朝、起きると無気力。仕事にヤル気が出ません。うつ病でしょうか?

仕事に行こうとおもうと、緊張して、どうしても行けません。治りますか?
バックナンバーの一部を9期後半分より、随時掲載していきます。
詳しくは下記をクリック
 ゼミ・イメージ切り替え法
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 ゼミ・イメージ切り替法の詳細
 ゼミ・イメージ切り替法トップページ
 自立した女性の性と家庭教育ゼミ
 カウンセラー養成ゼミ
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 カウンセラー養成ゼミ詳細
 カウンセラー養成ゼミトップページ
 戦う男性の社会教育ゼミ
入会も随時受け付けています。
入会と同時にご希望のバックナンバー等、ビデオ(DVD)学習で、学んでいただけます。


ゼミの見学、ゼミのバックナンバービデオ(DVD)試聴も無料です
ニューズレターと共にお送り致します。 詳しくは「入会案内」をご覧下さい。
ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.