谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら

うさぎです。 プロ教育者向けカウンセリング
大脳を最大限に発達させるゼミ

学習ガイダンス

カウンセラー養成ゼミ
プロ「教育者」対応カウンセリング・ゼミ
スーパーバイザーカウンセラー認定コース 
中級クラス Aクラス、No.26

学習テーマ:
教育方針セカンドライフコース
人生・組織・仕事に活かすカウンセリング法

カウンセラー養成ゼミ NEWSLETTER 第211号
10期24回め平成21年1月24日

ハーバード流交渉術・脳の働き方と言語の学習回路
浅見鉄男「井穴刺絡・免疫療法」

脳の働き方・言葉の生成のメカニズム
書き言葉の生成・VII

日本語という書き言葉の文法の構造
「日本語練習帳」(大野晋)

はじめに

 カウンセラー養成ゼミ、中級クラス、スーパーバイザーカウンセラー認定コース、Aクラス、26のゼミをお届けします。
 「書き言葉」を生成する脳の働き方についてお話します。今回は、大野晋の日本語の語源の研究をケーススタディにして、グローバル・リセッションの中で日本人にとっての再構築のテーマをお届けします。日本語には、日本人の脳の働き方が生成してきたハンディや限界があります。ここをよく分かって、日本語による表現の能力を再構築することが、全ての日本人に求められています。

ポルソナーレ代表田原克拓

本号の目次

  1. 言葉と行動の仕方は不可分一体の関係にあることを理解しましょう
  2. 日本語の「人称」のとらえ方について
  3. 英語の人称は、「主体」をあらわす
  4. 欧米人は、人間と向かい合っている
  5. 日本人の文法は、人間不在をあらわす
  6. 日本語は「行動が止まる」ための言語表現になる
  7. このような日本語の「文法」の特性について、大野晋は次のように書いています。 『日本語練習帳』 (岩波新書より、リライト・再構成)
    日本語の「人称」の本質は「位置」を表現すること
  8. 日本語の「人称」は、人間関係の説明を目的にしている
  9. 日本語の「文法」は古代原始社会の対人意識をあらわしている
  10. ちなみに「リッカ・パッカラ」(フィンランド・ヘルシンキの小学校教諭)は『フィンランドの教育力』(学研新書)の中でこんなふうにのべています
    フィンランドは人材育成に投資している
  11. 金田一春彦による「助詞」の用法の説明
  12. 大野晋による「和語」の「助詞」のメカニズム
  13. 日本語の文法は「対象」を説明しない行動を生成する
  14. 日本人が、「世界同時不況」を自然現象のように理解する根拠
  15. ポルソナーレ式イメージ療法(プログラム) 萎縮する精神を立て直すイメージ療法
脳の働き方・言葉の生成のメカニズム 書き言葉の生成・VII
日本語という書き言葉の文法の構造
「日本語練習帳」
(大野晋・岩波新書よりリライト・再構成)
言葉と行動の仕方は不可分一体の関係にあることを理解しましょう

 鈴木孝夫(言語社会学者)は、『新潮45』(2009・1月号)の中で、日本語と英語の「人称代名詞」の違いについて書いています。「人称代名詞」とは、よくご存知のように「一人称」「二人称」「三人称」のことです。英語でいうとI(一人称)you(二人称)he, she, it(三人称)が該当します。

 日本人は、この「人称代名詞」の日本語を「私」(一人称)、「あなた」(二人称)、「彼」「彼女」「それ」「あれ」「どれ」などが「三人称」であると形式的にとらえています。

 「だが、はたしてそうか?」というのが鈴木孝夫の問題意識です。鈴木孝夫がのべているところを理解できるかどうか?が、日本人が、今のグローバル・リセッション(世界同時規模の景気後退)の中で生き残れるか、どうかの根源が問われるところです。鈴木孝夫のいうところの要旨をご紹介します。

日本語の「人称」のとらえ方について

@ 今の日本で、英語を学校で習ったことのない人は少なくなっている。そこで、「自分を指すのが一人称、相手は二人称、そのどちらでもない人、物は三人称である」と教わり、そのように理解するのが常識だと考えられている。

A 英語では、相手に話しかけるとき、必ずしも「二人称」ではなく「一人称」で話しかける場合はよくある。

B 「自分と相手以外」は「三人称」とするのが普通だが、しかしよく調べてみると「二人称」もよくある。そして、相手に「三人称」で話しかけることは、これはごく普通におこなわれている。
このことは、「人称」とは「自分が一人称」「相手は二人称」「どちらでもないものが三人称」という簡単なものではない。
具体的な例をあげる。
How are we today?(病院、老人ホームなどで)医師、看護師が親、入院患者に向かってあいさつをするときは、一人称の複数形で話しかける。
How are you?のような二人称はつかわない。
Let's wash our hands.(幼稚園などで、先生が子どもたちに向かって、おやつですよ、みんな手を洗って)というときは一人称の複数形のwe(us)で呼びかける。ここで先生は、子どもたちにだけ手を洗うことを求めている。先生は、子どもと一緒に手を洗わない。
「一人称の複数代名詞」のweの 使い方は、話し手が相手にたいしていろいろと面倒を見るときの保護者の位置にある場合によく用いられる。
普通の大人がweを用いて呼びかけられると「子ども扱いされている」と感じて反撥(はんぱつ)することがある。

英語の人称は、「主体」をあらわす

C あなたが部屋にいるとしよう。
誰かが、ドアをノックする。あなたは、英語で何と言うだろうか?日本語ならば「どなたですか?」「誰ですか?」と言うだろう。そこで、Who are you?と言うのだろうと考えると間違いだ。
Who is it?というように、相手をitと「三人称」で表現しなければならない。
同じことは、電話がかかってきたとき、「どなたですか?」のつもりでWho are you?と言うと、雰囲気が険悪になる。
「一体、おまえは誰なんだ?」といった詰問になるからだ。
Who is this?と「三人称」で言うのである。
このような事例から見て分かることは「二人称」のyouは、「相手の姿が見えていないとき」「相手が誰だか分らないとき」は使わないのが安全な言葉らしいことが分かる。
そして、「相手が見えていても、その人が誰であるか分からない、軽く戸惑っているとき」は、「二人称」ではなくて、「三人称」で話しかける。ホテルでポーターが客を探している、それらしい人を見つけて話しかけるときはIt's Mr.Smith, isn't it?というように、「三人称」で呼びかける。

D 見てきたような例をとおして分かることとは何か?本来、「二人称」が使われるはずの相手に対して「三人称」が用いられる理由は何か?
「二人称」のyouは、話し手と相手との間に程度の差はあっても、個人と個人の間に見られる「対立」「拮抗」「敵対」といった心理的な緊張を合意している。このような要素のない「三人称」が用いられる。ドアの外にいる人、電話をかけてきた人に「三人称」を用いるのは、まだ正常な対話のできるI-youの関係に入っていないためである。

欧米人は、人間と向かい合っている

E 「人称」とは何か。西欧諸国では、「主観的、かつ心理的なものだ」と理解されている。

  • 話し手が、「自分の周りの人間、事物」を「自分の正規の言語としての相手」と見るか、どうかで成り立つものだ。
  • 自分と同等の資格で「言葉を交せるか?どうか?」に、「人称」をつかいわける基準がある。
  • 「正規の言語的な関係の相手」とは、自分が話せば、相手も言葉を返してくるという「相互的な関係」を認める、ということだ。
  • だから、ふつうは、「人間ではない事物、無生物」は「三人称」を用いる。同じように、対象が人間であっても、「目の前にいない人」とは、言語的な関係にはないから「三人称」となる。
  • また、「話し手」が「相手」にたいして「戸惑い」「尊敬」「愛情」などを感じている時は、ここには「対決的な緊張関係が無い」から、「二人称」を避ける。
日本人の文法は、人間不在をあらわす

F このように見てみると、日本語では「人称」という範疇(はんちゅう)が存在しない理由がよく分かる。

  • 日本人は、話の相手との心理的な葛藤を避けたいと思っている。
  • 「二人称」のように使われている「あなた」「おまえ」「そちら」などは、「相手の居る場所」を言っている。相手を間接的に、暗示的に指している。
  • しかも、これらの「擬似代名詞」もできるだけ使わないようにと考えている。
    「旦那(だんな)」「社長」「奥さん」などや、相手の役職名や職業名を使う。
  • このように理解すると、日本語には、西欧の言語に見られるような「二人称代名詞」は存在しない。
  • しいて「人称代名詞」という用語を用いるならば、日本語では、「私」「俺」も含めて全て「三人称」だというしかない。
日本語は「行動が止まる」ための言語表現になる

■ここで鈴木孝夫は、何をいっていることになるのでしょうか。

 「言葉」と「行動」とは同じものであるといわれています。「行動」は「言葉」がつくり出します。

 「人称」とは、「行動を起こす主体」のことです。「主体」とは、人間のことです。「主体」とは、「自分の自由な意思で行動をおこす当事者」という意味です。

 この「主体」のあらわす行動が、欧米と日本とでは全く違っているというのが、鈴木孝夫の説明です。

 どのように違うのでしょうか。

 欧米では、目の前にいる人間を「自由な主体」とみなしています。

 これにたいして、日本では、「そこには、自由な主体は存在しない」と認識しています。こういう違いがあるとのべています。

 言葉による「人称」の表現とは、書き言葉(話し言葉も)によってあらわされる「行動の主体」による「行動の意味のあらわし方」のことです。「行動」とは、必ずしも「手、足を動かすこと」だけをいいません。「見る」「聞く」「皮ふに感じる」「話す」「思考する」ことも含みます。「意味をあらわす」のは自分か、相手か、第三者か、人間以外のものか、などが「主体」という概念が基準になって区別されています。

 西欧人は、この「主体」を「自由な意思をもつものか、どうか?」で認識しています。

 しかし、日本人は、「主体」を「自由な意思をもたない存在である」と理解しています。

 このような理解が、「書き言葉」の表現の形式となり、「文法」という秩序を構築しています。

 鈴木孝夫は、日本語による「人称」は、「私」も「おまえ」も「あなた」も、全て「三人称」というべき性質のものであるとのべています。その根拠は、「自分」も含めて、人間関係の間には「人物」なり「人間」なりは存在せず、「場所」か「位置」しか存在しないからだというものです。あるいは、「人物」を間接的に暗示する「社長」や「役職名」や「地位をあらわす名称(奥さん、旦那さんなど)」しか存在しないからであるというものです。

 これは、日本人にとっての「人間」とは、自分や他者も含めて、そこにじっといつまでもとどまっている「静止した状態の存在」とみなされていることになります。

 ポルソナーレの本ゼミのこれまでの説明に置き換えるとどうなるでしょうか。日本人は、「行動が止まっている状態にある」のが「人間というものだ」と認識しています。

 鈴木孝夫は、日本語の「文法」は、「行動が止まっている状態」を話したり、書いたりする形式が構築されているとのべているのです。

このような日本語の「文法」の特性について、大野晋は次のように書いています。
『日本語練習帳』
(岩波新書より、リライト・再構成)

日本語の「人称」の本質は「位置」を表現すること

@ヨーロッパ語の「人称代名詞」と日本語の「人称代名詞」とを比べてみる。

  • 英語には「一人称」がI, 「二人称」がyou, 「三人称」がhe,she, it, theyの7つしかない。
  • しかし、日本語には実に多くの「人称代名詞」がある。この違いは何なのか。
  • 日本語にも英語に似た「人称代名詞」(ふつう、人称代名詞とはいわないが)の使い方をもつ表現法がある。それは、「土地の売買」「賃貸アパートの賃借」に使われる契約書の形式だ。「山田三郎を甲(こう)とし、株式会社ポルソナーレを乙(おつ)として、両者の間に次のとおり契約する」といった書式に見られる表現だ。
    ここでは、「行為の主体」が「甲」「乙」と表現されている。これと同じ「主体意識」が欧米語の「人称代名詞」の体制である。
  • ヨーロッパ語の「人称代名詞」は全て「甲乙体制」である。それはスラヴ語、ゲルマン語、ラテン語の全てに共通する。これが、ヨーロッパ社会の根本の条件になっている。日本人は、このことに気づかず、気づいても忘れてしまっている。

A 日本語の「人称代名詞」には、体系がある。「近称」を「こちの人」「こなた」と言う。「遠称」は「あなた」と言う。

  • 日本人は、「近称」を「親愛の表現」として用いる。「遠称」は「尊敬の対象」として用いる。
  • 日本の原始社会の人々は、「うち」(家の中)は、安心な場所、親愛できる、なれなれしくできる、だから時には侮蔑(ぶべつ)してもよい、という心性でとらえていた。「そと」(家の外)は、「恐ろしい場所」「恐怖の場所」「恐ろしい魔界の住人がいる所」という認知の仕方をしていた。
  • 「家の外」(そと)で生じることは「自分の力で左右できないこと」「自分が立ち入るには危険をともなうものだ」、だから「外の人、そとの事は手を加えない、そっとしておくにかぎる」「成り行きのままに扱う」と認識された。これが「日本語」(大和(やまと)言葉)の尊敬語のルーツになっている。
    《例》
    「亡くなる」
    「おいでになる」
    「ごらんになる」
    「おっしゃる」など。
    ここでは「なる」「ある」(仰せあるなどが用例)が尊敬語である。
    「自然に推移していくままの結果の状態」のことだ。「人間の作為によらず、自発的に自然にそこに出現する」という意味だ。
    この「自然な推移」が「尊敬」の意味になっている。
日本語の「人称」は、人間関係の説明を目的にしている

B 日本語で「人称代名詞」といわれているものは、次のようなものだ。
一人称…「わたし」「わたくし」「ぼく」「おれ」「うち」「おいら」など。
二人称…「あなた」「君」「おまえ」「てめえ」「きさま」など。
三人称…「彼」「彼女」「あいつ」「奴」「あちら」「こいつ」「御仁」など。

  • これらの「人称」は、「相手」あるいは「話題の中の人物、ものごと」が自分とどんな位置関係にあるとしての扱い方にもとづいている。その位置関係の「気配り」を言葉づかいであらわす仕方のことだ。
  • 日本語(大和(やまと)言葉)では、「話し手のいる所」を「こ」であらわす。「相手と自分が共に見ている、共に知っている所」(場所、物も)を「そ」であらわす。「遠くの所、物を指すとき」は、「あ」または「か」であらわす。「分からない所、物」を指すときは「ど」であらわす。
    これらの語の下に「方向」「場所」をあらわす「接尾語」の「こ」とか「ち」をつけて言いあらわす。こういう体系になっている。
  • 「話し手」の位置から近い、中くらいの遠さ、遠い、分からない(不定)という「距離」と「位置」の関係をあらわす。
    三人称……「話し手」が「自分の領域内にある存在」(こいつ、こやつ、と「こ系」であらわす)。「すでに話題に出てきて話し手も聞き手も共に知っている人物」(そいつ、そやつ、そっち、その、それなど「そ形」であらわす)。「話し手から遠い人物」(あれ、あいつ、かれ、かのじょ、など「あ系」「か系」であらわす)。
    二人称……自分の「前にある存在」を扱う表現である。
    「こちの人」(自分のいる方の人)が距離の近さをあらわす最も古い言い方である。妻が夫を呼ぶ言い方で言いあらわされている。
    「お前」は「大前」のことだ。神様の前のことだ。平安時代から江戸時代の前期までは相手を崇(あが)めた言い方だった。昭和、安永の頃(1700年代)に同輩に使われた。江戸末期には「親しい呼び方」から「相手を低く扱う気配」が加わる。
    「てまえ」(手前)は、「自分の領域の空間」のことだ。
    初めは「自分のこと」を言いあらわした。
    「自分の力が及ぶ範囲」だから「対等の相手」「目下扱い」の言い方になった。「てめえ」となると「相手を見下したののしり語」に近い。
    一人称……「こちら」「こっち」「こちとら」など、自分自身を言いあらわす。
    「わたし」「わたくし」は、漢字の「我」から派生したものと思われる。ということは、相手と自分の関係を「上下」で扱うことは中国の家父長制度からの輸入だ。「公私」の「私」に相当する個人の存在を言いあらわすのは、「漢語の輸入」以来より、と考えられる。
日本語の「文法」は古代原始社会の対人意識をあらわしている

C 日本語の「人称代名詞」は、
?和語系の「ここ」「そこ」「あそこ」という話し手からの距離でとらえられている。
?漢語系の「上下関係の区別」「人の性質を尊敬か、卑下する言い方」
の二つのカテゴリーで成り立っていることが分かる。
同じように敬語も「距離意識」の上に、「人間関係の上下関係」をあらわす言い方が乗っている。
日本人は、「相手」を「うち」(家の中)に属する存在か、「そと」(家の外)に属する存在か、の区別とともに、さらに「上か下か」の対人意識を加えた言葉の表現法を文法の基礎としている。

■日本語の国語学者、大野晋(学習院大学名誉教授)がのべているのは、日本人の「行動の仕方」が「言葉の言いあらわし方」の特異性となってこれが「文法」化されているということです。古代の日本の原始社会の人間関係の意識が、今もなお厳然と残っていると理解しましょう。この「古代の日本の原始社会」とは「和語」(やまとことば)という「話し言葉」が生成された時代と社会のことです。
 このように、古代の社会の言葉を今もなお継承して残しているという国は、日本に限らず、世界のいたるところにあると思われます。しかし、古代の原始社会の言葉を行動の仕方とした「きまり」を「文法」ととらえると、日本語のように、「対話する主体」や「対話の関係の主体」が不明確になるという弊害と障害が生じます。

 ちなみに「リッカ・パッカラ」(フィンランド・ヘルシンキの小学校教諭)は『フィンランドの教育力』(学研新書)の中でこんなふうにのべています。

フィンランドは人材育成に投資している

@ フィンランドは、ノルウェーのような天然資源もなく、林業以外これといった産業もない小さい国だ。自給率を誇ることもできず、多くを輸入に頼っている。
そういう国では、人に投資しないと未来はない。「ヘイノネン教育大臣」は、「経済不況の中での限られた予算を投資するなら、いちばん有効なのは子どもたちへの教育だ」と訴えて改革をすすめてきた。

A フィンランドは、母語を大切にする国民だ。家庭での読み聞かせが定着している。図書館でよく本を借りるし、新聞の購読率も高い。

B まわりの世界で何が起こっているか知りたいし、知っておく必要があるからだ。ヨーロッパで最初に女性の参政権を認めたのはフィンランドだった。

C フィンランド人としてのアイデンティティを持ちつづけるには、まず母語をきちんと学ばなければならないという意識がつよい。そのためには母語教育をきちんとサポートする必要があると考え、これを実践してきたという歴史的経緯がある。

D フィンランドの公用語は「フィンランド語」と「スウェーデン語」だ。
フィンランド語は、ほかの北欧の言語とはあまりに違うので、隣国とコミュニケーションをするには、自らが外国語を学ばなければならない。
フィンランドで、普通に暮らしていくには、少なくとも3つの言語の習得が必要だ。フィンランド語とスウェーデン語、そして英語。この3つの言語は、現在のフィンランドでは、最低限必要なものになっている。

金田一春彦による「助詞」の用法の説明

■では、日本人にとっての日本語の教育はどうなっているのか。この点を問いかけて最も分かりやすいのは、日本語の「文法」の中の「助詞」についての説明です。

 金田一春彦(国語学専攻。『新明解古語辞典』三省堂・編者)は、『日本語』(上下巻。岩波新書)の中で、次のようにのべています。

@ 一つ一つの名詞は、動詞や形容詞、他の名詞に対して、「どういう関係をもってつづいていくか?」。その違いを「格の変化」という。

A 日本語では、名詞の次に「が」「を」「に」「の」という「後置詞」「格助詞」をつけてあらわす。
B 「日本語」の「格」はいくつあるのか?「三上章」の『日本語の構文』によれば次のようになる。
「が」…主格。動作・作用をするもの、属性をもっているものをあらわす。
「を」…対格。作用を受ける対象のほか、移動する場所、分離の対象をもあらわす。
「に」…位格。場所、時、範囲をあらわすほかに、帰着点、変成の結果、目標をあらわす。さらに、漠然とした動詞への修飾をあらわす。
「の」…連体格。広く名詞につづく言葉をあらわす。
「と」…共格。相手のほかに、変成の結果、談話や思考の内容をあらわす。
「から」…奪格。出発点をあらわす。
「へ」…方向、帰着点をあらわす。

C 助詞「が」と「は」について。

  • 「が」「は」は、主格をあらわす助詞と考えられている。
    「私は日本人です」
    「雨が降ってきた」
  • 「は」は「昼飯はまだ食べていない」という言い方がある。「呼格」にあたるものに「は」をつけることがある。
    「は」は、その時の「話題」をあらわす助詞である。
    「春は眠くなる」
    「これは一雨降るな」
    などのように、話の題目をあげる記号だ。「は」のあとには、それに関連したことはどんなことをのべてもいいのだ。

D 助詞「の」について。

  • 「の」は、他の格助詞が動詞や形容詞へとつづく語句をつくるのに、「名詞」へとつづいていく語句をつくる。そういう格助詞は「の」しかない。
    「妹の結婚」…「妹がする結婚」で「が」に相当する「の」の格である。
    「衣料品の販売」…「衣料品を販売すること」で「を」の意味を含んでいる。
  • 「の」は用法が広く、意味が曖昧になりやすい。「…による」「…のための」のような言い方が工夫されている。
    「人民の人民による人民のための政治」などが工夫されている用法だ。
  • 「の」は「名詞の語句」をつくるために連続する傾向がある。
    「ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲」(佐佐木信綱)
    「天彰院様の御祐筆の妹の嫁入先のおっかさんの甥の娘」(夏目漱石『我輩は猫である』)
大野晋による「和語」の「助詞」のメカニズム

■日本語の「文法」の説明についての要点をご紹介しました。橋本進吉の「古代よりの言葉の発音の意味の変化を調べること」や、時枝誠記の「日本語とは、どんな行為なのか」を明らかにする系統の中で、金田一春彦の説明する「文法」のような考え方が学校教育でも教えられています。
金田一春彦が「格」といっているのは、「言葉の展開をつづけるパターン」といったほどの意味です。
金田一春彦の「日本語」の「助詞」の説明にたいして、「大野晋」は、『日本語練習帳』(岩波新書)の中で次のようにのべています。

@ 古代の助詞の使い方をみると、日本の古代人の人間関係のとらえ方がよく見えてくる。
それは、助詞「が」と「の」の使い方だ。
「が」…「我が子」「君が代」(万葉集)のように使い方が限定されてきた。
「自分自身」または「自分に近しい人間」の下に付くのが「が」であった。「が」の使用度数の8割以上を占めている。
「の」…「大君の命(みこと)」、「大宮人の母」のように、「天」「山」「川」「上」「下」「春」「山神」(やまかみ)など広く、広範囲に使われていた。
「が」…自分を中心とする「わが家の住人」にたいして使う。「わが家」は垣根で囲まれている。この垣根の中の人には「が」を使った。
「の」…「わが家の垣根の囲いの外」の人は「そとの人扱い」になる。
地名は「外扱い」だから「の」が付く。もし、地名や動植物に「が」が付けば「家の内部の人と同じ扱いを受けるようになった」ことを意味している。

A 原始日本の社会では、「うち」と「そと」の区別が「助詞」によってあらわされていた。「内扱い」は「が」、「外扱い」は「の」である。
日本語の「助詞」は、このような「遠近」の区別が基準になって、次のように発展してきている。

  • 助詞「は」…「話の場を設定する」「話の題目を提示する」。
    「問題を出して、その下に答えがくることを予約させる」。
    用例…「桜の木には、妖しさがあり、美しさがある」「私の心にある桜の木には、魔力がある」
  • 助詞「は」…「対比させる」
    用例…「私は猫は嫌い」
    「私は」の「は」の答え(結び。結語)は「嫌い」である。「猫は」の「は」は、二つ目の「は」だから「対比」の「は」である。別の何か「うさぎは好きだが」の意が裏にある。
  • 助詞「は」…文章の鮮明さを表現する。
    用例…「花は桜木」「人は武士」「春はあけぼの。夏は夜」
    ここでは「AはB」の形式となっている。「A」と「B」の距離が近い文が鮮明であるといわれている。
  • 助詞「は」…「再び、問題にする」(再問題化)
    用例…「美しくは見えた」「訪ねてはきた」
    ここの「は」は、何かの留保がついたり、条件がついている。「美しくはなかった」「訪ねてはこなかった」のような単純な全面否定ではなくて、部分否定か、留保がついている。
  • 助詞「が」…名詞と名詞をくっつける。(「は」は分離して、下の語とむすびつける)。
    用例…「世界で会話ができるのはうさ子さんだけだ」
    「世界で」を、「が」は、「会話ができるのはうさ子さん」をひとまとめにしてむすびつけている。
    用例…「彼がしきりに助けを求めているのをあなたはすてておいた」
    「が」は「彼」と「しきりに求めているの」までをひとまとめにしてむすびつけている。
  • 助詞「が」…現象文をつくる
    用例…「花が咲いていた」「鍵が見つかった」
    「が」の下に名詞が来ずに動詞が来て文が終結する。
    新しいセンテンスで江戸時代以降に生じた。このパターンを「現象文」という。
  • 「は」「が」を、英語でいうような「主語・述語」の形で扱ってもうまくいかない理由は、「は」「が」のパターンがいくつもあることに由来している。
日本語の文法は「対象」を説明しない行動を生成する

■助詞の「表現の仕方」について、大野晋がのべる日本語の「文法」の特質の要点をご紹介しました。日本語は、古代原始社会の「日本社会」からえんえんとつづいてきている「和語」(やまとことば)を表現の骨格にしていることが分かります。この「和語」(やまとことば)のX経路の認知と認識の上に「漢語」が乗せられて「訓読み」が加わっています。「漢語」はもともとY経路の認知と認識で成り立っています。しかし、「音訓読み」の二重性のメカニズムは、X経路に変容させていることをよく理解することが必要です。

 「和語」(やまとことば)の「行動の基本型」は、対象を「遠い」か「近い」か、「うち」か「そと」かで区別しています。「行動が止まっている」ことをあらわすX経路の表現です。

 日本人の行動の仕方は、ここで、「相手」は、自分にとって「上位」か「下位」か、にふるい分けて、「位置関係」と「場の関係」を言葉であらわします。これが「ていねい語」や「敬語」「尊敬語」の由来になって、日本語の「文法」を構築しています。

 日本語の文法の特徴は、言語社会学者の鈴木孝夫がいうように、「日本語を話したり、書いたりする意思の主体」が不在になるというところにあります。誰に話しているのか、誰が話しているのか、何について話しているのか?が不分明になるということです。

 これは、日本人にとっては、「これから行動をおこなう」「これから行動の対象に関わりをもつために進行していく」という表現にはなりにくいということを意味しています。「行動が止まっている」か「行動が止まった状態でものごとを見る、聞く、触る」という言葉の表現の仕方になります。このことは、日本語だから「未来形の行動の表現はできない」ということではありません。

 現在の日本語の「文法」は、「和語」(やまとことば)に乗っているので「話し言葉」でものごとの意味をとらえようとすれば、「ブローカー言語野・3分の1のゾーン」のX経路が働きつづける、ということが危険なところだとお話しています。それは、「敬語」「ていねい語」の使い方を間違えると、ここから一転して「なる」「ある」の表現が、「ものごと」を自然現象のように見なしてしまう「認知」や「認識」の仕方に変化する危険性をはらんでいます。

日本人が、「世界同時不況」を自然現象のように理解する根拠

 グローバル・リセッションを「天災」のようにとらえるとか、「非正規社員の雇用問題」を天災から保護する哀れな存在とみなす思考パターンが、その好例です。「…である」「…になる」という「和語」(やまとことば)中心の文章は簡潔で鮮明かもしれません。

 しかし、「ゲシュタルトの認知の法則」や、「ベクトル」「カテゴリー」を元(もと)にした「メタファーの認知」の言葉が示す「ものごとの変化の内容」、そして「人間の意思によって変化させられることのプロセス」の言葉は、記憶されないでしょう。

 これが日本人の行動パターンの「ブローカー言語野・X経路」の言葉です。「欧米語」は「ブローカー言語野・Y経路」の言葉で行動します。その欧米語の理解に取り組むとき、つまり、欧米人の思考とコミュニケーションをとるときに「和語」(やまとことば)が水と油のように不整合を生じさせます。「自然現象の自然な移りゆき」のように見てしまうという「行動停止」が生じる可能性があります。

 今回の本ゼミは、日本人の書く言葉の日本語が、どのように「言葉の意味」を変形させやすく出来ているか?をお話しました。日本語がよくなくて、欧米語がよいという比較ではありません。このような文法の特質をもつ日本語を用いて、どのように「Y経路」の言葉を創出するか?というテーマの前提であることをご理解ください。

カウンセラー養成ゼミ NEWSLETTER 第211号 一部掲載

関連
「共同幻想論・禁制論」「フィンランドの教育力・なぜPISAで学力世界一になったのか」
「共同幻想論・母制論」「未来に希望を描けない若者危機」
「共同幻想論」(吉本隆明) エクササイズ:ポスト世界同時不況の知性の学習モデル


連載
連載
エクササイズ:ポスト「世界同時不況」の、史上最強の知性のつくり方を教えます
書き言葉の生成・V 『共同幻想論』 (吉本隆明) 「ラジオ型言語とテレビ型言語」
「共同幻想論」(吉本隆明) エクササイズ:ポスト世界同時不況の知性の学習モデル
『ラジオ型言語とテレビ型言語・U』 「赤ん坊から見た世界・言語以前の光景」
「共同幻想論・母制論」「未来に希望を描けない若者危機」
日本語という書き言葉の文法の構造「日本語練習帳」
「共同幻想論・禁制論」「フィンランドの教育力・なぜPISAで学力世界一になったのか」
日本語という書き言葉の生成の構造 「メタファー思考」
「共同幻想論・規範論」 「英語のできる子どもを育てる」
日本語という書き言葉の言葉の解体 「0歳児がことばを獲得するとき」
「ハーバード流交渉術」 「超・心理バイブル」
書き言葉の生成X 日本語の解体学 「メタファー思考」
「ハーバード流交渉術」・II 「超・心理バイブル」
書き言葉の生成XI 日本語の解体学・II 「日本語の起源」
「ハーバード流交渉術」・III 「無気力の心理学」
書き言葉の生成XII 日本語の解体学・III 「日本語練習帳」
「ハーバード流交渉術」・IV 「対人恐怖の人間学」
書き言葉の生成XIII 日本語の解体学・IV メタファーの生成と行動停止の起源
「和歌山毒カレー大量殺傷事件」に見る日本人の対人意識 「強迫観念」との交渉戦術

参考:脳の働き方の学習のご案内

「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
 受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
女性向けカウンセリング・ゼミ、男性の「女性」対応・ゼミ

ゼミ・イメージ切り替え法

プロ「教育者」向けカウンセリング・ゼミ

カウンセラー養成ゼミ

脳と心の解説

教育方針は「教える・育てる・導くカウンセリング」です 。
「女性」「子ども」のこんな心身のトラブルならあなたにもすぐ解消できます。

「女性向け」、「男性の“女性”対応」のカウンセリング・ゼミです。
女性は「相手が喜ぶ」という共感がないと、ものごとを正しく考えられません。

女性と心を分かち合える「脳」を、最高に発達させる!!が教育の狙いと目的です。女性を「見る」「見たい」、女性から「見られる」「見られたい」関係をつくる、カウンセリング術です。

女性の「脳を健康を働かせる」!安心と安らぎを分かち合う、が教育のテーマと目標です。「気持ちが安心する。だから、知的に考えられる」という女性の本質を支えつづけるカウンセリング術です。

女性の脳の働きが伸ばす「人格=パーソナリティ」を目ざましく発達させる!が教育の方針です。 女性が社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と、知的に関われる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスを楽々のりこえる女性の「脳」を育てる!!が教育の人気の秘密です。女性は、脳の働きと五官覚の働き(察知して安心。共生して気持ちよくなる)とぴったりむすびついて、一生、発達しつづけます。


脳と行動の診断

人の性格(ものの考え方)が手に取るように分かる「心の観察学」

心の病いに感染させられない「人間の関係学」がステキに身につきます。

心の病いを救出する、心と心をつなぐ「夢の架け橋術」

相手に好かれる「対話術」がまぶしく輝くので、毎日が心の旅路。

相手の心の働きのつまづきが正しく分かって、「正しい心の地図をつくれる」ので、損失、リスクを防げます。

性格のプロフィールが分かるから正しく「教え・育て・導く」ができる本物の社会教育の実力が身につきます。


よくある質問

学校に行くとイジメがこわいんです。私にも原因ありますか?

怒りっぽいんです。反省しても、くりかえしています。治りますか?
脳と心の解説

「仕事・人生・組織に活かすカウンセリング」です。他者の心身のトラブルを解消できれば、自然に自分の心身のトラブルも解消します。

プロ「教育者」向けのカウンセリング・ゼミです。
人間は、誰でも「気持ちが安心」しないと正しく「ものごと」を考えられません。

「脳を最大限に発達させる」が教育の狙いと目的です。「指示性のカウンセリング」とは、 「一緒に考える」「共感し合って共に問題を解決する」カウンセリング術です。ものごとには「原因」(脳の働き方)があるから「結果」(心身のトラブル)があります。

「脳の健康を向上させる」、が教育のテーマと目標です。「指示性のカウンセリング」は、「考えたことを実行し、考えないことは実行しない」 という人間の本質を、最後まで励まし、勇気づけるカウンセリング術です。

脳の働きがつくる「人格=パーソナリティ」を育てる!が教育の方針です。
「指示性のカウンセリング」は社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と正しく関わる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスに強い、元気に働く「脳」に成長させる!!が教育の魅力です。
「指示性のカウンセリング」は五官覚(耳、目、手、足、鼻)を正しく発達させて、言語の能力も最高に発達させるカウンセリング術です。


脳と行動の診断

「心の病いの診断学」が楽しく身につきます。

心の病いの予防と解消の仕方の「人間の理解学」が身につきます。

心の病いに気づける「人間への愛情学」が驚くほど身につきます。

「交渉術」の知性と対話の能力が目ざましく進化しつづけます。

相手の心の病理が分かって、正しく改善できるので心から喜ばれます。「心の診断術」

病気になるということ、病気が治るということが正しく分かる、最高峰の知性が身につきます。


よくある質問

朝、起きると無気力。仕事にヤル気が出ません。うつ病でしょうか?

仕事に行こうとおもうと、緊張して、どうしても行けません。治りますか?
バックナンバーの一部を9期後半分より、随時掲載していきます。
詳しくは下記をクリック
 ゼミ・イメージ切り替え法
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 ゼミ・イメージ切り替法の詳細
 ゼミ・イメージ切り替法トップページ
 自立した女性の性と家庭教育ゼミ
 カウンセラー養成ゼミ
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 カウンセラー養成ゼミ詳細
 カウンセラー養成ゼミトップページ
 戦う男性の社会教育ゼミ
入会も随時受け付けています。
入会と同時にご希望のバックナンバー等、ビデオ(DVD)学習で、学んでいただけます。


ゼミの見学、ゼミのバックナンバービデオ(DVD)試聴も無料です
ニューズレターと共にお送り致します。 詳しくは「入会案内」をご覧下さい。
ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL03-3496-6645 FAX03-3464-5905 mailinfo@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.