全日本カウンセラー協会 ポルソナーレの新・通信講座のご案内

『谷川うさ子王国物語・パート・X』
(実践実技・日本語講座。日めくり式プリント形式のテキスト。日本語トレーニング・ペーパー)

●第5ヵ月めの学習テーマ
「認知症(痴呆症)の予防と改善は「学習障害」を治せ

全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ本部 (平成28年7月20日)

 2020年から、日本の学校教育は大きく変わるといわれています。
 「大学入試」は「記述式で答える試験制度になる」「小学校からコンピュータのプログラミング教育必修になる」などです。
 ここでこぞっていわれているのは論理教育が必要だ、文章客観的に読む読解力教育が必要だ、ということです。
 国立情報学の全国の1万人の中学生読解力の調査では、教科書に書かれているとおりに読めた生徒は半分しかいなかったといいます。文部省は、こういう教育の現実に危機感をもっているということです。

 ポルソナーレは、カウンセリングの現場の見地からみると、多くの日本人は、「客観」とか「論理」とか「客観的考える」ということの正しい定義をじつは何も知らないのではないかと考えます。もちろん全ての日本人がそうであるとはいいきれませんが、公的な立場に立っている人ほど国語の能力」や「論理の能力」をコンピュータAI人口知能)に対応するものとしてイメージしていて人間のもつ本来の「客観についての理解」については何も知らないと考えています

 その具体的な事例が「介護殺人」であったり「子どもの親の殺害」「親の子どもの殺害」「年間2万3千件の自殺」です。
 ポルソナーレは、圧倒的な多くの日本人が「学習障害を抱えているというカウンセリングの見解に到達しました。
 この「学習障害」の脳の働き方気づきもせず、その正しい改善にとりくまなければ、家族どうしの人間関係親子の人間関係学校での教師と生徒の人間関係職場の人間関係学習障害」のつくる破壊にさらされていくでしょう。
 ポルソナーレは、日本人の誰もがかかえもつ「学習障害」を正しく治すことが健康を保ち、財産の流出を防ぎ、日々の人間関係を健全にしていくとお伝えします。

●『谷川うさ子王国物語』パート・X(ファイブ)、第5ヵ月めの学習とカリキュラムの内容

■第5ヵ月めの学習テーマ
 「認知症痴呆症)の予防と改善は「学習障害」を治せ

●第1週の学習テーマ
 「認知症痴呆症)とは学習障害のことである」

◎月よう日
 ■設問「学習障害」って何のこと?
 回答1「読めない、書けない、話せない、のことです」
 回答2「読めるけど、書けない、のことです」
 回答3「発音することと、読むことが同じ、ということです」

◎火よう日
 ■設問「学習障害」の性格って、どういうもの?
 回答1「自分はこう思った、だからこう行動する、という性格です」
 回答2「社会のルールは無い、と考える性格です」
 回答3「共生の倫理は無いと考える性格です」

◎水よう日
 ■設問「学習障害」と「読字障害」(ディスレクシア)とは、同じものなの?
 回答1「別のものです」
 回答2「学習障害は、語義・字義に視野狭窄が起こることです」
 回答3「読字障害は、発音と書字が一致しない障害です」

◎木よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」とは、どういうもの?
 回答1「発声、発音を文字(ヤマトコトバ)として読むこと、です」
 回答2「発音と文字(和語)が一致するので、ものごとを分かったと思うこと、です」
 回答3「読むことは、解釈すること、とする障害です」

◎金よう日
 ■設問「学習障害」のつくる障害って、どういうもの?
 回答1「自分がこう思った、という 行動で社会の秩序を否定することです」
 回答2「自分がこう思ったことの行 動で、人間関係の秩序を壊すこと、です」
 回答3「自分がこう思ったことの作り話を話すこと、です」

●第2週の学習テーマ
 日本人は誰もが「学習障害」をつくる
 
◎月よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」の証拠は、何?
 回答1「コソアド言葉です」
 回答2「一人称を二人称に使うこと、です」
 回答3「貴様、御前解釈すること、です」

◎火よう日
 ■設問 日本人の学習障害の障害の例はどういうもの?
 回答1「上る、登る、昇るを、同じ意味と解釈することです」
 回答2「上下、登山、上昇を、のぼることだと解釈することです」
 回答3「上下、登山、上昇の字義・語義が分からないこと、です」

◎水よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」が「介護殺人」を起こすのは、なぜ?
 回答1「コソアド言葉です」
 回答2「助詞のニ、ヘ、ガ、ハ、ヲなどの『助詞』です」
 回答3「助動詞のダ、タ、ネ、ヨなどの言葉です」:

◎木よう日
 ■設問 日本人は、なぜ、「強迫観念」をいつも、いつも思い浮べているの?
 回答1「大声怒鳴るから、です」
 回答2「自分はこう思った、のことを相手にも強要するからです」
 回答3「訓読み解釈したことを作り話で話すから、です」

◎金よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」は、どんなふうに起こっているの?
 回答1「訓読みも、音読みも、見て 発声できればいいとすることから起こります」
 回答2「音読みは、読めればいいとして、字義・語義無いとすることから起こります」
 回答3「音読み字義・語義デタラメ解釈することから起こります」

●第3週の学習テーマ
 学習障害は、「強迫」をつくる

◎月よう日
 ■設問「相手の顔、目を見ない人」はどういう学習障害をつくるの?
 回答1「文、文章を読んで拒否します」
 回答2「人の話を聞いてもすぐに忘れます」
 回答3「一日中、遊びたがります」

◎火よう日
 ■設問「相手の顔、目を見ないで話す人」は、どういう学習障害をつくるの?
 回答1「人の話を聞いても、話を無視します」
 回答2「人の話を聞いても作為的つくり変えます」
 回答3「身近な人を否定的に話します」

◎水よう日
 ■設問「相手の話すことを無視して、一方的にしゃべる」のは、どういう学習障害をつくるの?
 回答1「相手に暴力をふるうのと同じ強迫のイメージをつくります」
 回答2「仕事の対象との関わりを放置する障害をつくります」
 回答3「家族を虐待する行動をつくります」

◎木よう日
 ■設問「スマホ見ながら歩きをする人」は、どういう学習障害を起こすの?
 回答1「書かれた文、文章が全く読めないという障害をつくります」
 回答2「書かれている文章の中の名詞が分からない、という障害をつくります」
 回答3「名詞意味が全く分からない、という障害です」

◎金よう日
 ■設問 異常行動という「強迫」を毎日行う人は、どういう学習障害を起こしているの?
 回答1「日常生活の中の名詞を壊すという学習障害です」
 回答2「日常生活の中の物と物の関係を壊す障害です」
 回答3「一日を何もせず、無為に過す学習障害です」

●第4週の学習テーマ
 学習障害を治すには「名詞」を学習する

◎月よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」って、何が原因なの?
 回答1「動詞だけで現実と関わることです」
 回答2「ものごとの名詞動詞につくり変えることです」
 回答3「名詞無視すること、です」

◎火よう日
 ■設問 日本人は、なぜ「名詞が無い」と否定する学習障害をつくるの?
 回答1「見る、聞くの中の認知のための交感神経が働かないから、です」
 回答2「生理的身体の知覚を動詞にしているから、です」
 回答3「動詞名詞に変えるから、です」

◎水よう日
 ■設問 日本人は、なぜ「母親殺害」や「子どもの殺害」を引き起こすの?
 回答1「漢字・漢語の字義・語義視野狭窄を起こすからです」
 回答2「目、耳の働きのY経路交感神経)を無いと扱うからです」
 回答3「視覚のイメージ異常に拡大して思い浮ぶから、です」

◎木よう日
 ■設問 日本人は、なぜ「介護殺人」を引き起こすの?
 回答1「目で見る対象Y経路内容が見えないから、です」
 回答2「怒鳴る、などの聴覚中心は、目で見る倫理(モラル)を壊すから、です」
 回答3「遊び中心のクローズアップは、社会秩序を壊すから、です」

◎金よう日
 ■設問 日本人の「学習障害」の対策は、どういうもの?
 回答1「日常の中のどんな名詞も正しい意味を分かることです」
 回答2「仕事の中のどんな名詞も正しく意味を調べることです」
 回答3「同じカテゴリー名詞を、三つ並べて、三つのグループで比べることです」
←前へ  次へ→

『谷川うさ子王国物語』パート・X(ファイブ)の学習の効果と目的についてはこちら


脳を発達させるトレーニング・ペーパー『谷川うさ子王国物語・パート・X』 年間カリキュラムの構成
月のテーマ 週のテーマ
1週め 2週め 3週め 4週め
1 日本人が病気を愛好する理由 右脳の視覚・聴覚がつくる 日本人の心身の病気は、日本語を内扱いで話す、がつくる 右脳・視覚野、聴覚野は作話症をつくる 左脳・視覚野・聴覚野を使うと正常な脳の働き方になる
2 日本人の病気の実態、幻覚と幻聴 母親が子どもの顔、目を見ないと幻覚をつくる 母親が子どもの顔、目をニラんで作り話を話すと幻聴になる 母親が子どもの話をおしまいまで聞かないと幻覚になる 母親が子どもにグチ、心配ごとを話すと幻聴になる
3 強迫が、相手の顔、目を見ない、病気をつくる 人の目が恐い、は強迫のこと 人の目が怖い、人の目が気になる、も強迫がつくる 強迫とは、言葉、行動を忘れることである 強迫が、日本人の行動をつくる
4 「相手の顔、目を見る、見ない」が「強迫」をつくる 「強迫」とは、「ある」を「ない」と考えることである 「強迫」とは、「無い」ことを「有る」と考えることである 目で見ているのに「無い」から「見ない」「壊す」のが「強迫」である 日本人は、仕事、勉強、生活の中の「名詞」を「無い」と考えるから痴呆症になる
5 認知症(痴呆症)の予防と改善は、学習障害を治せ 認知症(痴呆症)とは、「学習障害」のことである 日本人は誰もが「学習障害」をつくる 学習障害は、「強迫」をつくる 学習障害を治すには「名詞」を学習する
6 学習障害を治す
「名詞」の「認知的不協和の法則」による学習
学習障害を治す
「名詞」の学習
日本人は「名詞」を学習すると病気が治る 「名詞」を話せば認知症(痴呆症)は治る 心の病の人には「名詞」を「認知的不協和の法則」で話せば解消する
7 学習障害は「漢字・漢語」の「名詞」の学習で治る 日本語とは「和語・ヤマトコトバ」のことです 「漢字・漢語」の正しい学習の仕方 「漢字・漢語」は、「読めて、意味を正しく分かること」が必要 「カタカナ言葉」は甘い毒薬です
8 「学習障害」と「言語障害」を治せば「認知症」(痴呆症)は防げる 日本人の「言語障害」は、「漢字」「漢語」の意味が分からないことです 日本人の「言語障害」の対策を教えます 「漢字・漢語」は、「音読み」と「訓読み」の二つと理解しましょう 社会、生活、人間関係は「漢字」「漢語」の「音読み」でつくられています
9 言語障害の言葉を正しく使えば認知症(痴呆症)は防げる 言語障害の言葉はこういうものです 外側核の欲が行動の止まりをつくります 腹内側核の欲が曖昧な言葉をつくります 言語障害は、「5W1H」の言葉を話すと防げます
10 完全解明。認知症(痴呆症)の原因と対策を教えます 認知症(痴呆症)とは、「記憶しないこと」です 認知症(痴呆症)が「憶えること」と「憶えないこと」を教えます 認知症(痴呆症)とは、「分からない」「できない」の言葉のことです 認知症(痴呆症)とは、「自分はこう思う」の「思う」の言葉のことです
11 日本人の認知症(痴呆症)の予防と改善の仕方 認知症(痴呆症)とは名詞を記憶しないこと 日本人が使っている名詞は「品詞の転成」でつくられている 社会と現実は、名詞、抽象名詞でつくられている 名詞を憶えない人が心・精神の病で生きている
12 日本人の認知症(痴呆症)は、なぜ、精神分裂病をつくったか 認知症(痴呆症)とは「動詞」だけの話し方がつくる 人間の動詞(行動)には必ず「目的」(名詞)が必要です 日本人は「もの」「こと」で名詞、抽象名詞をつくると認知症が治る 日本人のつくる認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくってセントラルドグマを破綻させている

関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ

自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら

メニュー (一部公開)

お申込み・お問い合わせ

TEL 03-3496-6645
FAX 03-3464-5905
mail info@porsonale.co.jp

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-14-3
サンライズビル3F
地図・アクセス

参考ページ

検索

ポルソナーレのサイト内検索です。ご不明な用語など検索してみてください。



クリスティーヌ テンプル
脳のしくみとはたらき


フロイド・E・ブルーム
新・脳の探検(上)


フロイド・E・ブルーム
脳の探検(下)―


貝谷久宣
脳内不安物質


大野 晋
日本語の文法を考える


山下 秀雄
日本のことばとこころ

山口 謠司
日本語を作った男
上田万年とその時代


瀬戸 賢一
メタファー思考


G.W.F. ヘーゲル
精神現象学


ハーバード流交渉術


リチャード バンドラー
神経言語プログラミング
頭脳(あたま)をつかえば自分も変わる


リチャード バンドラー
あなたを変える神経言語プログラミング


ルポ 老人地獄


介護ビジネスの罠 長岡美代



ウォール街のアルゴリズム戦争
スコット・パタースン


野口 晴哉 整体入門


野口 晴哉 風邪の効用