『谷川うさ子王国物語』(日本語トレーニング・ペーパー)の学習の感想と学習成果です!

学習の感想と学習成果を一部掲載いたします。順次追加していきたいと思います。

簿記を使って仕事をしています。今までは霧の中を歩いているような感覚でのみこみが悪かったのですが、最近は「ここはこうなって、こうなり、ここはこの数字が入る」と中身を理解しやすくなってきました。ザワザワ感も少なくなってきて、仕事に集中する時間も延びてきました。トレーニング・ペーパーを始めて私の中で変化が現われてきたのかと喜んでいます。
(女性、35歳、広島市)

「距離がない」を価値にするのが日本語の文法の「助詞」である、「主観」は「あいまい」と同義である、ということが分かりました。日本語は欧米語とちがうな、と驚きを感じました。
(女性、28歳、京都市)

楽しく勉強できました。「言葉のつくられ方としくみ」が少しずつ分かってきたように思います。日本語の「文法」の基礎が正しく理解できたと思います。
(女性、40歳、東京都)

今週の学習で感じたことは、私も日常的に、ほとんど動物の脳の大脳辺縁系を中心に言葉を使っており、ほぼ動物と同じではないか、怖いなということです。そして、それは、日本語の性質がもともとそういうものだと分かり、自覚的に日本語の使い方を学習しなければいけないなと思いました。
(女性、39歳、山形県)

今月(9月分)から特に、私がずっと知りたかった本題に入ってきたという感じです。(もちろん今までのもとても勉強になっています。)毎回、目からウロコで感激して納得してます!
(女性、32歳、千葉県)

日本語の「敬語体系」の「恐怖」という意味とはどういうものかを知ることにより、「尊敬語」と「謙譲語」を使っていくことの重要さや「丁寧語」や「御」のしくみがどういうものかを知ることによって、正しい言葉づかいとは何か?を改めて考える機会となりました。相手と親しい間柄になっても、何事も自分の気持ちが当たり前ととらえないで、常に感謝やお礼を謙譲形で言えるように心がけていきたいと思います。
(女性、42歳、沖縄県)

日本人が社会の中で生きていくには「和語の敬語体系」の中の外扱いの敬語をマスターすること、「漢語の敬語体系」の特に謙譲語を正しく使うことが大切ということがよく分かりました。
(女性、26歳、埼玉県)



メニュー (一部公開)

お申込み・お問い合わせ

TEL 03-3496-6645
FAX 03-3464-5905
mail info@porsonale.co.jp

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-14-3
サンライズビル3F
地図・アクセス

参考ページ

検索

ポルソナーレのサイト内検索です。ご不明な用語など検索してみてください。