谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

認知症(痴呆症)でいちばん困ることは入浴の拒否。
ブルガリア方式とハーバード流交渉術による対策

「行動の秩序」は二通り。
理性によるものと、倫理によるものだ。
倫理に由来する行動秩序が止まれば、若くても「認知症」を現わす。
ブルガリア方式とハーバード流交渉術の改善策を教えます。

 貝後好子さん(仮名・50歳)は、父親、母親と同居しています。父親は、停年退職後、体調がおもわしくなく、家で療養しています。
 「父親は、夜、眠れずに困っています。一日おきに夜通し起きてインターネットでゲームをするようになりました。すると、一日中ベッドに寝て起きない日がつづき、さらに、入浴を嫌がるようになりました。
 母親がとても困っています。入浴しましょうと言っても嫌だ、入らないと拒否して嫌がります。
 父親は、怒った表情やときには泣きそうな表情をします。
 入浴を嫌がると、不潔になり悪臭がひどくなることを連想して、母親のストレスがつのる一方です。
 父親が痴呆症であるかどうかも心配ですが、入浴を拒否する脳の働き方は、どうなっているのでしょうか?」
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレの脳の働き方を正しく働かせる
現場からのカウンセリングです。

 脳の中のどこかの部位に障害なり、支障が発生しても、脳そのものは働いています
 貝後好子さんの相談の事例にある父親は、右脳・左脳ともに「ブローカー言語野・3分の1(主観のゾーン)」と「右脳・実像」の「X経路・副交感神経支配」は働いています。この二つの脳の部位の「秩序の能力」が原始的なレベルまで退化しています。
 人間の脳は、理性による秩序か、倫理(モラル)による秩序かのどちらかが働くようになっています

 貝後好子さんの父親は、入浴を拒否しています。すると、ブルガリア方式によって「手で5回、紙に書く」という学習方式もまた拒否します。
 「右脳・ブローカー言語野・3分の1」の「主観・時間性・自己」の欲や感情の表象は、必ず、現実の秩序とむすびつこうとする性質をもっています自分の脳の中で「秩序」をつくれないときには、現実の秩序を、副交感神経がつくる生化学物質(セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリンなど)が壊しにかかるのです。ここには悪意も敵意もなく、派生するバッド・イメージがドーパミンを分泌するので、脳の働きの「快感原則」によって「壊し」(入浴の拒否)がおこなわれるのです。

 人間の脳の本質は、「客観」(空間性)とむすびつかなければ生きてはいけない、というものです。
 人間の個体そのもの「主観」(時間性)です。ここが重要なところです。

 「入浴を拒否する人」への対策は、「ブルガリア方式」と「ハーバード流交渉術」です。
 人間の脳の「認知的不協和の法則」を活かします。

◎ブルガリア方式による話し方
A・「お風呂場に行けば暖かいお湯があります」
B・「お風呂場で、暖かいお湯で、手を洗うと気持ちがいいです」
C・「お風呂場のお湯で手、足、顔を洗うと気持ちがいいです」
D・「お風呂場では、服を脱げば暖かいお湯で体をふけます」
E・「お風呂場で、暖かいお湯で体をふいて、お湯の中に入ると気持ちがよくなります」

 このA、B、C、D、Eを「ひとり言」のように、自分勝手に言う相手の耳に聞かせる)ことが「ブルガリア方式」です。A、B、C、D、Eのどれか一つを実行させるという「行動秩序」を回復させます。

 自分が「ひとり言」のように勝手に話すとここには拒否も否定も発生しません
 人間の脳には、「認知的不協和の法則」という相反する二つの思考(イメージ)が思い浮ぶとき「客観の法則」に従うという本質があります。

 この「一方的に、ひとり言のように話す」ことを、ノルマにして、また、A、B、C、D、Eを学習対象として、聴覚の経路から客観のイメージづくりを働きかけるのが対策です。認知症(痴呆)であってもなくても、日常生活の中に拒否の対象がある場合に試みてみましょう
うさ子
谷川うさ子さん
 貝後好子さんのお話です。
 「ポルソナーレのレクチュアを受けて、父親に聴覚経由のブルガリア方式を試みたところ、三日で効果が出て、入浴するようになりました。とくに母親が語りかけると効果があるようです。朝はできるだけ早く起きると自律神経が有効に働くようです」

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.