谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

対人のコンプレックスを劇的に治す「ブルガリア方式」

人が自分をどう思っているのか?を気にする人は非常に多い。
人の気持ちが分からないから、しつこく探る、異常にこだわる。
こんな対人のコンプレックスを解消するのも 「ブルガリア方式」。

 夏野花子さん(36歳・仮名)は、小学校の先生です。
 ひとりでアパートを借りて生活しています。
 職場の小学校へは、電車で通勤します。
 「わたしは、電車の中で、隣の席の人とか、横にいる人、後ろにいる人をすごく意識します。
 いつでも、わたしは、人に見られていると思って、気になってしかたがないんです。だからじーっと見てしまいます。気配を感じた人がわたしの顔を見てギョッとした表情をします。
 家を出れば表情がぎこちなくオドオドして、視線をキョロキョロさせているので、この人おかしいぞ!という目で見られます」。

 「学校で授業をおこなうのですが、どこに視線を向けていいのかどうやって立っていればいいのか分からないのです。
 下を向いて授業をします。生徒と話すときも動揺してまともに目を見てということができません何を話していいのか分からなくなるのです。そのときその場で思いついたことを、つっかえながら、ひっかかりひっかかり下を向いたり、上を向いたり、横を向いて話します。
 職員室では、男性と話すと、恐怖心のような感情が出て、うわのそらになります」。

 「わたしは、ひとりで暮らしているので、今日の出来事をじっと考えます。あの人は自分をどう思っているのか?あの人の言った言葉はどういうことを話したのか?あの人に自分は嫌な思いをさせたのではないか?などのことをとめどもなくクヨクヨ、ぐるぐると考えて止まりません
 考えていると怖くなります。
 すると、明日のことがとても不安になります。眠りも浅く、もうこのまま死のうと思ったことがなんどもなんどもあって、かぞえきれません。
 今まで自分は惰性で生きてきた、こんな人生なら無い方がマシだと思ってやりきれなくなります」(夏野花子さん)。
 夏野さんは、「もし、あるがままのこの自分でいられたらどんなにいいか」と思って、毎日が憂うつで、気持ちが晴れることがなくてやりきれないのですと言います。
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレの脳の働き方を正しく働かせるための
教育の現場からのカウンセリングです。

 日本人の脳の働き方は「右脳・実像」という「感覚による知覚の了解作用の過程」(吉本隆明による)の働きで、行動の秩序をつくって生きています。
 ここは、「遠くの対象を分かる」ことと「近くのものを実感として分かる」ことの二つのしくみで成り立っています
  スマホやパソコン、デバイスなどで、「遠くの対象を正しく分かる」という脳の働き方をうしなうと、相談の事例の夏野花子さんのような精神分裂病に近い思考の仕方に変わるのです。

 夏野花子さんへは「フルガリア方式」によって、「過ぎたことは考えない」「人の目を通して自分のことを考えない」「いいことも悪いことも、自分で自分のことを考えない」という法則のマスター倫理としての「行動秩序」をレクチュアしました。

◎「ブルガリア方式」による不安の解消の仕方


1.「憶えること」の対象ノルマを決める。
2.夏野花子さんは
 .「人が自分のことをどう思っているか?とせんさくしたり、しつこくこだわることを止める
 .「自分は、人の気持ち、人の考えが分からないから、人の目を見ることができないと考えることを中止する
 .「家の中で、ひとりのときに、人が自分を悪く思っているのではないか?と考えることを止める
 .「自分の人生は惰性だ、生きる意味がないと自分を否定する考えを中止する

 このA、B、C、Dが学習の対象です。そしてA、B、C、Dの4つがノルマです。
 このA、B、C、Dの文を紙に書いて手で5回書く、そうすれば実行することを憶えて中止を実行できる、と決めます
 そして「5回、手で紙に書くこと」を実行します。
 これが「一日目」におこなうことです。

3.二日目
 「一日目」の対象A、B、C、Dを、自分で検査して、まだ、考えるならば、「5回、紙に手で書く」を実行します。
 (もし、A、B、C、DのうちA、Bは実行できていて、中止できているならば学習対象から外します。すると二日目のノルマと対象は、C、Dのみです。このC、Dを一日目と同じように、手で、5回、紙に書きます)

4.三日目。
 「二日目」と同じように自分で検査して「中止」を記憶でき考えることの中止実行できていれば、学習は完成です。もし、まだ、「考えることがある」ならば、「二日目」と同じように実行します。
 (首尾よく、全てクリアできたら、次に、新しい課題(学習対象)を選んで、ブルガリア方式のノルマにして実行しつづけます)
うさ子
谷川うさ子さん
 夏野花子さんのお話です。
 「わたしは、ポルソナーレのブルガリア方式による不安の解消の仕方を教わりました。中学校いらいの対人へのコンプレックス日を追うごとに無くなり、毎日、頭の中がスッキリと鮮明になりました。
 学校を辞めなくてよかった、早まって親を悲しませなくてよかったと感謝の気持ちでいっぱいです。
 わたしの対人不安とコンプレックスは、日本人の対人のルールの外扱い、内扱いのしくみを正しく学んでいないことが理由でした。
 待遇表現など聞いたこともなかったのです。すると自然と内扱い尊大や侮蔑の対人意識になりました。今、このルールを覚えて楽しく会話ができるようになっています」

 日本人の多くの人の人間関係の中の孤立は、「右脳・実像」の働きを回復することで、ほとんどがパッと解消させられます。幸せな人生のために、ぜひ学習してみませんか」。

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.