谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

話を合わせると脳がフリーズする、
無理に合わせるとパニックになる対策

アスペルガー症候群という発達障害がある。
人の話に全くあわせられない、ムリに合わせるとパニック症状になる。
脳の働かせ方に問題があると分かって幸せになった物語。

 ぼくはアスペルガー症候群』(彩図社)を書いた権田真吾さん(42歳・コンピューター関連の会社員)がケーススタディです。
 「ぼくは酒の席が苦手だ。飲み会では、何を話していいか戸惑う。だからつまらない。つまらないだけならいいが、飲み会の次の日は、うつ病になる。寝たきりになるのだ」。
 対人緊張にさらされるのが鬱病になる原因だと話します。
 「共通の話題がないのです。集団に属している以上、その中の人間の文化(話題)に合わせるのが大切だと言われます。ぼくは、興味のないこと、仕事の利益にならないことを無理して憶えたり、話を合わせるのが苦手なのです」。

 あるとき、権田真吾さんは、会社でモバイル端末の操作についての教育係に指名されました。
 講義をおこなう役です。テキストを見ながら操作を勉強して、レクチュアのための資料づくりもおこないました。
 上司のKさんにアドバイスを受けました。
 「ぼくは、指導の説明を受けている最中に、体が震えました。シビレにも悩まされました」。
 上司がぼくの説明の間違いを指摘しました。
 「すると、頭の中がまっ白になりました。息が苦しくなって、失神しそうになったのです」。
 ぼくは、突然体の震え全身のシビレ呼吸困難になります。

 権田真吾さんは、人の前に出るのが嫌だとか、酒の席に緊張するというのではありません。
 「ぼくは、会社員になったころ、社員の結婚式の二次会に呼ばれました。会の途中で、ぼくは新郎新婦にはしゃいでしゃべりかけました。大勢の中なのに、ひとりだけ大きな声を出して話しつづけました。新郎新婦よりも目立ってしまいました。周囲の人々の白い目にも気づくことはありませんでした。
 学生のノリで、わっしょい、それ、それ、そーれ!と舞い上がったのです」。
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 脳の働き方に「凍りつき」という状態があります。
 大脳生理学では「学習性の絶望」といわれています。
 自律神経の交感神経が働いていない状態のことです。
 権田真吾さんのパニック障害病の症状は、脳の「言語野」で自律神経交感神経が全く働いていないというときに発生する症状です。

 最近、強い地震や火山の噴火が起こっています。
 テレビの報道を観ると、現地の地元の人は「体が凍りついて全く動かなかった。頭の中がまっ白になって、熱くドロドロしたものがまっ黒い煙のかたまりになって流れて迫ってくるのを、立って見ているだけだった」と語っていました。逃げようとか、危ないとかの思考が働かなかったと言います。
 これが「学習性の絶望」(凍りつき)という脳の働き方です。

 人間の脳も身体も自律神経の働きで働いています。交感神経と副交感神経です。中心になって働くのは交感神経です。
 脳の交感神経は、目の視覚神経を中心に「Y経路」と呼ばれています。ブローカー言語野は「3分の2」の言語野です。
 「右脳・実像「Y経路のゾーン」を交感神経の働きでゲシュタルト形態認知を認知します。

 多くの日本人は、日本語の「文法」が已然(いぜん)未然(みぜん)のために、ブローカー言語野は「3分の2」(交感神経)しか働いていません。それでも日々の行動が止まらないのは、「右脳・実像」は「Y経路」(交感神経)が働いているからです。
 タクシードライバーは「右目」で進みゆく前方を見て「左目」で路上の客を探します
 これが「右脳・実像」の交感神経の働き方です。

 現代はテクノロジーの社会です。パソコン、スマホ、デバイスなどのディスプレー(画面)だけを目で見て一日の大半を過す人が多くなっています。
 このディスプレー(画面)に表示される文字、画像は、交感神経のY経路の働きを「3次元」から「2次元」に低下させます。これは、視覚の像の「結果」だけ(パターンだけ)を見るので、副交感神経の働きに変わるということです。

 「手で文字を書かない」「文字を筆順どおりに書かない」「いつもゲームに依存している」「スマホを15分おきにいじらずにはいられない」という人の脳の自律神経は副交感神経が優位の人です。
 このタイプの人が、交感神経を働かせなければならない状況におかれると、学習性の絶望という「凍りつき」が起こります。これがアスペルガー症候群のパニック障害と鬱病の原因と理由です。

 かんたんにまとめます。
 アスペルガー症候群のパニック障害と鬱病とは、脳も身体も血管も副交感神経優位が原因です。恒常的なリラックス状態のために、血管が広がって生化学物質が滞留して、痛み、不快、拒否、攻撃の感情をつくり出します。心拍も低下するので、心停止の不安も発生して、無気力になるという心的現象です。
うさ子
谷川うさ子さん
 権田真吾さんのお話です。
 「パニックになり、とんでもないことを言ったり、とんでもない行動をしでかすのを防ぐには、いざというときに相談できる上司や同僚をもつことにつきる。
  アドバイスにもとづいて、自分の仕事のすすめ方を立て直すことが可能だ。アスペルガー症候群の人は、周囲の人に、自分の症状を説明できる環境が求められる」。

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。


身体と心情のカウンセリング

不安恐怖 感情 欲 好き嫌い 敵味方 と脳
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.