谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

ヨソ者だと見られない話し方

日本語には話し方の法則がある。
日本の文化だ。
話し方の法則は相手が話した言葉を必ず話す。
これを改善して幸せになった物語。

 初夏野朝子さん(仮名・32歳)は、小さな会社の事務の仕事をしています。
 建築の設計事務所です。
 初夏野朝子さんのつとめる職場からは富士山がよく見えます。夏になると月見草の花が道々に咲いて、しゃぼん玉のように風にゆれて富士山によく似合います。
 初夏野朝子さんは、夕方になるときれいに咲く月見草のように優しそうな女性です。
 「仕事はていねいで、しっかりやってもらっています。お客さまの評判もよくて経営を支えてもらっています」
 所長の小田川吾郎さん(60歳・仮名)のお話です。
 わたし、人に言えない話すには勇気のいる恥しい症状で悩んでいます、と初夏野朝子さんは言います。
 「わたしは、ひどい赤面症なのです」。

 赤面症に気づいたのは中学2年生のころだといいます。
 当時は、赤くなったね、と言われても気にしませんでした。好きな男の子の名前を言われて、あ、当ってると思ったら顔がパッと赤くなった程度でした。
 二度目のときは、クラスの男の子から家に電話がかかってきたときでした。
 兄から、顔が赤いよ、と言われて、なんでこんなに顔が赤くなるのかなあと思いました。このころまでは、友だちもたくさんいて明るく、元気におしゃべりもしていました。
 「わたし、なんでこんなにすぐに顔が赤くなるの?体質かな?」
 気にしなかったのですぐに治るでしょう、と楽観的でした。死にたいと思う位に重症になるとは夢にも思いませんでした。
 くったくなく、富士山によく似合う月見草の咲く道を帰宅していました。

 ちょっと異常じゃないかなと思ったのは20歳のころです。
 大学生のときでした。大学でも、お友だちと話しているとき少しずつ意識していました。何か言えば顔が赤くなりそうだと思ってなるべく話さないようにしていました。にこにこして話を聞く、うなづいて共感をあらわすようにしていました。
 友人に誘われて化粧品の対面販売の店に行きました。ここでじっと顔を見られて話しかけられました。
 「にも、背中にも汗が出てきたのです。顔が夏の日光に照らされたようにじりじりと熱くなったのです」。

 家族と話をしても気が休まりません。何かを言えば顔が赤くなるという気がします。黙って横を向きます。黙って目立たないようにして顔が赤くなるのを必死でおさえます。
 気が休まるのは、一人のときです。スマホをじっと見ていると、別世界にふわりとジャンプしたように思い、顔が突然に、ボン!!と赤くなる現実から逃れられて安心します。

 初夏野朝子さんは、電車の中が恐怖です。座席に座ると、正面の人が自分の顔を見ていると感じます。乗客の視線がとっても気になります。気になると、顔の皮膚が音を立てて、ボン!!と赤くなるのです。
 電車の中では、立っていてもチクチクと人の視線がひどく気になります。
 「小学生のころまでは、あんなに明るくて活発で、人の顔を見て大声で笑っていたのに」と思います。
 男の人と付き合うとか、一緒に食事をするとか二人で向かいあって話すとか、想像もできません想像しただけで身体中がカチカチに固くなり金シバリに合ったようにぴくりとも動かなくなります
 どんなにひどいことをされても逃げ出すこともできないと思えば苦しくなります。

 「仕事の中の会話も、緊張して何を言っているのか分かりません。顔がボン!!と赤くなっているので、どんな話も頭の中を風のように通りすぎていくだけです。投げやりだとは分かっています。今日、一日、なんとか早く過ぎていけ念じながら地をはうように生きています」
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 世界中のどんな言語にも文化というものがあります。この文化が、どこの国の人にも分かるように言いあらわされるのが、人間社会共同性です。
 この共同性というものをつくるのが会話の法則です。

 日本語文化は、話し手の話を尊重する、というものです。その尊重の仕方は、

 ・話している人の言葉を正しく分かること

 ・そして忘れない
 ・憶えておいて自分もその言葉をしゃべる

というものです。
 この法則は奈良時代からつづいています
 この法則を分からない人は、日本の文化から外れている人、「ヨソ者」とみなされて穢れや禁忌の対象とされました。
 「お祓(はら)い」の対象になったのです。この日本の文化は、誰も言わないけれども、今もつづいています

 タブー(禁忌)の話し方とは

 ・「しゃべらない」
 ・「一方的にしゃべる」
 ・「話をそらす」(話題の飛躍)

などです。
うさ子
谷川うさ子さん
 「わたしは、ポルソナーレのカウンセリングをうけました。赤くなるのは、日本文化の中でヨソ者になった人ので、その病理症状とのことでした。テキストを中心に、学習しました。テキストの中のクマ江さんとうさ子さんのアドバイスに従って、歪んだ性意識のつくる赤面症から解放されました」。
 初夏野朝子さんは、事務所の男性と話しながら一緒に歩けるようになりました。
 月見草に似て、初夏野朝子さんは富士山によく似合ってステキになりました。





うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.