谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

見るだけ、聴くだけ、触るだけでは
能力が退化すると気づいた私

「ピアノでも英語でも毎日、練習すればうまくなるとおもっている人はおおい。
人に説明すると教える言葉が出て来ないので怒り出す。
説明する能力は別のものと気づいて幸せになった物語。

 五月野風子さん(22歳・仮名)は、音楽大学の学生です。
 地方から上京して、アパートで生活しながら学校に通っています。ピアノを演奏するのが専門です。
 「学校に行くかたわら、ピアノの先生の教室でアルバイトをしています。中学生や高校生の生徒にピアノを教えるアルバイトです」。
 五月野風子さんは、生徒にピアノを教えるとき、どんなふうに教えたらいいのかが分かりません。どう説明していいのか、どう指示すればいいのか?が分からないのです。そこで、五月野風子さんは、自分でピアノを弾いてみせます。
 「このとおりにやってごらん」といいます。
 生徒が中学生の女の子のときは、「できません」と言います。五月野風子さんはここで困ります
 ピアノの前でじっと身体を固くしている女の子の顔を見て、心の中で、じゃあ、あんた何しにここに来たの?と思います。すこし、怒りの気持ちもこみあげてきます。

 生徒が高校生の女子の時は少し様子がちがいます。
 高校生の女子は、もう何年もここの教室に通ってきているので、楽譜を見ながら楽曲を弾けます。ちゃんと譜面も読めます。
 「弾いている曲を聴くとどこまでこの曲を理解しているのか?が分からないのです」
 長音階と短音階の意味を分かっているのかしら?とおもいます。
 思うだけで、尋ねてみるとか、質問してみるということができません
 そこで自分でピアノを弾いてみせます。
 「このとおりにやってごらん」といいます。
 その生徒も「できません」と言います。
 そして、練習のためにとか、習いにくるとかのために教室に来なくなるのです。

 五月野風子さんは、小さいころからピアノを弾く練習をしていました。家にはピアノがありました。
 母親が買い与えたのです。
 母親は「ピアノの練習をしなさい」と言いました。
 「やったよ」と言います。
 「それじゃ練習したことにならない」と母親が言います。母親がいいと言うまで練習をさせられました。
 「母親が違う、いい、と言います。自分なりの判断の基準というものがもてなくなったのです」。

 「親もとから離れてひとりで生活するようになりました。ひとりで人間関係をつくるようになってみると、わたしは、人から何か頼まれると嫌だと言えないのです。こころの中では怒りながら頼まれたことをひきうけます」。
 五月野風子さんは、実家でピアノの練習をしていたころ、母親からいわれたとおりに練習すると、「やったよ!」とつよい口調で言いました。お母さんが言ったからピアノを弾いてあげたやってあげたという気持ちでした。
 ひとりで生活する中で、人から何か頼まれると「やってあげたよ」という気持ちになります
 言葉では言えません
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 吉本隆明さんは、歌手とか、ピアノの演奏とか、踊りとかの練習は、10年くらいつづけるとだいたいうまくなる、といいました。
 これは、の働きでいうと感覚を働かせる部位の『実像だけが働くことの説明です。
 脳の中には、言語野があります。
 脳の中の言語野が働いて、習いごとは、どんなことでも正しく上達するのです。
 台所で料理するための包丁の扱いがうまくなっても、お客に喜ばれる料理人になれるわけではないことと同じです。
うさ子
谷川うさ子さん
 五月野風子さんは、大学生ののこりの学年を、楽譜を手で書いてすごしました。ピアノの練習のかわりに、楽譜を書いたのです。この楽譜の中に、言葉で、光景とか場面とか、状況のコメントも書きました
 言葉で楽譜の表現するイメージをつくる練習をしたのです。
 「ピアノを教える生徒さんに、演奏の目的を説明して、その手段としてピアノを弾く、ことを伝えられるようになりました」
 生徒さんに喜ばれるようになって、決まっている就職にも自信をもって出立できると、五月野風子さんは自信満々です。





うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.