谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

人と話せないからブリッ子しているのは
本当に話せないからと気づいた私

多くの人は、自分には本当の自分がある、と信じている。
想像の中の大活躍している自分を信じている。
それは仮想の自分と気づいて幸せになった物語。

 わたしは、ひとりっ子で育ちました。母親の言うことによると、幼稚園生の頃から何もひとりではできなかった子だったといいます。
 服をひとりで着れない、服のボタンをひとりではめられない、といったふうです。小学校のころは給食を食べるのが遅く、食べ終わるまで遊ばせてもらえませんでした。
 わたしは、給食が嫌いになりました。

 小学校のころには、授業の体育がニガテでした。
 どうしても人と同じような行動ができないのです。身体の動きも、動作も、じぶんだけが人と全く違ってしまうのです。先生がわたしだけ注意します。わたしは、体育のある授業のときは、いつもトイレに隠れていました。
 わたしは、学校の先生の紹介で児童相談所に入れられたのです。

 登校拒否は中学2年生で治りました。児童相談所に行くよりは、学校の方がマシだと思えたからです。
 高校生のころは、いじめられたり、悪口を言われたりしました。でもわたしは仮面をかぶることにしたのです。仮面といっても「心の仮面」です。バカにされ、無視されても「あれはわたしのことじゃない。本当のわたしのことじゃない。だから平気。何を言われても、本当の自分が仮面の自分を上から見下ろしているって思えば平気、平気」と思うことにしたのです。
 友だちとは表面だけ、仮面の自分に付き合わせて気持ちや感情は、外に出さないようにしました。

 高校を卒業してコンピューターのソフトを勉強する専門学校に入りました。そしてコンピューターのソフトをつくる会社で働いています。
 先輩といっしょにユーザーの会社に行きソフトを開発して提供するという仕事です。
 この会社で、わたしは「愛想が悪いガンコだ。すごく表面的で、ブリッ子だ」とウワサされています。何にたいしても無関心、どんな話にも喜ばないので無感動、仕事が遅くなろうが、ミスが起ころうが反省しないし、謝らないので無責任という性格だと思われています。
 これは、いくら本当のわたしじゃないと思っても、無愛想、無口は治りません口が動かないし、表情も動きません

 会社では、2人でチームを組むことが多いので、「なんとか話をしないと…」と思うのですが、焦って、一言、二言だけを話すのがやっとなのです。相手の人が話しても、トンチンカンな受け答えになります。会話にならないのです。
 3人とか4人とかの人の中に入ると、「こういうことを言うとバカだと思われるのじゃないか」と心配になります思っていることの半分も言えないので、話す気力もなくなるのです。
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 事例の物語の女性は、味才崎子さん(27歳、仮名)です。
 悩みの主旨は、「初対面で話しやすそうな人には愛想よくする」「初対面ではない人には、相手が話しかけてくるまでは自分から話しかけることはしな」ということです。
 もともとの始まりは、「嫌いなことは何もしない」「イヤだと思ったことには近づかない、放置する」ということでした。
 味才崎子さんの悩みの核心は、「こんなふうに人と話せない自分は本当の自分ではないとひそかに思っていることです。なんでもスイスイできて、好きなことならエネルギッシュにとりくめて、輝かしい自分というものがあると思っていることです。
 多くの人は、こういう自分の輝きを「自己実現」というようにイメージしています。
 「自己実現」という言葉では言いあらわさなくても、仕事や人間関係はうまくいくにこしたことはないけれども、うまくいかなくてもそれでべつに困ることは何もない、「自己実現の自己は、毎日、満足している」と思っています。

 脳の働き方から見ると、「バーチャル」(仮想空間の中の自分の行動は完成している、という脳の働き方になっています。必ずしもスマホとか端末機、パソコンでオンラインゲームに依存している、ツイッターやSNSをお友だち代わりにしているからというのではありません。

 日本人の脳の働き方は、日本語の「文法」の已然(いぜん)未然(みぜん)がつくる「内扱い」を本質にしています。
 これは、動物の脳といわれる大脳辺縁系の「」や「好き・嫌いの感情」に、「ものごと」を結びつけるというものの考え方のことです。
 こういう「行動の止まり」(学習の止まり、記憶の止まり)を防ぐために、古代の日本人は「待遇表現」(謙譲表現、尊敬表現のことです)を開発しました。
 平安朝のころの女性たちは、差別と虐待を防ぐために「女房言葉」という「待遇表現」を開発して、社会的な貧困や人身売買の対象にされることを防いできたのです。

 事例の味才崎子さんは、「待遇表現」という知性のルートづくり、社会的な評価のルートづくりの仕方を知らなかったのです。このような女性は、奈良時代も平安時代も、室町時代も、社会の底辺に落ちていきました。上野千鶴子は、そういう惨めな女性の境遇を研究して東京大学の教授になりました。


 わたしは、ポルソナーレのアドバイスをいただきました。
 頭の中で白日夢のようにストーリーをつくって浸るのも、オンラインゲームに浸るのも、脳の働き方は、「右脳・実像」の部位しか働かせていないので同じであることを学習しました。
 目の前の人だけに正しく待遇表現をおこなうという法則を教わりました。これができれば会話の能力も、学習の能力も目ざましく向上するということを教えていただきました。
 今では、会社では「味才崎子さんは、仕事もできるけど、人望も厚い」とホメられています。





うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.