谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

人が信じられないのは、内扱いのせいと気づいた私

自分へは親しく親切にして くれる人がいる。
しかし、自分以外の人のことはウワサして笑い者にする。
だからコワイし、信じられない。
これは全部、内扱いがつくると分かって、幸せになった物語。

 四月藻末子さん(28歳・仮名)は、人が信じられない思っています。会社の人から嫌われている、イジメられている、というのではありません。
 会社には、女性社員が10人くらいいます。化粧品を売るのが業務です。リーダーの女性は仕事の能力も高く、人望もあります。
 四月藻末子さんはリーダーの女性から好かれています。他の女性社員からも可愛がられています。
 「では、どの人もいい子ぶっているんですよ。カゲでは、お互いの悪口を言っているんです。私のこともこんなふうに笑い者にしているのでは?
 くやしい、許せないと思うと、話をしているとシラけてくる、怒りもこみあげてくるといいます。

 四月藻末子さんは、人が信じられないという思いを母親に話しました。
 「あなたは要領がわるい。
 もともと人とはそういうものなのよ。好きです、おかげで命を救われました、と言って恋愛関係になった人が、嫉妬したり、別の人を好きになって同じことを言うってことがあるのよね。
 キリスト教では、イスカリオテのユダといって聖書にも書かれているくらい、背信というのは人間事象のひとつなの。
 人間は信用できなくても社会的な関係は信用できるって教えなのよ」。

 四月藻末子さんは、人と話すのがニガテです。人と話をするとき、話の初めの1分か2分はいいのですが、少し話が長くなると相手の人の顔を見ていられなくなります。目のやり場に困ります。だから、下を向いたり、横を向いたりします。同じ人間なのに、いつまでも会話をつづけられたり、どんどん話せる人を見ると、なぜ、そういうことができるんだろうと思います。
 「わたし、親と話しても苦しくなります。顔を見れないんです。だから、スマホを見ながら話を聞きます

 四月藻末子さんは、いちばん困るのは、人と話をすると、だんだん目がひきつることと、顔が赤くなることです。とくに仕事のことなのに、営業担当の男性から話しかけられると、自分でもおかしいと思うくらい顔が赤くなるといいます。
 「お客様がおみえになったときに質問にお答えするだけなのに顔が赤くなります」
 人と話すことが恐くなってから、人がだんだん遠ざかっていくのがよく分かって、家に帰って泣くというのはしょっちゅうです、といいます。
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 四月藻末子さんが困っていることは、ひとくちにいうと「行動の止まり」という心と精神のトラブルです。多くの日本人は、この「行動の止まり」をいろいろな症状であらわしています。もともとの原因は、ひとり、ひとりの性格にあるのではなくて、日本語の「文法」の已然(いぜん)未然(みぜん)というしくみにあります。古代の日本人は、この「行動の止まり」に気づいて、対策を立てました。

 「行動の止まり」を「内扱い」と名づけよう。内扱いはとっても気持ちのいいものだが、「行動が止まる」のは、身内殺しにもいきつくから危ない対策は「外扱いだ。「外扱い」は少々、心寂しさを感じるが、知的な能力づくりのためにはガマンしなくちゃいけない。
 こうして研究、開発されたのが「待遇表現」という謙譲表現尊敬表現だったのです。
 現代は、とりわけ、インターネットの環境になって、頭の中でいったん考えてみるという思考の仕方がマトリックスにとって替えられたので、誰もが、「内扱いの行動の止まり」しか言い表わせなくなったのです。


 四月藻末子さんのお話です。
 「わたし、尊敬語と謙譲語(形)との区別もよく分かりませんでした。
 まわりの人は誰もそんな言い方はしていませんので、そんな言葉があることも知りませんでした
 たまに目にすることがあっても、なんだか、自分を身分の低い者のように言い表すので、相手がイバり出すんじゃないかと思って嫌だったのです」。

 しかし、待遇表現の言い方を憶えて、努力して使ってみると、不思議なことにどんどん記憶力がよくなりました。仕事に自信がつきました。ガマンづよくなったのです。赤面症もなくなり、会話の能力もついて、幸せになりました。





うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.