谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

吐くことがこわいのは心を開かないからと気づいた私

会社の仕事はできる人だ、と高く評価されている。
プライベートな場面には苦痛とニガテがいっぱい。
心を開けないことが原因と気づいて幸せになった物語。

 わたしは、会社に入って2年目です。アパレル関係の会社の事務を担当しています。仕事はおもしろく、いっしょうけんめいにがんばっています。仕事ができる人だと上司からも評価されています。
 わたしは、通勤の電車がとても苦痛です。

 電車通勤は、1時間くらいです。この電車の中が苦痛です。電車に乗ってスマホの画面をじっと見ていると、なぜか胃のあたりがムカムカしてきて吐きそうになるのです。吐いたことはありません。
 近くの人の身体がフラフラ揺れていたり、わたしの身体にぶつかると、「この人は、吐くのではないか?」と思います。すると、とても恐くなるのです。
 吐くのではないか?と思える人が、毎日、目に入ります。だから、気分が悪くなって電車から降りたくなります

 わたしにはお付き合いしている恋人がいます。わたしは、彼のちょっとした言葉とか態度を見たり聞いたりして、「もうわたしのことを嫌いになったかもしれない」と思ってしまいます
 自分からは何もできないと思います。そしてわざわざいじけた態度や屈折した気持ちを彼に向けるのです。
 彼が困惑すると、そこでハッと気づいて自分のとった行動を後悔するのです。
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 脳の働き方には認識の機能があります。脳の機能には認知の能力があります。
 認識の能力は、非常にげんみつな言葉の能力のための学習が必要です。「…みたいなかんじ」とか「…っていうか」「…なんか、こう」というような日本語の使い方では認識の能力は身につきません
 こういう曖昧な日本語の使い方しか学べなかった人は、事例の女性の四月雨降代さん(仮名・24歳)のように、ストレスにたいして拒否や否定のものの考え方をあらわします
 四月雨降代さんは、もう長い間、父親と話していない女性です。
 日本の女性は、認識のための学習をしなければ、主に父親から「行動の仕方」認知の能力のことです)を学ぶしかないのです。

 日本の男性の多くは、「高倉健」の行動スタイルを目標にしています。「自分はこういう人間です。よろしく」という態度です。何に対しても、誰に対しても合わせるということはしません。認識の能力がないので、行動スタイルを完成させて、現実の中身とか、人間の内容を分かることができないのです。
 父親としゃべらない四月雨降代さんは、父親のこういうワンマンスタイルを自分の行動の仕方として学習したのです。
 だから仕事は、命じられたとおりの行動を現わせて「仕事ができる人だ」と評価されました。
 すると仕事以外のこと全て交感神経が優位となり、広い意味のアレルギー症状となり、不快、苦痛、辛い、痛いといったことをつくり出す生化学物質(ホルモン)血液の中にあふれかえるようになったのです。
 それが「吐くのがこわい」に代表されるいろんなことへの拒絶反応の原因です。


 わたしは、職場の中で、誰ともふつうに話せる人見て嫉妬するようになりました。
 わたしは、二人だけで話すとたんに声が小さくなり何を話したらいいかわからなくなるのです。
 沈黙がこわいし、会話をして感動ということがなくなりました
 「あの人はこういう人だ」と欠点や欠陥ばかりに目を向けて自分を正当化するようになったのです。

 ポルソナーレのアドバイスをいただきました。
 「相手がどうだから」「相手の人の態度がああだから」ということを一切、不問にして自分勝手に一方的に明るく、楽しく話しかける、ということを、「まず、父親におこないましょう」と指導されました。
 よくない状態よい状態想定されるとき、「よい状態の自分」を言葉や行動であらわす、というものです。それが心を開く、ということだと教えてもらいました。

 今では、楽しく電車の中を過しています。
 誰かと待ち合わせて、おしゃべりをしながら通勤しています。
 会社では、「四月雨さんは仕事もできるけど、人望もある女性だ」と言われています。


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.