谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

丸暗記もできないのが社会不適応と気づいたわたし

日本語は、自分の気持ちを言い表すしくみになっている。
誰もが、自分の気持ちをしゃべっていると思い込んでいる。
これが認知バイアスという社会不適応と分かって幸せになった物語。

 わたしは、縫製の仕事をしています。何かを作るというのが好きです。6年もつづけています。
 わたしは、この仕事しかできないとおもっています
 友だちもいないし、職場で話す人もいないからです。
 人と何を話していいのか分からないので、じっと、もくもくと縫製の仕事をして生きていくしかないのかなとおもっています。

 わたしも、いろんな人とたくさんおしゃべりをしたいのです。
 次から次へと、思いつくままにどんどん話せば、きっとおもしろいだろうね、とおもいます。
 わたしも、初めて会う人とは、変な人だと思われないように気を遣って、笑顔もあらわしてスラスラとしゃべれるのです。
 だんだんしゃべるのがめんどうになります
 話をしないことに慣れているので、何を話せばいいの?とおもいはじめます
 そして、話をしようとしなくなります。

 わたしの家族は、母親と弟の3人です。父親は小学2年生のときに、脳に出血が起こって亡くなりました。ずっと3人で暮らしてきました。地方の田舎なので、まわりに家らしい家もなく、遊び友だちもいませんでした。親戚の付き合いも少なかったので、家に訪ねてくる人もいませんでした。
 家の中でずっと過して、外に出ることもなかったのです。
 人と話をする経験が少なかったので、人と話をしないことに慣れていったのだと思います。

 NHK・TVドラマで、失語症になった医師の物語をやっていました。天才外科医の男性が、ある日、脳出血で倒れます。一命をとりとめてみると、失語症になっていました。
 言語機能回復の訓練士の女性が、リハビリをおこないます。
 話し手の言うことはよく分かっている、でも、話すことができないだけ
 「あ、あ」とか、「これは」という発語がやっと、です。
 同僚の外科医たちがCTスキャンで脳内を診ると、右脳の言語野がひどく損傷しています。
 「これじゃ、カムバックどころか、社会復帰もムリだね。話せないんじゃ社会不適応だ」。

 わたしは、脳出血を起こしたのではありません。
 「レビー小体型の認知症」でもありません。手足が震えることもなく、うつ病になることもないからです。「レビー小体」があれば、脳の細胞に「レビー小体」という丸い物質が出来るので、幻覚や幻聴も起こるといいます。
 そういう症状もありません。
 「レビー小体」タイプの認知症は、老齢期に入ると発症するといいます。わたしはまだ20代です。

 ふつう人は、何か話しかけられると返事をします。「はい」とか。
 質問されると「いいえ」か「はい」かの返事をします。
 わたしは、これができません。動作、顔の動き、手ぶりで返事をするのです。
 頭を左右に大きく振ると「いいえ」です。
 ありがとうは、大きくうなづきます。
 相手の目をしっかり見るのでメッセージは伝わります。わたしは言葉に出して表すことをしないのです。めんどうなのです
 動作が遅いせいかもしれません。
 仕事を命じられると、すごく嫌な表情をします。顔をしかめて歯をくいしばって辛そうにするのです
うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレのカウンセリングです。

 アメリカの発達心理学者が見つけた不適応の脳の働き方に「確認バイアス」という概念があります。
 ご紹介した物語の女性の目黙畑楽子さん(仮名・22歳)は、父親が不在であったために「行動する」という認知の能力が正しく完成されなかったのです。
 女性の脳には、認識の機能はあります。だから「対象は?」か「この行動の仕方は?」のいずれか、もしくは両方を知的に学習しなければ、「何について話せばいいのか?」という言葉の不全がつくられるのです。
 すると、今、自分の目についたことをパッとしゃべるという「確認バイアス」の脳の働き方になります。
 この「確認バイアス」には、丸暗記が必要です。
 目黙畑楽子さんは、父親不在のために、丸暗記もできなかったので「しゃべらない」という確認バイアスをつくりました

 わたしは、ポルソナーレから、失語症ではないけれども「失語状態」の改善のアドバイスをいただきました。日本語には、「コソアドことば」があります。
 これ、それ、あれ、どれ、のことです。「それは」と「」(助詞)を正しく言うことが回復のさせ方です。
 「これは何ですか?」「それは、クマです」。
 「それは、何ですか?」「これは、谷川うさ子さんです」。
 助詞の省略不適切な使い方の改善学習社会不適応を改善しました。
 今では、定期的に電話で個人指導をうけて、話されていることの要点をメモに書きとることができています


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.