谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

女性から嫌われているのは
目を見て話せないからと気づいた僕

気に入った女性と話をしたい男性は多い。
自信がないと思えば話す勇気がない。
顔ではなく、女性の気持ちを見れば楽しく話せると気づいた物語。

 僕は、中学2年生のころから人の目を見て話すことができなくなりました。目を見て話していると、相手の人が目をそむけるのです。おもしろいことを話そうとわくわくしているのに、スッとそっぽを向きます。相手の人が消えてなくなった、という感じでした。

 相手の人の姿が消えてなくなることに気づいたのは、小学4年生のころです。
 姿が消えていなくなったのは母親です。もちろん本当に居なくなったというのではありません。ちゃんと母親はそこにいます。話をしようとすると顔と目が見えなくなるのです。母親は手元を見ているか、スマホの画面を見るためにうつむいています
 僕は、母親がいなくなったとおもいます。

 僕の母親は、小学2年生のときに離婚しました。母親は、離婚したいきさつを話してくれました。僕にはむずかしい言葉が多くて、よく分かりません。話を聞いていると息が苦しくなりました。泣きたい気持ちになりました。泣くと話をしたい母親が困るだろうとおもいました。それでガマンして聞いていました。
 そして笑い出したのです。
 母親は、「お母さんの話していること、そんなにおかしい?」と言いました。

 小学生の高学年までは、友だちと話すとすぐに笑い出すのは、明るい、おもしろいと思われていたようです。でも、学校の先生は冷ややかでした。お腹をかかえて、体をよじらせていつまでも笑うので、ひとりで度の過ぎた笑いの中にいると思われたのかもしれません。

 中学2年生になったとき、僕は、友だちが話したらすぐに笑い出す、というのをやめました。友だちに話すときに、ハッハッハッハと笑いながらしゃべることもやめました。
 友だちの姿は、消えていなくなりました。誰もいません。
 僕は、相手の顔と目を見るのもやめていたのです。
 ふいと目線を左の上の方向に向けます。
 目の前にいるはずの友だちのかわりに、母親の顔が思い浮びます。早口でとぎれなく話しています。僕は、恐くて心臓がどきどきします。

 大学には自宅から通いました。
 大学から帰ると母親が夕食をつくって待っています。スマホにメールが来ます。「何時ごろ帰ってくるの?」。
 夕食は母親と食卓をはさんで食べます。母親は、教育関係の仕事に就いています。自分が見たり聞いたことをしゃべります。話している母親の顔と目を見ようとすると、母親の表情が急に変わります
 僕は、母親の目が気になって、食欲がなくなります
 ご飯を食べるのが辛くなります。
 自分の顔と目を鏡で見ると、少しおかしいときがあります。たまに恐い目つきをしているなと思えるときがあります

うさ子
谷川うさ子さん

ポルソナーレからのアドバイス

 人は、母親の胎内人間として成長します。最初は、男か女かはわかりません。まず女に形づくられて、その後、男に分かれます。分かれなかったらそのまま女として成長します。男になる、女になるという成長の中で、脳の基本のしくみ男の脳女の脳になります。
 男性は、母親の同調と同期という関わり方、話し方を学習して、人の顔を見て話せる、目を見ながら話せるようになるのです。
 母親の同期、同調という接し方、話し方を学習しなかった男性は、人と一緒に居ても自分ひとりだけの世界の中にいるようになるのです。
 女性の脳のしくみの基本は「自分ひとりだけの世界」の中に、ずっと居るということに耐えられなくなることです。しかし男性は、一生、ずっと「自分ひとりだけの世界」に居ても平気と思うようになります。アフリカのいろいろな動物も、牡(おす)だけが「ファミリー」から離れて放浪し、孤独の中で病死します。
 人間の男性の場合は、女性の能力の対象を分かる能力を学習しなかったことが遠因で、孤立を受けいれるようになるのです。


 会社に出勤する途中の道には猫がいます。座ってうずくまっています。僕いがいの誰が猫の側を歩いて通りすぎても、じっと目をとじています。僕が歩いていくと猫は目を開けて警戒の目でじっと見るのです。近づくと、僕の顔を見て、パッととび上がり逃げ去ります。

 電車の中には、赤ちゃんがいます。母親が乳母車に乗せています。僕が、その赤ちゃんの顔を見て目を見ると、火がついたように泣き出すのです。スマホを見ていた母親は、赤ちゃんの側に行きます。次の駅で、スマホを片手にそそくさと降りていくのです。

 会社に、熊山八重桜さん(32歳、仮名)がいます。
 残業で遅くなったある日、一緒に帰路を歩きました。
 「東山朝日さん」と話しかけてくれました。
 「途中、ラーメン店に寄って行きましょう」と話しかけてくれました。
 「何を食べる?」と訊ねてくれます。
 「ラーメン店はお店、目的はメニューの中のラーメンを思い浮べることです」と教えてくれます。
 「わたし、塩ラーメンが好きです」と言います。
 熊山八重桜さんの気持ちがサッと分かりました。塩ラーメンのイメージが思い浮びます。
 「僕も、塩ラーメンを食べたいとおもいます」。
 熊山八重桜さんの顔と目を見て力強く言えました
 熊山八重桜さんは、にっこり笑顔で言います。
 「ラーメンの好みと目的が一致しましたね」。
 僕は、この日から女性の誰とも顔を見て、目も見て話せるようになりました。
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.