谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙・父親が好きになれる物語
女性は、母親の言葉を聞いてものごとの良い、悪いの判断の能力を身につける。
人の話を聞く力だ。父親の行動を見て学べる。
耳と目の能力を学べなかった女の子が、どのように会話の力を回復させたのか?の物語。

 わたしは、大学を卒業して6年間ほど金融機関で働きました。仕事を辞めてずっと家にいます自分が自分ではなくなったのに疲れました。頭の中で何を考えればいいのか分からなくなっています。
 こんなふうにお話すると、ちゃんと自分のことを分かっているように見える、とお思いになるでしょうね。

 わたしは、中学生のころもそうだったのですが、高校生になると、いつも勉強のできる人のことを考えていました。あの人は、ここでどういう表情をするのだろう、この勉強をどんなふうに感じて、どんなふうに分かったと思うのだろう?と考えるのです。

 そんな人のことを考えるよりも、目の前の勉強に集中して、書かれている言葉を書き取るなり、文章を書き写すなどして、辞書で意味を調べればいいでしょうとお思いになっていませんか。
 わたしも、なんどそう思ったかしれません。
 でも授業中や、家の中にいても自分の手足はひとりでに勝手に動いているようで、学校にいる、家の中にいる、という実感がもてないのです。

 高校のころから大学に行っても、いつも頭の中では誰かのことを想像していました。あの人だったら、ここでこんなふうにしゃべるだろうと想像します。そしてそのとおりに話してみる、顔の表情も想像したとおりにつくってみるというふうでした。
 
 わたしは仕事の中でも、自分の他者への感じ方、知覚の仕方を否定していました。立派そうな人、いいなあと思う人の真似をします頭の中だけで真似をするので、実際にそのとおりに行動するのではありません。
 わたしの頭の中には、とにかく違う人間に見られたい自分もあの人のようになりたいという願望でいっぱいなのです。

 頭の中で想像したとおりの人の仕事のやり方や話し方を真似しようとすると、非常に疲れます
 話すのもおっくうになります。自分じゃない感じになります。こんな自分なら何もしないほうがましと思います
 
 私には姉が二人います。
 私と母親は実の親子です。姉二人には、義理の母です。
 小学校6年生のときに聞かされました。
 母と二人の姉はいつもケンカしていました。とくに長姉は母を嫌っているふうでした。それが言葉にもよくあらわれていました。次姉は、母にたいして素直な態度でした。長姉が母をうとましく思っているので、次姉は気を遣っていたのだと思います。二人の姉は、わたしにも気を遣っていました。わたしはいつも窮屈な思いで、面倒をかけないようにじっと身をこごめるように生活していました
 
 人間の脳は、言葉をつくります
 言葉をつくるのは、聴覚、視覚、触覚の三つです。
 このことは誰にもよく知られていませんが、赤ちゃんの成長の仕方と脳の発達の仕方の研究では、ごくふつうの考え方になっています。人間の知性にとって重要なのは聴覚です。

うさ子
谷川うさ子さん
 手紙の女性は、二月野桃子さん(31歳)です。
 二月野桃子さんは、母親から、自分の手足の動きの一つ一つについての言葉がけの声と言葉を聞けなかったのです。目で見ることと言葉が一致して行動のための認知という経験が記憶されます。
 母親の言葉がけも、人からじかに耳で言葉を聞くというのは、生きていくうえでとっても大切なことなのです。
 人からの話し言葉を毎日のように耳で聞かないと目で見たことを自分の言葉でこうしよう、ああしようと決めることができなくなるのです。
 二月野桃子さんへは、メールと電話と面談で日々の生活のことについて実行の仕方のアドバイスをさしあげました。

 私の父親は、たいへんガンコで家族にたいして親身になってくれることがないと思っていました
 話すことは自分のことを一方的にしゃべります
 家族の誰の話にも心をこめて耳をかたむけるということがない人です。長い間そんなふうに見ていました
 ポルソナーレのアドバイスをいただいてから、一日、5つだけ質問をすることにしました。
 「わたしのこと好きですか」
 もちろん好きさ。
 「お母さんのこと好きですか」
 もちろん好きさ。
 「お姉さんのこと好きですか」
 もちろん好きさ。
 なんだ、お父さんの気持ちってそうだったのか。
 耳で聞いてみないと本当のことは分からないんだね。

 わたしは、メールを書いて出した人にも、電話をすることにしたのです。
 メールの糸が赤い糸となって、その人の気持ちが温かく流れてくるのがよく分かります。
 わたしの人真似は遠い過去の日のできごとになりました。
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍



ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.