谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング
相談の事例・ファイル7・男性の脳の働きの内扱いの物語


私は機械を修理する技術者。
仕事には自信らしきものはあるけど、職場の人間関係は諦めています。
女性にも結婚にも興味ありませんと平気な顔をしています
(42歳・男性)

●あまりにもごく普通のことなので、誰も気がつかない日本の男性の「内扱い」の脳の働きの物語です。
内扱いの到達点が、長崎・佐世保事件の女子高生と名古屋大・女子大生(19歳)の森外茂子さん(77歳)殺害(平成26年12月7日)です。
 秋葉原無差別殺傷事件の加害者加藤智大は憧れの人でした。
 女性が学ぶ男性の内扱いは何を諦めて、何を壊すのか?明らかになる真実の愛の物語。

 日本の男性の脳の働き方は「認知」の能力はある、しかし「認識」の能力はない、ということが特徴。だから、男性は、認識の機能をもつ女性が怖い女性との会話を諦めた男性は「認知症」になるっていうけど、女性への影響はどうなの?をレクチュアするのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。





クマ江
クマ江さん
 昨年(平成26年)の12月、名古屋大学も冬休みに入ろうという7日のお昼ご飯のころ、19歳の名古屋大の理学部一年生の女子が、77歳の女性を手オノとマフラーで殺害しました。
 なぜ?どうして?心の闇?といわれています。動機は何もなく、単なる「内扱い」という脳の働き方の到達点です。
 「内扱い」って何?と問われるほど珍しいものではありません。男性は「内扱い」で仕事や勉強をします
 女性にはこの「内扱い」の認知はありません誰からか、何からか学習して「認知バイアス」という脳の働き方でしゃべり、行動するだけ
 こんな女性にどう関わればいいのか?苦悩する男性のリアルな脳の働き方の物語です。

(ルポ・熊野クマ江)
(謹告・匿名です。特定の個人の悩みとは一切、無関係です。相談の内容も合成し、再構成しています。)

 
 

相談の事例・ファイル7
《松山健一さん(38歳男性・仮名)の脳の働きの物語》

 12月は楽しいクリスマスのシーズンです。お店の心休まるクリスマスツリーを見るともう一年も終わりだ、来年もいい年になりますようにと、心が晴々とします。
  こんな12月の始め7日のお昼のご飯どきのことです。
 誰もが名古屋名物のとんかつソース串カツか、温かいきしめんを食べて幸せな師走の風の中を歩いていました。
 名古屋市の昭和区にある学生向けのアパート二階建ての一階の一室で殺人事件が起こりました。1Kの部屋です。
 旧帝大の名門、名古屋大学の理学部一年生の女子学生(A子・19歳)が、知人の77歳の女性、森外茂子さんを殺害したのです。
 二人はこの秋ごろ宗教の勧誘を通じて知り合いました。
 その日は、宗教の集会に二人そろって参加しました。
 「お昼を食べましょう」と誘い合って集まりから脱け出して、女子大生A子のアパートの部屋に入ったのでした。
 A子は、手オノで殴り、マフラーで首を絞めて森外さんを殺害しました。そして次の日に宮城県仙台市の実家に帰りました。
 誰かが「森外さんがいません」と警察に届けたのでしょう。A子は、「森外さんを知りませんか?」と訪問した警察官から尋ねられました。
 「いいえ知りません。森外さんとは、昨日、玄関先でお別れしましたよ」。
 愛知県警は、森外さんを探しました。
 年が明けた平成27年1月26日になって、仙台の警察署がA子の自宅を訪問しました。「愛知県警が事情をおうかがいしたいと言っています」。
 A子は愛知県警の事情聴取を受けました。
 A子の許可を得てアパートの室内に立ち入ったところ、浴室に森外茂子さんの遺体が見つかりました。

 名古屋大のA子は、昨年起きた長崎県・佐世保市の同級生殺害事件の加害者A子によく似ている、そっくり、と報道されています。「人を殺してみたかった。誰でもよかったんです」という発言が同じだからです。自分のことを「僕」と自称することも同じです。
 猫やハムスターなどの小さい動物を殺すとか、人が飲むと害のある薬品に関心をもって同級生にこっそり飲ませることをおこなったことも「そっくり」の内容にあげられています。
 なぜ高校生の女子や女子大生がこんなことを考えるのだろう?しかも小学生のころから人の死に興味をもっていた、生き物を殺すことを考えてきたというのはなぜなんだろう?と誰もが思います。女の子というと、いずれは母親になり、恋愛や結婚をして、相手の人に優しくする天使のような存在ということを思い浮べます。思っていない人もいるかもしれないけど。子どもを産んで育ててくれるというのが女性についての変わらない共通認識です。
 それなのに、思春期の頃になって人を殺してしまった。この問題を分かるには、吉本隆明さんのいう心的領域ということを分かるといいのです。心的領域というのは、脳の言語野のことです。
 脳の言語野は、大きく分けて二つあります。ブローカー言語野客観の言語野と主観の言語野です。
 ウェルニッケ言語野主観の言語野に含まれます。
 日本人は、主観の言語領域で日本語を使ってものごとを考えます。
 主観の言語領域で、日本語を使って何を考えると人を殺すのでしょうか
 それは「内扱い」という考え方です。「内扱い」とは、家の中の家族とか性的な関係のある「身内の人と同じように関わる」ということです。「外扱い」の人とは話さない、話してもすぐに終わる、というのが「内扱い」の考え方です。
 日本人は、この「内扱い」でしかものごととの関わり方を知らない人は、人を殺します。
 一部、修正します。「内扱い」で関わり、その上、ものごとを丸暗記する人は人を殺すかもしれない、殺さなくても、いろんなものを壊します
 名古屋大学・理学部の女子大生A子は、丸暗記、そして「内扱い」で人にも勉強にも関わったので森外さんを殺害することになったのです。
 証明のために説明します。
 A子は、自分のことを「」と言っていたそうです。女の子は、ふつう「わたし」とか「うち」(関西の女性)と自分のことを言います。
  女子が自分のことを「」と自称するのは、男性の行動を学んだからです。
 名古屋大・女子大生のA子はどういう男性の行動を学んだのかというと、「宮崎勉」「加藤智大」「麻原彰晃」「酒鬼薔薇聖斗」といった男性です。大学入学と同時にツイッターに書き込みをおこなっています。
 日本の女性は、A子に限らず、誰でも、他者のマネをします。模倣します
 マンガの主人公のマネをして行動する人もいます。
 クラスに人気の女の子がいると、その人のクセとかしゃべり方、笑い方をマネします。『ベルサイユのばら』の女の主人公のオスカルが気に入った人はその日からジーパン、スカートは絶対にはかない、髪の毛はバッサリとショートにして「僕は」と言うでしょう。
 女性の欲の脳の視床下部の「視索前野」には認知のための機能がありません。この視索前野副交感神経の中枢ですので、「左脳の客観の言語野」も働かせる「認識」の機能はあるのです。
 「認識」とは何か?というと似たようなものごとを比べて、違いや特徴を説明する知性です。これは客観ということです。
 日本人の女性は、ブローカー言語野・3分の1の「主観」で日本語の文法を使って学習します。ごく少数の女性しか「認識」のために知的に学習する人はいません

 「大学に行こう」と決めた女性は、受験に備えて丸暗記で憶えます。
 丸暗記は、言葉の意味は無視して、問われたら答える、質問されたら正解を答えるということをいいます。「なぜ?」「どうして?」という問いには答えなくてもいいのが丸暗記です。
 行動だけが成り立つ。それが丸暗記です。主観の脳の働きの丸暗記は、体で覚えることと同じです。
 こういう行動の仕方が「内扱い」です。
 名大女子学生・A子は丸暗記と内扱いのセット脳を働かせました。
 「内扱い」は、なぜ人を殺すのか?というと、かくべつ人を殺さなくても「内扱い」は、しょっちゅうものごとを壊すというしくみをもっています。
 「お前」と言うと内扱いです。
 もともとは「御前」で「神様の前」です。内扱いは神様の前を壊してイバり、尊大の言い方に変えます。「神様の前」を壊すのだから何でも壊します。
 「貴様」は「殿様」への呼び方でした。「キサマ!!」といえば罵(ののし)り、罵倒(ばとう)の言葉です。「キサマ!!」と言われた目の前の人が破壊されているのではありません。「殿様」という身分の高い人の地位が破壊されているのです。
 「内扱い」とは、日常的に何かを壊します
 「対人恐怖」といえば「人が怖いことだ」と誰もが思っています。「外扱いの人」を「内扱い」で壊しています、というのが脳の働き方から見た真実です。
 名古屋大学・理学部の女子大生A子(19歳)は、どんな男性からどんな「内扱い」を学習したのでしょうか


 松山健一さん(38歳・仮名)は、大学院で宇宙物理学を学びました。大手のテクノロジー制御システム部で、メンテナンスや不具合の修理を担当している技術者です。
 大学院ではよい研究をして、将来を嘱望されてきました。高収入を提示されたので現在の会社にお世話になると決めたのです。
 「機械のコンピューターの修理とか不具合の改善は、プログラムや作動の電気系統を即座にイメージして、発生した問題の原因をとらえることが重要です。わたしはひとりで問題の個所を見つけたり、解決に当るのは落ちついて取り組めます。入社してからずっと、研究感覚で仕事をしてきました。
 ところが、周りの人がいると、焦ってきて非常な重圧を感じます周りの人の目がとても気になります。そんな筈はないのに自分が何かミスをしたのではないか?何かを指摘されるのではないか?と、オドオドして、やがて頭の中がまっ白になるのです」
 松山健一さんは、大学院時代には、二人の優れた先輩から気に入られて有益な助言をもらえました。先輩の山田八郎さんからは研究資料の見つけ方やインターネットでの検索の仕方を学びました。
 「この分野では、今、誰が最も優れているのかを見つける、その人の研究を初めから読んでたどってみるといいですよ」と言います。その人が見ている位置から研究対象が見えます。その人が気づいた課題も学べます」。
 このアドバイスは松山さんに大いなる自信と明るい勇気を与えてくれました。
 先輩の阿部秀一さんは、英文でのプレゼンテーションをどうおこなうか?の書き方やアピールの仕方をアドバイスしてくれました。「一方的に良い点だけを強調すると、飾りすぎ出来過ぎだと見られます。自分の研究の利点と不足点を明確にして、不足点の改善のメリット解決の仕方提示すると公平性合理性をアピールできます」。
 松山健一さんはこの二人の先輩を師として研究をつづけました。自分でも意外なことにいくつかの企業から高給の提示を受けるほどに高く評価されて熱心に入社を誘われたのです。
 「お客さんの話をしっかり聞かなければならない、後輩が見ている中で仕事をする、上司にも報告の説明をしなければならない、これらのことにとても緊張するのです。
 人が見ているところで質問されると、話されている言葉を次々に忘れます
 話し言葉のところどころしか記憶できないのです」
 松山健一さんは、仕事の中の会話では何か大事なことを記憶できていないのではないか?次々に消えていく話し言葉を、脈絡とか、物語の筋立てを思い浮べるように聞けない、頭の中のイメージにはいくつもの空白が生じて泡が浮んではじけるようだと言っています。相手の話す言葉の音声はたしかに耳に入ってきます。
 話されている言葉の一つ一つが、花、実、葉、枝というように形が鮮明なイメージとして思い浮ばないのです。
 電波の届き具合のよくない場所で携帯電話で話すときに、相手の人の言葉はとぎれとぎれに聞こえます。同じように人の言葉が曖昧で、はっきりしなくなります。
 松山さんは、日本人の男性の多くがそうであるように、丸暗記内扱いの脳の働き方の体験を説明しています。
 日本人の男性は、日本語已然未然の文法であるために、ブローカー言語野・3分の1のゾーン主観の領域で勉強をします。仕事もします。
 男性欲の脳の視床下部の「背内側核」は性の欲の中枢です。
 GnRHという性欲の王者のようなホルモンを分泌します。
 この性欲「空間認知」の機能をもっています。性欲の対象は女性です。
 対象は女性だと分かるように、どんなことでも行動の対象を目、耳、手の五官知覚で「認知」します。
 ですが、「認識」するわけではないのです。性の欲の助成を認知しても、A子さんとB子さんの違いとは?を分かる認識の機能はありません。
 だからひたすら丸暗記して自分行動を立ち上げるしかありません。対象は、女性にしろ、勉強の知識であるにせよ、仕事の知識も何でも、行動することです。行動すれば対象と自分がつながります
 男性の丸暗記の仕方は二通りです。一つは、職人のように技術を丸暗記する。知識を丸暗記して行動を可能にするタイプ。
 もう一つは、人にしゃべる話し方を丸暗記する。行動は二の次おしゃべりという行動を可能にして人に命じたり説明をするタイプ

 松山健一さんは職人のように体の行動だけを可能にするタイプでした。
 これは、人間関係を外扱いにします。人間関係ならどんな関係も内扱いの関わりしかできません。
 丸暗記とは、内扱いそのものです。
 「職場には女性がいます。わたしは女性と話すと頭がまっ白になり、体が震えるくらい緊張するのです。なんで、他の男には彼女がいて、自分にはいないのか、と思うと心の中が苦しくなります。女性を憎む気持ちになります」
 松山さんの女性についてのイメージは、日本の男性の多くが一度ならずとも何度も思い浮べています。憎む、苦しくなるのは、内扱いがつくります。「お前」「貴様」と同じ破壊のイメージです。日本人の父親が、自分の娘に辛く当るのは内扱いの破壊のためです。
 男性が女性を内扱いすると破壊するイメージが思い浮びます。認知バイアスになって「誰でもいい」と壊すイメージが広がるとバッド・イメージといいます。
 宮崎勉や加藤智大などはこの内扱いを認知バイアスにした男性です。行動が止まると認知バイアスは殺害に変わります
 女性は、男性の認知バイアスの認知の仕方を学習します内扱いで暗記するのです。長崎・佐世保事件の同級生殺害の加害者A子(16歳)は、父親から学びました。

 名古屋大学・理学部の女子大生A子(19歳)は、松山健一さんと同じタイプの「男性の認知」のバイアスを学習したのです。

 「わたしは、歌を歌うのが好きです。一人で家にいる時も、歌を口ずさみます。歌を歌わないときは、ひとり言でしゃべります。もうひとりの自分がいて、対話するように質問したり、返事をするのです。会社の仕事中にも頭の中で歌か、ひとり言の言葉を思い浮かべつづけているのです。
 私の父親も、よく一人で歌を歌っていました。
 父親は、母親に怒鳴るような言い方で頭ごなしにきめつけて一方的に話す人でした」
 松山健一さんの父親の認知の仕方は、自分がこう思ったらそうに決まっている(認知バイアス)自分の好きなことは肯定して不快なことは否定する(肯定性バイアス)、です。内扱いがつくり出す日本の男性だけのバイアス思考です。
 松山健一さんは、大学院生時代に先輩にあたる女性から誘われてデートしたことがありました。一年くらいのお付き合いでした。
 「交際はやめましょう」と女性から切り出しました。
 「あなたは、わたしと話をするとき、目も顔も見ていただけないので心細くなりました。右の上か、左の上かのはるか遠くを見ながら話しますね。わたしのことを見ていないのが分かります。話題は、誰かの批難かアラ探しのことが多かったと思います。わたしは自分のことを言われているように罪人のような気持ちになりました」。
 内扱いの認知バイアスは対象について正しく分かることができないことが理由でつくられる思考です。
 長崎・佐世保市事件のA子(16歳)は、このような認知バイアスを弁護士であった父親から学びました。女性の視床下部の視索前野には「認知」の機能が無いので、父親から認知の仕方を学習します。
 もし母親から学んだ女子(男の子も)は、行動が不安定な認知を学ぶことになります。すると、このタイプの思春期の女の子のほとんどが性の対象としての自己つくって交感神経を働かせます。男性の認知を学ぶために性のつくるロマンスに胸を高鳴らせてダイエットやお化粧づくりやファッションに気を配るのです。
 長崎・佐世保市の女子高校生は、「ぼく」と言い、父親を金属バットで殴り、重傷を負わせました。
 父親が嫌いだったのではなくて、内扱いで親しく思い、父親のしゃべることが分からないので父親の話すことや行動をヨソ者扱いにしたのです。殴り、重傷を負わせたのは内扱いの中のヨソ者だからです。
 名古屋大学・理学部の女子大生A子(19歳)も、父親の認知バイアスのおしゃべりと行動の仕方の「認知」を学習しました。
 それは、松山健一さんが一年間だけ交際した女性がお別れの理由にしたように一人でクスクス笑いひとり言のように怒りいつまでもノンストップでしゃべりつづける父親だっただろうと推察されます。
 女性は子どもの頃に松本健一さんが話すような他者の批難を聞くと、これを「認識」として記憶します。丸暗記で憶えること以外のこと全部バッド・イメージの対象として、内扱いで壊すのです。

 名古屋大学の女子学生A子は警察の事情聴取で「なぜ殺したんですか?」と尋ねられました。
 「森外さんが部屋に入ってきたからです」が答えです。そんなことで?と不思議に思うかもしれませんが、これが本当の殺害の理由です。家の中は自分の「内」です。大学受験の丸暗記の勉強も終わったし、あとは壊すだけの毎日になりました。A子は12月になって、大学に休学届けを出していました。
 大学で勉強することを壊したし、次は、親しく内扱いの関係になった森外さんを殺害して壊すしかないなあと思っていたのでした。

 松山健一さんは、女性と話をしてよりよいコミュニケーションをおこなえる前に、職場の中で、どんな人にも正しく伝わる話し方、説明の仕方を学習することが大切だと思い至りました。
 「いつも5W1Hにもとづいて話す。山下秀雄の教えるように相手の列車に乗り、相手が見ている車窓から同じ光景を見て話す。こういうことを真剣に取り組んでみようと思います」。
 日本人の多くの男性は、「自分はこうした」「自分はこう思う」という認知だけを話します。松山健一さんは、認知だけのディレンマに気がついて、こんなに嬉しいことはありませんと語ります。
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍


ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.