谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

母系制とは何か?「動詞の言葉だけをしゃべること」だ。
「しゃべりさえすればいい!!」
(中味はデタラメでもいい)
が女性の「黙契」と「禁制」だ。

クマ江
クマ江さん

ポルソナーレは、約40年間、日本人の病気のカウンセリングをおこなってきた。
カウンセリングの理論を開発して実技もおこなってきた。
脳の働き方(言葉の生成のしくみ)を解明してみると、
日本語和語)の動詞文の生成のしくみが浮上する。
脳の働き方から見た日本人の心身の病気の真実を伝える。

●日本人の女性は分裂病をこんなふうにつくっている

相談の事例
私は口ベタなぜか、いつも人を怒らせてばかり
(高3女子、秋山柿子匿名、17歳)

 私は、家の外に出ると、すごく人見知りをします。毎日、女子校には通っていますが、人見知りをするので、不安がいっぱいの毎日です。

 小学校低学年のころから、まともに口のきけない人間となってしまいました。
 自分と気の合う人なら冗談を言ったり大声で笑いながら話せます
 なんとなく自分とは合わないと感じる人や知らない人の前では、借りてきた猫のようにおとなしくなり、貝のように口を閉ざして黙ってしまいます。いつまでもしゃべりません

 私は中学2年の頃、仲の良かった友人の4人の中の1人とケンカをしました。その後、仲直りをしましたが、高校生になると、中学の頃にケンカをした友人が急によそよそしくなったのです。何かに誘っても用事があるからと冷たく断るようになりました。

 そこでこの中学の頃からの友人の態度の急変を部活の友人に相談しました。
 すると、相談した友人は、中学の頃からの友人が気に入っていなかったらしく、周りの人にどんどん悪口を言って広めたのです。
 中学の頃からの友人に同情した友人の数人が私を呼び出して、あんたは気分屋だ、その場その場で自分に都合のいいデタラメをしゃべると責めました

 高校に入ると、別のクラスの女子生徒からは、その人たちの知り合いのいじめられっ子によく似ているという理由で悪口を言われました。

 私は、変わり者扱いをされています。まともに接してくれる人は少ししかいません。こんなふうな人間関係人間不信になっています。人見知りがひどくなったのです。

 私は「幸せをつかむペンダント」を買って、誰とでも仲良くしたいと思いました。
 この「幸せをつかむペンダント」は全く利き目はありませんでした

 
 

日本の女性ワープロスマホ以前と今の違い

■ここでご紹介している相談の事例は、今の時代のパソコンとかスマホ、デバイス端末が普及する前の時代に書かれた手紙を再構成したものです
 平成がもう間もなく終わろうとしている現在の日本の女性は、中学生や高校生はもちろん、成人した女性も、こんなふうに自分の経験を手で書いて、文章にあらわせる人は皆無です
 誰もが、手で何度も文章を書けなくなっています。印刷された文章を読むこともできなくなっています。
 パソコンやスマホ画面に表示されている文や文章をただ眺めるだけになっています。
 これが現代日本人の女性の「黙契」(もっけい)です。
 「黙契」(もっけい)とは、手、指、足、耳、口しゃべること)の動き行動をあらわすことをいいます。
 黙契(もっけい)は、脳の言語野副交感神経支配の領域にクローズアップ(大写し)のイメージをつくり出すことです。
 「自分はこう思った」の言い方で言いあらわされる主観解釈したデタラメの言葉)がクローズアップです。
 この主観すぐに消えてしまって何の記憶も残さない言葉)が「禁制」(きんせい。共同性の言葉)です。

日本の女性は「行動」すればそれだけでいい、「言葉なんかどうでもいい」と考えている

 もともと日本の女性は、何を分裂病の病気としてきたのか?その分裂病は、どんなふうにつくり出されているのか?をよく説明するのが、ご紹介している相談の事例です。
 ポルソナーレのカウンセリングは、人間の脳の働き方(言葉の生成のしくみ)を徹底して解明していることにもとづいています。
 すると、ポルソナーレだけに分かることは、相談の女子高校生は「学校に行く」「人間関係をつくる」などの「行動」は成り立っていることです。
 しかし人と話したり人の話を聞く、人のことを正しく理解するといった「言葉の能力」は何も無いことが分かります。人とぶつかりケンカする、気に入らない人とは全くしゃべらない、しゃべる相手からは嫌われ脅かされる、といったふうです。

 日本人は、日本語ヤマトコトバ)の動詞文動詞の言葉しか憶えていないので、「行動だけをつくる」という脳の働き方をおこなっています。
 行動にともなって言い表す言葉は「行動の反復、くりかえし」が思い浮べさせるクローズアップ(大写し)を解釈した分裂病の言葉だけです。
 相談の事例女子高校生は、「禁制」(きんせい)という分裂病の言葉いつもしゃべっています。「人見知り」というのはごく普通に、社会的にまっとうな言葉を話す必要のある人間は「拒絶する」という意味です。
 視床下部にある海馬・かいば」の記憶が母親から学んだ禁制の言葉ですこのデタラメ分裂病言葉以外、絶対にしゃべらないと守り、保護するのが「扁桃核です。
 味方好き、嫌い価値を決める働きをしています。

●パソコン、スマホの画面を見ている女性は、正常な思考ができないことを喜んでいる

 テクノロジーの最大の技術のワープロソフトは、ご紹介している相談の手紙を手で書くという「黙契」をプログラム化しています。
 だから、相談している女子高校生のように人見知りで悩んでいます」といった思考上の葛藤は消えてなくなっています
 残っているのは「禁制」というデタラメ解釈をしゃべる分裂病です。SNSネットといった中で表示されている(ぎ)の共同の言葉だけしか思い浮べられなくなっています

 相談の事例の女性は、スピリチュアル現実離れした妄想の言葉で日々を思考しています
 「母親」がマンガ空想、いつも離人症の状態にあって現実逃避のための「動詞の言葉」をしゃべったのでこれを「禁制として憶えているからです。
 これは、今、「スマホ見ながら歩き」とか「ネット依存」「ゲーム依存」というバーチャル禁制)として広く流通しています。

うさ子
谷川うさ子さん
 

関連ページ:日本の男性の病気とは、「言葉」をデタラメに解釈して分裂病をつくること!

関連ページ:母系制とは何か?「動詞の言葉だけをしゃべること」だ。「しゃべりさえすればいい!!」(中味はデタラメでもいい)が女性の「黙契」と「禁制」だ。

関連ページ:日本人の心身の病気とは、母系制がつくる禁制と黙契のことです!

関連ページ:日本の男性の病気。「行動」は、できる。しかし、自分の行動について必ず、デタラメをしゃべる!

関連ページ:日本人の病気のつくり方。「動詞文」の「動詞の言葉しかない脳の働き方」がどんな病気でもつくり、保全しつづける!

関連ページ:テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフト)は、日本人のもともとの病気を増幅して、完成させています! 日本人の病気とは、「母系制」の実体「動詞文をしゃべること」です!

関連ページ:パソコン、スマホ、デバイス端末の「ワープロソフト」で日本語をあらわすと、分裂病しかしゃべれなくなる

関連ページ:日本人の精神の病気は「母系制」の母親の動詞文の言葉がつくる

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.