谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

パソコン、スマホ、デバイス端末をいつも触ったり、
画面を見つづける女性の心・精神の病気。
男性よりも重症になっているのは、なぜなのか?

クマ江
クマ江さん
日本精神神経学会」の調査では、
調査対象者の約40%ネット依存症だ。
この中で性はよりも症状者が多い
睡眠不足性は、1・5倍
注意欠陥行動性は2・7倍」、
抑うつ症状性は1・24倍
不安症状の1・43倍」だ。
女性の心・精神の病気はこれからどうなる?

《女性の心・精神の病の事例》(16歳、女性、高校生)

 わたしは、女子高校生です。
 クラスには男子もいます。
 中学生から高校生になった今まで、ずっと悩んできたのは、「人との接し方」です。
 いつ笑えばいいのか?いつ怒っていいのか?その場その場で人との対応の仕方が分かりません。
 話している最中に、相手のわたしを見る目がパッと変わることがあります。
 その場を楽しくしようとすると、バカみたいにはしゃいで騒ぎすぎて一人だけで笑ったりペラペラとしゃべりすぎたり、言っていい言葉言ってはいけない言葉区別がつきませんしゃべりすぎると自分だけが気分よくなるので、相手から嫌われているなと気がつくことがしょっちゅうです。わたしは、人に嫌味を与えないように適度に自分を出していく話し方が分りません。

 わたしは、人に話すときのタイミングが分からないのです。
 人は、話しかけられ嬉しい時と、迷惑な時があると思うのですが、わたしは、人が迷惑な時ばかりに話しかけます。その原因は、自分の都合のいい時ばかりに話しかけるからだと思います。
 自分は、人の心がよく分からない、自分は自分の感情をコントロールできない良く思われようとウソっぽいことを言って気取るクセがあると思っています。

 子とは「何をつまらんことを言っているんだ、この女」と思われているようで話したくありません。男子にも何か話さないと黙ってばかりいる嫌われそうで怖いんです。
 今も、何か、悪口を言われているようで、人に順応できない自分を情けなく思っています

 
 

●女性の心・精神の病気のつくられ方

 相談の事例は、女子高校生だ。
 中学生思春期立ち上がりから思春期まっただ中での悩みだから、大人になった今、こういう悩みを目にすると、「思い当ることがある」と思う人もいるだろう。日本人の女性は、成人して大人になって、中高年になってもまだ続いている悩みだ
 治そうとか、改善しようとは思えないくらい悩みの症状はもっと悪化している女性も多い
 治そうと思う年齢は、まだ現実が見えていなくて、悩みの経験が少ないので、病気そのものの症状が「行動」を止めていないのだ。
 これが、恋愛とか、友人関係とか、社会の中で働くとかの経験が増えると、「もう、何をやってもダメ」という「行動の侵蝕」が起こる。
 人としゃべらない家の中引きこもるネットの中を(ぎ)の社会錯覚して悩みあっても、「行動」に苦痛神経症状感じない分だけだ」「安心だ」「快適だ」と喜んでいる女性も多い

●日本の女性の心・精神の病気は交感神経が働いていないことが原因

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミをとおして気がつくことは、日本人の女性心・精神の病気は、脳と身体は、自律神経の「交感神経」がどこでも働いていないことに原因と理由がある。交感神経が働いているのは、せいぜい「手足の動き」(行動)だけだ。
 視床下部性の欲の中枢視索前野)がそもそも副交感神経中枢だ。
 「食べる欲」(副交感神経)にすぐ走りやすい。「性の欲」も、「生殖としての性」はピンときても、「対幻想」(性を媒介にした人間関係吉本隆明)は、副交感神経のつくる「言葉」しか知らないので、デタラメになるのが普通なのである。

 「相談の事例の女性は、人と話せないと言っています。自然に自分を出せないとか、気がつけばはしゃぎすぎ一人しゃべりつづける、気がつけばひとりで笑いつづけておもしろがる、目の前の人間から嫌われているのに気がつく、という行動上に出てくる病気を悩みとしています。
 日本語(和語)は副交感神経だけで成立している言葉です。
 す、く、聞くというのは聴覚のしくみがつくります。
 この聴覚副交感神経の働きがつくります。
 脳の言語領域交感神経全く働いていないのが、日本人の女性脳の働き方です。ここが男性と決定的に違うところです。
 脳の中で交感神経視覚)が働いていないので、A6神経が作用する扁桃核好き、嫌いしゃべれても、しゃべる、聞く、見るという行動の対象人間も、仕事も、勉強も何も見えていないのです(視覚の「感覚」は働いていても、「知覚」は全く働いていないというしくみのことです)。
 だから、いつ話していいか分からないし、話すときは、自分ひとりだけしゃべりつづけ相手不在相手疎外相手無視……いつの間にか孤立孤独の中で目や耳の障害をあらわすのです」(熊野クマ江さん)。

●「ワープロソフト」は、女性の病気を三つの病理パターンに変異させる

 パソコン、スマホ、デバイス端末の画面を見る、文字、文を入力して発信する(通信)のは、脳の副交感神経しか働いていない
 人間の顔についている「」の感覚交感神経完全に止まる
 すると女性の病気は、A6神経聴覚の「記号性にだけむすびついて、果てしなく「記号性を経験とする」言葉喪失の病気になる

もしくは、生化学物質アセチルコリンセロトニンプロスタグランジン)のつくる悪感情現実対象否定する言葉をしゃべるLINEとかメールとか、SNSとかだ。もう一つは、もともと言葉の能力が欠落していたので精神分裂病をつくり、自分か、身近な人間破壊するか、だ。
 対策を教えるのは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけだ。

うさ子
谷川うさ子さん
 

関連ページ:パソコン、スマホ、デバイス端末をいつも触ったり、画面を見つづける女性の心・精神の病気。男性よりも重症になっているのは、なぜなのか?

関連ページ:テクノロジー時代の男性の心・精神の病。これからどうなっていくのか?

関連ページ:テクノロジーは、人間の脳の働き方を精神異常に変える理由としくみ

関連ページ:テクノロジー状況とは、「ワープロソフト」がつくる新しい精神疾患の状況のことです

関連ページ:テクノロジー状況の中の人間の脳に起こる問題とは、人間の脳の中から言葉の生成の能力がいっさいがっさい消えて無くなることです!

関連ページ:テクノロジーは、人間の脳の働き方の視覚のしくみ、聴覚のしくみのそれぞれをプログラム化しています!

関連ページ:ワープロソフトを使って言葉、文を表示させると、言葉の能力はもちろん、ものを考える能力があっという間に無くなる!

関連ページ:「フェイスブック問題」の本当の問題とは、脳の視床下部がつくる「性欲」と「食欲」をコントロールして操作していることである!

関連ページ:「ワープロソフト」は、人間の脳のつくる病気をガチガチに固めて塩漬けにする。

関連ページ:「ワープロソフト」が、ネット依存、ゲーム依存をつくり出す!

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.