谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

テクノロジーは、人間の脳の働き方
の視覚のしくみ、聴覚のしくみの
それぞれをプログラム化しています!

クマ江
クマ江さん
今回の谷川うさ子王国物語パート・7(セブン)、
第4ヵ月めのカリキュラム
は、
医療支援ロボット・ダヴィンチ」と
フェイスブック」(SNS交流サイト)だ。
者は、人間の脳の働き
視覚のはたらき」をプログラム化している。
者は、「聴覚のはたらき」をプログラム化している。
人間の脳にとって前門のトラ」「後門のオオカミ
というテクノロジー状況が発生している。
 
 

●日本人の脳の働き方とはこういうものです

 スマホ、パソコンが普及する前日本人は、日本語動詞文)のものの考え方で脳を働かせていました。
 「動詞文」というのは、副交感神経がつくり出します。
 パソコン、スマホ、デバイス端末の「画面」を見る」は、副交感神経視覚の働きで表示された「言葉」「文」「文章」を見ます。

 脳の働き方をつくる視覚の「交感神経」が働いていないということは、ただそれだけで脳の中に病理の言葉やイメージを生成する理由になります。

 それでもパソコン、スマホ、デバイス端末が「誰でも一人一台ずつ所有している」という状況になる前は、人間の手足を動かす身体とつながる「」の交感神経働いていました
 だから、「手で文章を書く」「交感神経の働く視覚で本や新聞や雑誌を読む」ということができていました。

交感神経副交感神経の意味

 脳の働き方からみると、目の働きをつくる交感神経は、「感覚の知覚」(吉本隆明による)といって、「空間性」を知覚します。
 誰もが知るように身体交感神経働きは「代謝」と「エネルギー供給システム」をつかさどるので、「交感神経全く働かない脳の働き方」は「血流障害」を発生させます。がんアレルギー自己免疫疾患の原因になります。
 「言葉の能力」の面を見ると、「動詞文」なので「名詞を話さない」「抽象名詞言葉が分からない」という異常が、病的な言葉や行動普通につくり出します 

 大野晋吉本隆明日本語(和語の説明をみると、日本人は常にデタラメをしゃべり、虚偽の言葉だけを話してきていることが分かります(注・『日本語の文法を考える』(岩波新書)、『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)が参考文献です)。

 大野晋は「品詞の転成」のしくみを説明しています。
 吉本隆明は、「黙契」や「禁制」という擬の共同性擬の対幻想を説明しています。

●日本人の脳の働き方の「内扱い」と「外扱い」の働き方

 日本人の使う日本語(和語)は、明治になっても、「名詞文」「抽象名詞文」を取り入れようとはせず、「ひらがな中心」「音読みにたいして訓読みどんどんつくる」「英語などの言葉をカタカナに変えて記号化する」「英語の言葉の名詞記号としてそのまま使う」ということを拡大してきました。

 これは、動詞文のもつ時間性の意識が「外扱い」と「内扱い」という自己中心の脳の働き方をつくり、「空間性壊す」「空間性に対してイバる」「空間性作為(ぎ)……内扱いによる『愛狎』『軽蔑』『侮蔑』で扱い、殺害する」という脳の働き方もとづいています。

ワープロソフトの「活字体」が日本人の脳の働き方をどこまでも異常にする

 パソコン、スマホ、デバイス端末は、「画面を見る」は副交感神経が働いて「見る」のです。
 副交感神経の性質は「固定化する」「静止する」「固まって動かない……不可逆的である」というものです。
 すると、日本語(和語)の動詞文の「副交感神経」がつくり出していた「離人症状態」(現実が見えない)、「短期記憶」(ルールきまりすぐに忘れる全く憶えられない)、「記号化する」(妄想をはじめ、幻聴幻覚をつくる)などを、これらの一切合財を「画面」に見る、という状況に変わるのです。
 しかも、「ワープロソフト」は「活字体」なので、病気に「擬の社会性」を支えています。
 だから、現実に対して、「自分の病的な言葉が正しい」というしゃべり方ものの考え方毎日、まきちらしています

●ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ

 今回の『谷川うさ子王国物語』パート・7、第4ヵ月めは、このようなテクノロジー状況の根拠としくみについてレクチュアしています。
 ゆいいつ、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが明らかにしているテクノロジーの実体です。
 ご自身と周りの人々の健康のためにお役立てください。

うさ子
谷川うさ子さん
 

関連ページ:テクノロジー状況とは、「ワープロソフト」がつくる新しい精神疾患の状況のことです

関連ページ:テクノロジー状況の中の人間の脳に起こる問題とは、人間の脳の中から言葉の生成の能力がいっさいがっさい消えて無くなることです!

関連ページ:テクノロジーは、人間の脳の働き方の視覚のしくみ、聴覚のしくみのそれぞれをプログラム化しています!

関連ページ:ワープロソフトを使って言葉、文を表示させると、言葉の能力はもちろん、ものを考える能力があっという間に無くなる!

関連ページ:「フェイスブック問題」の本当の問題とは、脳の視床下部がつくる「性欲」と「食欲」をコントロールして操作していることである!

関連ページ:「ワープロソフト」は、人間の脳のつくる病気をガチガチに固めて塩漬けにする。

関連ページ:「ワープロソフト」が、ネット依存、ゲーム依存をつくり出す!

関連ページ:テクノロジー状況の本質は「ワープロソフト」にある!! 脳の言葉の生成の働きを消滅させて、依存症をつくる!人間を完全に痴呆化して要介護状態にする!

関連ページ:メールでも仕事の中の文書入力でも、メモ、原稿なしでいきなり言葉でも文でも文章でも入力すると、言葉はもちろん、思考能力をなくして脳の言語野が空洞化します!

関連ページ:痴呆症(認知症)とは、現実にむすびつく言葉を言えないことだという。

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.