谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

スマホ、パソコンの「画面」は「聴覚」が見る!

クマ江
クマ江さん
人間がものを見るのは、
視覚」だけが見るのではない。
聴覚」も「見る」。
スマホ、パソコンの「画面」は
聴覚だけが見る

このことを正しく理解できれば、
人生の大半の病気は防げる。
 
 

スマホ、パソコンの画面を「見る」ときの脳の働き方を教えます!

 人間がものを「見る」のは、視覚の働きだとは、長い間、世界の常識になっている。
 どんな専門書にも書いてある。
 だが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、「人間がものを見るのは目の視覚の働き」という常識を根こそぎひっくり返す
 「ヘーゲルというドイツの哲学者のことは、誰でもよく知っています。
 このヘーゲルが『精神現象学』(平凡社)の中で言っています。

 『今、見た』といっても、その』は、『見た時点からすでに時間が経過している』のことである、と。
 すると、『見る』というのは、視覚感覚の知覚と、『見たこと記憶していて記憶したイメージを見た』と言い表していることになるのです」
 (ポルソナーレのカウンセリング・ゼミの説明)
 そこで欧米人は「見る」ことを時制で言い表すようになった過去形現在形未来形のことだ。
 しかし、日本語には、時制は無い
 助動詞の「」「だった」「だろう」などで、推測可能気づきなどを言い表して現在」「過去」「未来」の代用表現にしている。

●日本人はもともと「現実」を見る能力が無かった。その矛盾が今、爆発している!

 「日本人の心・精神の悩みは、『時制』で言い表わされる現実との関わり曖昧であることにきっかけがあります。
 中学生の頃のいじめられ経験20代、30代になって昨日のことのよう思い浮び、このいじめられたイメージ知覚神経に作用して怒りとか悲しみとか恨み感情つくり出すので、10年前のことでも昨日のことのよう思えるんですよ」
 (ポルソナーレ、カウンセリング・ゼミのレクチュア)

 10年前いじめでも、告白できなかった恋愛でも、そのイメージは「聴覚」がつくり出すのである。
 ちなみに、「視覚」とは「遠くを見ること」「色の刺激受容すること」だ。
 視覚働きは何か?というと「」をつくることだ。ただし「視覚だけがつくるイメージ)」をつくるのである。視覚だけがつくるを「ゲシュタルト形態」という。いくつものパターンをに形づくるのである。

●なぜ、日本人は、ウソでもデタラメでも、人が聞いていようといまいと、ひたすらしゃべりたがるのか?

 人間には、があるので、脳の働きは「視覚の働きから始まるのである。
 人間は、自分が「見たこと」や「見ていないことでも言葉にしてしゃべらずにはいられないのを特性にしている
 本当のことも、のことも、病気のことも、自分ののこともとにかくしゃべらずにはいられないのが人間なのである。このしゃべるというのは、「右脳・虚像」に思い浮んだイメージ「言葉」になるのである。
 「人間というのは、しゃべらずにはいられないことを脳の働き方の特質にしているのです。
 本当のことも、のことも、知的に正しいことも、強迫観念のことも、内容が良くても悪くてもデタラメでも本当でも、そういうことはどうでもよくて、ただひたすらしゃべることをつくるのが『聴覚』なのです」
 (ポルソナーレのカウンセリング・ゼミのレクチュア)
 脳の働き方から見ると、「視覚」が見たゲシュタルト形態を、「聴覚」が「どれを見るのか」「どのように見るのか」「何を見るのか」を選んで特化して、それに集中して「見る」ことを行う。

●人間がものを見るのは、聴覚が見たものを「見た」と了解するのである

 このときの「聴覚のイメージ」は、『右脳・虚像』に思い浮ぶ表象するというのである。
 『右脳・虚像』は「聴覚」がつくるイメージ思い浮べ

 『右脳・虚像』は、「聴覚」がつくるイメージ)を思い浮べ
 聴覚ゲシュタルト形態の内容の思い浮べる。『左脳』の「言葉」「言語」とつなげれば言葉。言語の意味になる。「意味」とは国語辞典に書かれている「意味」と同じことである。「言葉の意味」のことだ。

 だから、「目で見る」ことの脳の部位の「右脳・実像」の「視覚感覚の知覚」の「見ること」にも影響と作用を及ぼす
 こういう不思議なしくみ自律神経の働きによるのだ。
 「見る」(視覚)は交感神経散瞳)、「見た」(聴覚)は副交感神経縮瞳)というものだ。視覚聴覚相互関係をもっている。「共時性」という。

●あなたは、この脳の中の「聴覚」の働き方と、そのしくみを理解できるか?

 人間の脳は、「イメージをつくることを特質にしている。
 かくべつ「視覚」だけが「イメージ」をつくり出すのではない
 視覚視覚のイメージ)をつくる。聴覚は、視覚くっつくときは「」(イメージ)をつくり、聴覚」だけが単独で働くときは「形象・記号、文字、数字」のイメージをつくるのである。

スマホ、パソコンの画面は、あなたを廃棄物に変え、やがて廃人にする。そのメカニズムを説明する

 さて、「スマホ」「パソコン」の「画面を見る」についてだ。
 何ごとも、理論と知識が無ければ、事態は悪くなる一方だ。それが人間社会を生きる法則である。
 「スマホ」「パソコン」の画面は、一見すると目の視覚感覚の知覚)だけが「見る」をおこなっていると思われている
 しかし、それは、「高所恐怖症」「閉所恐怖症」を見ても分かるとおり、「高い所から下を見る」「狭い部屋から部屋の外を想像することの恐怖内容の「現実」にたいしての「視覚の知覚の働き方のことだ。「高所恐怖症」の「地上を見る」ことが遮断されれば「高所」も快楽場に変わる
 それが「スマホ見ながら歩き」だ。
 会話のときも「スマホ画面を見る」ことだ。家の中でパソコンを立ち上げて一日中トイレ食事入浴以外、は快楽園に変わった「画面」を「見ること」だ。
 これは、「視覚」の機能媒体という)を借りて、「聴覚」が「右脳・虚像」に表象させたイメージ)のとおりの内容を「画面」に見ている。
 「画面」は「聴覚」がつくった形象)のイメージ見合うものを供給元から「情報通信」のサーヴィス綱を通して届けさせているのだ。
 「視覚」(ゲシュタルト形態)が働いていないので、極楽に変わった高所」(屋上)の中で快楽ドーパミンで『右脳・虚像』をバラ色の光景に変える

●ここでレクチュアしていることが、理解できるかどうかが、「ゴミ人間」「廃人」の分岐点

 サラリーマン(働いている人)は、「スマホ」「パソコン」を「見ながら生活」を行う。「バーチャル高所恐怖」は「バーチャル高所快楽」に一変する。「バーチャル精神病棟」と同義だ。
 やがてニート状態(休職とか)に陥る。すると「右脳・虚像」は「バーチャル閉所恐怖症」(バーチャル強制快楽収容所)に変わり、これを「スマホ」「パソコン」の画面に見るのである。「自分」を「廃棄物」から「廃人」に変えるのである。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:スマホ、パソコンの「画面」は「聴覚」が見る!

関連ページ:テクノロジー時代の今、「右脳・虚像」が遊園地に変わり、快楽園に移行している人々。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが解明した「スマホ」「パソコン」の画面がつくる新しい脳の働き方の異常
関連ページ:「スマホ」「パソコン」の画面は、日本人の心・精神の病を隔離する。「措置入院」と同じ働きをつくり出す。

関連ページ:「スマホ」「パソコン」の「画面を見つづけること」は、人間の身体の生命と人生も短縮する

関連ページ: 「座間市事件」「日馬富士引退事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづけること」がつくり出した。人生も生命も短縮する脳の働き方の事件である。

関連ページ:「富岡八幡宮、弟による姉殺害事件」は、「3番目の妻」が、「夫・茂永容疑者」に「姉殺し」の強迫神経症(根源悪・カント)を表象させたことが原因です!

関連ページ:「大相撲・元横綱日馬富士引退事件」がケーススタディです。日本人の「スマホ」(パソコン)の画面を見るときの脳の働き方の異常のしくみを説明します!

関連ページ:「日馬富士」は、「スマホ」の画面を見つづける強迫神経症で引退させられた。スマホの画面を見つづけると「強迫観念」と「強迫神経症」が深化して人生の時間も短縮する理由とは

関連ページ:「座間市事件」が伝える緊急警報。「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」人は「強迫観念」をつくって「強迫神経症」をあらわしている。男性のスマホ(パソコン)を見つづける「強迫観念」「強迫神経症」とはこういうものです!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起。加害者、被害者ともに「強迫神経症」である。スマホ(パソコン)の「画面」が身体の「生きられる時間」を短縮した!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起「座間市事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」ことがつくり出した

関連ページ:『座間市事件』(平成29年10月31日発覚)の教訓と問題提起は、「スマホ」(パソコン)を「見つづけること」は、誰でも強迫神経症をあらわす、ことです!

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.