谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「座間市事件」「日馬富士引退事件」は、
「スマホ」(パソコン)の
「画面を見つづけること」がつくり出した。
人生も生命も短縮する脳の働き方の事件である。

クマ江
クマ江さん
座間市事件」(平成29年10月31日)と
大相撲・元横綱日馬富士引退事件」(平成29年10月25日)は、
どちらも「スマホの画面を見つづけたこと」が発生させた
日本人の脳の働き方人生も生命も短縮するモデルである。
 
 

●日本人の動詞文は悲惨!「スマホの画面」を見る弊害見ないフリをしている

 「スマホ」(パソコン)の画面を見つづけと、見つづけている人明らかに異常を発生させている。このことは、誰もがよく知っている事実である。
 「スマホ見ながら歩き」「人と話している最中に、スマホを取り出して無意味に画面を眺める」「人と会話をしているのに、スマホの画面に視線を向けつづけてしゃべっているけど相手の顔は見ない」などだ。
 「ゲーム依存症の人は、パソコンか、スマホの画面1日10時間見つづけている人もいる」、「学校から帰宅した女子高校生で、食事入浴以外は、スマホの画面を見つづけている女子もいる」、といったふうだ。
 この「スマホの画面を見つづけること」の脳の働き方つらなりカテゴリー)に「座間市事件」「日馬富士引退事件」がある。

●知っている人だけが得する!スマホ(パソコン)を見る脳の働き方のしくみ

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、現ゼミ生の皆様のお力添えをいただいて、「スマホの画面を見る」(パソコンの画面を見ることもとは、一体、どういうことをいうのか?どういう脳の働き方がおこなわれているのか?また日本人の場合どういう異常な脳の働き方をつくり出しているのか?について一緒に考えて明らかにした。

 「スマホの画面を見る」「パソコンの画面を見る」というときは、人間の「」の働きのことをいう。
 「」とは「視覚」のことだ。

●目の働き方「感覚の知覚

 今、ここにリンゴの赤い実があるとする。このリンゴを目で見たときの「見る」を「感覚の知覚」という。「感覚の知覚」は、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』徳間書店)で説明している。

 目を開けて見ればリンゴが目に入る。目を閉じればリンゴは見えない。また目を開けるとリンゴの赤い実が見える。目を開ければリンゴを見る、目をつむるとリンゴは、見えなくなる。
 この「感覚」の「知覚受け取ったり遮断して見えなくするというのが「感覚の知覚」である。
 生理的に見るというのが「感覚」だ。光や色の刺激受容するのが「知覚」である。
 この見える見えないという脳の働きは、右脳の『実像』という部位でおこなう。

●日本人が知っておくべき「目の働き方・感覚の知覚

 「感覚の知覚」の性質は、「遠くのものを見る」ということだ。
 「遠くのもの」とは、「背景」とか「状況」のことだ。朝、窓のカーテンを開けて外の景色を見るというときは「遠くのもの」(状況、背景)を見ている。
 「遠くのものを見る」とは、自律神経交感神経の働きによる。「散瞳」という。
 目や耳の知覚を働かせる交感神経は「Y経路」という。
 「Y経路」については、大脳生理学の本に書いてある。

●初心者必見!人間の行動は「性の欲」がつくる「行動の意識」

 ところで、人間が行動を起こすのは、視床下部の「欲の脳」である。とくに性の欲」が人間の行動を生成する。このことは、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』所収)に、「対幻想」と「共同幻想」の生成のしくみは「性の欲」がつくるとくわしく説明している。

 「男性の性」と「女性の性」は、視床下部の中で、前者が「背内側核」、後者が「視索前野」と異なっている男性の性欲中枢は「交感神経」の中枢である。
 女性は、副交感神経中枢である。この交感神経副交感神経違いが「母系制」の根拠になっている。
 この女性と男性の脳の働き方の違いが「座間市事件」の加害者動機被害女性(複数)の殺害された原因つくり出している
 欲の脳の「視床下部」で耳も)の「行動」をつくり出すのは「外側核」と「腹内側核」である。
 「性の欲」は、男性も女性も、人間社会の中で行動するための「行動」をつくる。だから、幼児高齢者も、行動のためには、「背内側核」(男性)、および「視索前野」(女性)のつくる行動の仕方病気か、それとも健康か違いとなってあらわれるのである。

●知っておくべき!性の欲と「目の働き方」の関係の驚くべきメカニズム

 男性は、家の外性の欲の対象を志向する。この性の欲」のつくる行動はどういうものか?を決定するのが「外側核」である。
 外側核は「食べたい欲」の中枢である。だから、性の対象とか、社会とか、およそ現実というものを「遠くのもの」と認知する。
 の「感覚の知覚」のY経路交感神経)の働きとむすびついている。
 欧米人は、この「外側核」によって「S+V+O+C」の「」「」の思考をつくってきた
 日本人は、「外側核」で「外扱い」という認知と思考の仕方をつくってきた。
 欧米人日本人のこの違いは、何か?というと、日本語は「動詞文」であるからだ。
 「」「」とは、「名詞」「抽象名詞」「形容詞」のことだ。ただし、概念としての名詞抽象名詞のことである。日本人が心身の病気を予防したり改善するために必要な知識である
 日本語の動詞文の「動詞」とは「已然」「未然」といわれているように、自分にとっての行動(見ること、聞くこと)の言葉」しかない
 日本人が「名詞」「抽象名詞」と思い込んでいる言葉は、「偽」(ぎ)の名詞抽象名詞形容詞のことだ。「品詞の転成」や「訓読み」や「日本式の漢字、漢語」で言い表わされる名詞抽象名詞形容詞のことである。
 だから英文の「S+V+O+C」の「」「」は無い
 無い」が「外扱い」(近づかない)の本質なのである不登校ニート原因である。

●日本人が知っておくべき「」「」のカテゴリーの内容(ゲシュタルト形態

 では「」「」とは、何のことか?「ゲシュタルト形態原理」のことだ。
 「統合原理」(ものごとをグループとして認知する。ゲシュタルト統合という。視覚配列など)、「動きのプラグナンツ」(論理性規則性対称的知覚)、「類似性」「三次元の表象」などが「ゲシュタルト形態」である。
 これらは全て目で見る」という「知覚」がつくり出す
 このゲシュタルトの形態を「認知する」のが「知覚の認知」である。「近くを見る」という「縮瞳」がつくり出す。「縮瞳」は副交感神経の働きによる。目の視覚神経では「X経路」という。「X経路」は、「近くを見る」(自己と接触している近くのことである)から「S+V+O+C」の「」「」を表象する。「自己」と自己「行動」の表象だから「主体」というのである。
 英文では「X経路」が「S+V+O+C」を完成する(『虚像』でモラル表象する)。
 日本語では、「已然」と「未然」の「動詞文」を完成する。

●「スマホ」「パソコン」の画面を見るだけじゃダメ!脳の中の「視覚」と「聴覚」のきわめて人間的な関係

 「S+V+O+C」の「」「」は「」「」にたいして何をするのか?というと「」「」にとって「」「」はカテゴリーである。「述語」という。ふつうにいうと「説明」のことだ。
 「説明」とは「分かる」(認識の元)のことだ。
 だから、この「X経路」とは「聴覚」のことである。
 目で見る」とは、「聴覚」が「視覚」を「分かる」ことをいう
 「聴覚」とは、単に音を分かるというのではない。「伝える」「説明する」「記号性を表す」のが「聴覚」の本質である。
 「モールス信号」を見ればよく得心される。
 「聴覚」は、「視覚のゲシュタルト」の形態の統合規則性類似性という「概念を認知するのである。
 「スマホ」の「画面」を目で見るとは、「X経路」の聴覚によって「視覚が知覚したゲシュタルト形態の『概念性』を表示させる」ことをいうのである。

スマホ、パソコンだけじゃ危険!人間としての判断力説明力思考の能力全てを崩壊させる「画面を見ること」

 「スマホ」(パソコン)の「画面」を「見る」とは、「聴覚」(X経路)による「表示」のことである。
 「スマホ」(パソコン)ではゲシュタルト形態を「見る」という脳の働き方は無い
 ここが「テレビを観る」「映画を視る」「写真を見る」の「見る」とは決定的に違うところだ。テレビも映画も写真にも、「目で見る」のY経路ゲシュタルト形態)が対象として存在する。「」「」を「見る」のだ。
 しかし「スマホ」(パソコン)の画面は、「検索」という言葉があらわすように、「自分が見たいもの」を選び、特定化して表示させる
 この「検索」を、日本人は「調べる」とか「検索をかける」という言い方をする。
 「」「」(ゲシュタルト形態)を無い、もしくは否定的にとらえる言い方日本人の「ネットで調べる」「ネットに検索をかける」という言い方である。
 「」「」(ゲシュタルト形態)を「外扱い」で無いとする近づかないので思いつきの言葉で言い表すことを主観という。
 主観とは「法則性」「規則性」が無いということだ。
 こういうものを「検索をかけて、調べて表示させる」ので「スマホ」(パソコン)の「画面を見る」(聴覚一辺倒の表示)である。

スマホ画面見つづけは「目で見る視覚の障害」が起こり、次に「耳で聞く聴覚の障害」が起こって生きる屍(しかばね)になる

 この脳の働き方は欧米人同じだ。日本人は、もっと極端な「聴覚一辺倒」の画面の見方になる
 だから、日本人が「スマホの画面を見る」とは、「ゲシュタルト喪失」の「視覚障害」と、人の話社会の言葉全く聴こえなくなる聞いているフリをするという言葉の不明の「聴覚異常」(強迫観念妄想が、バーチャル視覚+聴覚として表示される)を「画面」に表示させる
 日本人は自らのもつ強迫観念と一致する言葉」を「調べる」、「検索にかけて、これを聞く(見る)」のである。

 平成29年12月28日の日本経済新聞の一面に、日立製作所会長、中西宏明がインタヴューに答えてこう語っている。
 「人工知能AI)は人を幸せにする。技術革新は製品の価格を下げる、誰にも使える世界を生み出す。パソコン、スマホがそうだ。仕事、余暇の選択肢が増えるメリットが大きい」。
 この発言は、スマホ依存症ゲーム依存症学校にも社会にも出ない若い世代の人々の前で、なおも同じことを言えるのか?という問題をはらんでいるのである。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:「富岡八幡宮、弟による姉殺害事件」は、「3番目の妻」が、「夫・茂永容疑者」に「姉殺し」の強迫神経症(根源悪・カント)を表象させたことが原因です!

関連ページ:「大相撲・元横綱日馬富士引退事件」がケーススタディです。日本人の「スマホ」(パソコン)の画面を見るときの脳の働き方の異常のしくみを説明します!

関連ページ:「日馬富士」は、「スマホ」の画面を見つづける強迫神経症で引退させられた。スマホの画面を見つづけると「強迫観念」と「強迫神経症」が深化して人生の時間も短縮する理由とは

関連ページ:「座間市事件」が伝える緊急警報。「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」人は「強迫観念」をつくって「強迫神経症」をあらわしている。男性のスマホ(パソコン)を見つづける「強迫観念」「強迫神経症」とはこういうものです!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起。加害者、被害者ともに「強迫神経症」である。スマホ(パソコン)の「画面」が身体の「生きられる時間」を短縮した!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起「座間市事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」ことがつくり出した

関連ページ:『座間市事件』(平成29年10月31日発覚)の教訓と問題提起は、「スマホ」(パソコン)を「見つづけること」は、誰でも強迫神経症をあらわす、ことです!

関連ページ:「座間市・9人殺害遺棄事件」がケーススタディです。この事件の本質は、日本人の脳の働き方の異常が 「スマホ」(パソコン)を「見る」「聞く」行動で増幅したことにあります!

関連ページ:「座間市・9人殺害遺体解体事件」で殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常を説明します

関連ページ:神奈川県座間市・9人殺害、遺体遺棄解体事件」の白石隆浩容疑者の脳の働き方の異常。脳の働き方から見た動機は、「人前ではよくしゃべる。人が書いた字は読めない。人前で字を書くと手が震える人」と全く同じである。

関連ページ:「座間市・9人殺害・遺体遺棄事件」・白石隆浩容疑者に殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常とは?「顔が赤くなる」「人がウワサしている」をつくる脳の働き方の異常と共通している

関連ページ:「座間市・短期間連続強姦殺人・遺体解体事件」と「人の目が気になる」「手が震える」と共通する脳の働き方の異常

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証明する日本人の脳の働き方の異常とは、「現実が見えない」「人の話す言葉が聞こえない」!

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証言する日本人の脳の働き方の異常とは、「社会」「現実」が見えない、聞こえないこと!!です

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.