谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「座間市事件」が伝える緊急警報
「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」人は
「強迫観念」をつくって「強迫神経症」をあらわしている。
男性のスマホ(パソコン)を見つづける
「強迫観念」「強迫神経症」とはこういうものです!

クマ江
クマ江さん
座間市事件」(平成29年10月31日発覚)は、
スマホ」(パソコン)の画面
しょっちゅう「見る」という
強迫観念強迫神経症
つくり出した事件だ。
ポルソナーレだけが
日本人の脳の働き方言葉の生成のしくみ
から説明する。
 
 

●「座間市事件」の教訓と問題提起

 「座間市事件」(平成29年10月31日発覚)は、「スマホ」(パソコン)の画面をしょっちゅう見つづけることへの警報つよく鳴らしている
 「画面を見つづけるときの視覚が知覚した像」は、強迫観念である。また「画面を見つづける行為、行動」は、強迫神経症であるというのが緊急の警報の内容だ。

●「日馬富士」暴行事件は「スマホ見ながら歩き」が原因

 強迫観念強迫神経症のわかりやすい事例をあげる。
 大相撲の元横綱・日馬富士が、幕内貴ノ岩に暴力を加えたことが原因引退した。
 いきさつは、こうだ。
 10日25日夜、モンゴル力士らが集まって酒飲み会をおこなった。一次会、二次会がおこなわれた。
 一次会で、横綱白鵬関が貴ノ岩に説教した。白鵬は、二次会でも貴ノ岩への説教をつづけた。元大関照ノ富士を加えた2人に説教をつづけた。
 この時、貴ノ岩は「スマホ」をいじっていた。そして「彼女からのメールです」と苦笑いした。
 白鵬が説諭している最中に「スマホ」の「画面」を見つづけている行為に日馬富士が激高した。
 「謝れ」と平手で十数回殴った
 ここで貴ノ岩が日馬富士をニラミ返した。日馬富士はエスカレートしてカラオケのリモコンで貴ノ岩の頭を数回、殴打した。
 その後、シャンパンボトルをつかみ、脅すつもりで振り上げた。
 ビール瓶ではなかった。
 手から滑り落ちた。
 ここでようやく白鵬が「モノを持ってやってはいけない」と止めに入った

 日馬富士は、日本酒を飲んでいた。泥酔はしていなかった
 馬乗りになったり、物を投げたりすることもなかった
 貴ノ岩は、頭部を医療用ホチキスで縫う裂傷を負った。
 「夕刊フジ・編集委員、久保武司」の話。
 「そもそも白鵬が酒席で説教を始めたことが全ての発端である。日馬富士は、白鵬の気持ちを忖度(そんたく)した。白鵬になりかわって手を上げたつもりだったのだろう。
 白鵬が説教を始めなければ、日馬富士の暴行引退なかった
 この暴行問題において、白鵬の立場は単なる同席者ではなく、当事者に近い。
 日本相撲協会・危機管理委員会の高野利雄委員長(元・古屋高検検事長)の話。
 「暴行があった夜の一次会の終盤。まず白鵬が貴ノ岩の日頃の言動をとがめて、説教した。
 日馬富士は、貴ノ岩をかばったその場を収めた」。
 当初、伝えられていた「日馬富士が貴ノ岩をえんえんと説教していた。これが一次会、二次会にも及んで、続いた」という話とはまるであべこべの経緯が判明した

●「座間市事件」の教訓。「貴ノ岩」の「スマホ見ながら聞き」は強迫神経症である

 「座間市事件」の教訓と問題提起とは、貴ノ岩が「スマートフォン」(スマホ)の画面を「白鵬の説諭中」に「見つづけたこと」だ。
 元横綱の日馬富士はスマホの画面を、人が話している最中に見てはいけない」と、人間社会マナーに反しているから止めろ人間関係社会秩序反しているから正しく改善せよ考えた
 だから「謝りなさいと言ったのである。
 しかし、貴ノ岩は謝らなかった
 謝れ言われたこと攻撃的表情態度をあらわにした。
 この貴ノ岩の姿勢に日馬富士の暴力エスカレートしたのである。

 元・横綱日馬富士の引退問題では、日馬富士による貴ノ岩への暴力行為だけがゆいいつの問題であるというのがニュースを配信する側の見方だ。
 だが、本当の問題は、横綱白鵬が説諭したとおり、貴ノ岩の日常の言動が本当の問題である

●「貴ノ岩」の発言「彼女」は、「ス・サス」による精神分裂病と同じ強迫観念

 貴ノ岩は、ふつうの一般社会でいうと部長や課長といった社会的な身分の高い人説諭している最中に「スマホ」の「画面」を見つづけていた
 そして「彼女からのメールです」と笑った。「彼女からのメールです」と言ったとは、日本経済新聞にも報道されている。

 このことは、ポルソナーレしか説明できないことだが、「彼女」(かのジョ)とは、訓読み音読みをくっつけた作為の意味を表す言葉である
 「ス・サス」の動詞作為つくり出している精神分裂病の言葉である。
 「彼女」(かのジョ)の妄想の意味は、日々、自分の近くにいる女性だが、しかし)の意味するとおり「そういう女」は存在しないガチャガチャに壊して遠くに追いやっている。そんなふうに破壊している、と言い表している。
 これを内扱いの「ス・サス」による作為という。
 女性が「彼氏」(かれシ)と言っても、同じ内扱い精神分裂病表象する。
 「彼」(かれ)は「」の訓読みだ。ここで内扱い破壊が生じる。
 氏()とは、血縁の続き柄の関係のことだ。内扱いの対象見なすイメージする)、そして、内扱いイコール身近な関係イメージ表象したら、ただちに破壊する、という主旨が「彼氏」(かれシの言葉だ。

 貴ノ岩が言い表したのは「彼女」(かのジョ)という精神分裂病の言葉である。
 この精神分裂病の言葉は「日本語の動詞文」を使う日本人の多くは「強迫観念」として常時右脳・ブローカー言語野X経路言語領域表象している。
 強迫観念とは、「ガスの元栓を閉めたのに開いているイメージ思い浮ぶ」「人が自分のことを悪く言っている」といったイメージや言葉のことだ。

●日本人の「強迫観念」と「強迫神経症」の分かりやすい理解の仕方

 強迫観念は、もともとは黙契(もっけい)といって「S+V+O+C」(英文型)の「」と「」の無い日本語動詞文の「S+V」の「」(動詞)のくりかえし(反復)がつくった偽(ぎ)の名詞抽象名詞・形容詞の言葉のことだ。これが「訓読み」「日本語式の漢字・漢語」(市場(いちば)、紅葉(こうよう、もみじ)など)になった。
 社会にたり、社会の中人間関係つくると日本語には「S+V+O+C」の「」「」の概念としての「目的「対象」が無いので「訓読み」の言葉では行動不能となる。この行動不能を意味する「偽(ぎ)の行動」が「強迫神経症」である。
 「強迫神経症」とは「手を何度も洗う」「不潔恐怖症」「まじない行動」などが典型だ。
 この強迫神経症初期症状が「スマホ見ながら歩き」である。
 「スマホ」の画面に表示させる」「文章」「画像」に「強迫観念」が集約している。頭の中訓読みとか偽(ぎ)の名詞デタラメの言葉とその意味のイメージ表象させることと違ってテクノロジーが「遠くのもの」を目の前に表わしてくれる
 「スマホ」の画面を「見るときの内容」が強迫観念である。「いつでも、どこでもしょっちゅう見つづける行為、行動」が強迫神経症だ。

●日本人の強迫神経症は、こんなに「怖い」の実体について

 「貴ノ岩」は、強迫神経症第二次症状ともいうべき「人と話している最中にスマホ画面を見る」というモラル破壊をおこなった。

 「スマホ」を見つづける強迫神経症」は、段階を追って症状が違ってあらわれる
 しくみは、精神分裂病妄想異常行動と同じだ。
 初めは、電車の中でもどこでも「見る」という段階だに「人との会話の最中も見る、しゃべる」という強迫神経症だ。「歩きスマホ」も同じだ。
 が、ニート状態になって「家の中で一日中見る」。そして「一日中寝ている。身体に症状ふうの疾患をつくる」。
 生体防御システムセントラルドグマ)が破綻しはじめるのである。
 ポルソナーレだけが対策を教えている。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:「座間市事件」が伝える緊急警報。「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」人は「強迫観念」をつくって「強迫神経症」をあらわしている。男性のスマホ(パソコン)を見つづける「強迫観念」「強迫神経症」とはこういうものです!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起。加害者、被害者ともに「強迫神経症」である。スマホ(パソコン)の「画面」が身体の「生きられる時間」を短縮した!

関連ページ:「座間市事件」の教訓と問題提起。「座間市事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」ことがつくり出した

関連ページ:『座間名詞名詞市事件』(平成29年10月31日発覚)の教訓と問題提起は、「スマホ」(パソコン)を「見つづけること」は、誰でも強迫神経症をあらわす、ことです!

関連ページ:「座間市・9人殺害遺棄事件」がケーススタディです。この事件の本質は、日本人の脳の働き方の異常が「スマホ」(パソコン)を「見る」「聞く」行動で増幅したことにあります!

関連ページ:「座間市・9人殺害遺体解体事件」で殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常を説明します

関連ページ:神奈川県座間市・9人殺害、遺体遺棄解体事件」の白石隆浩容疑者の脳の働き方の異常。脳の働き方から見た動機は、「人前ではよくしゃべる。人が書いた字は読めない。人前で字を書くと手が震える人」と全く同じである。

関連ページ:「座間市・9人殺害・遺体遺棄事件」・白石隆浩容疑者に殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常とは?「顔が赤くなる」「人がウワサしている」をつくる脳の働き方の異常と共通している

関連ページ:「座間市・短期間連続強姦殺人・遺体解体事件」と「人の目が気になる」「手が震える」と共通する脳の働き方の異常

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証明する日本人の脳の働き方の異常とは、「現実が見えない」「人の話す言葉が聞こえない」!

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証言する日本人の脳の働き方の異常とは、「社会」「現実」が見えない、聞こえないこと!!です

関連ページ:なぜ?経営者なのに対人恐怖症で仕事はうまくいく理由

関連ページ:一体なぜ?「電車が怖い」とパニックになる男性の脳の働き方と理由

関連ページ:信じられない!無能で異常でも高給をもらって美女と結婚の簡単テク

関連ページ:会社に信用されない残念な男性の無能のBEST1

関連ページ:『母型論』(贈与論)が証明。「乗り物が怖い」「人前で話すと声が出ない」(男性の事例)は、どんなに異常でも精神分裂病ではない!

関連ページ:意外!! 日本人には、心・精神の病気というものは「存在しない」ことの真実とは

関連ページ:「しゃべらない男性」が告白する意外な日本人の精神分裂病の正体

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.