谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「座間市・9人殺害・遺体遺棄事件」・白石隆浩容疑者に
殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常とは?
「顔が赤くなる」「人がウワサしている」
をつくる脳の働き方の異常と共通している

クマ江
クマ江さん
平成29年10月31日に逮捕された
白石隆浩容疑者(27歳)
によって殺害された被害者女性8人だ。
このうち7人は、「SNS」(交流サイト)で
自殺願望」を書き込みしていたという。
ではなぜ自殺願望」をネット上で表明するのか
そして、なぜ死にに行く」(殺害されるのか
この脳の働き方の異常説明するのは、唯一、ポルソナーレだけである。
 
 

白石隆浩容疑者から殺害された「7人の女性」は「自殺サイト」で呼びかけていた

 平成29年11月2日付の日本経済新聞の記事は、こう書いている。

 神奈川県座間市アパート9人の遺体が見つかるという事件が起きた。
 白石隆浩容疑者(27歳・無職)が逮捕された。
 遺体となった被害者男女9人だ。
 このうち7人は、SNS(交流サイト)で「自殺願望」を訴える書き込みをしていた。
 白石隆浩容疑者「自殺願望がある女性」を探し接触し、自宅アパートに連れてきて殺害したと見られている。
 ワンルームのアパートで9人を殺害して、遺体を切断した。
 「9人とも首を絞め気絶させてから殺害した。遺体は浴室でのこぎり、包丁、キッチンバサミ、キリを使って切断した」(白石容疑者供述)。

 短文投稿サイト「ツイッター」で検索画面に「#自殺」と打ち込むと、自殺願望とみられる書き込みが次々とあらわれる。
 「#」は「ハッシュタグ」と呼ばれて、特定の言葉を含む投稿検索できる。
 ほかには「#自殺仲間」「#自殺願望」「#死にたい」などの関連タグが存在する。
 「ご一緒します」「車を出します」と自殺を手助けするような返信散見される。

 東京未来大・出口保行教授犯罪心理学)の話。
 「ネット上自殺願望書き込む背景には、誰かに頼りたい心理状態がある。
 自分ではどうしようもない環境に追い込まれ切羽詰まった心境他者と共有したいという願望SNSに向かわせる」。
 
 平成29年11月4日付「夕刊フジ」の記事。

 11月2日「産経新聞」の取材に応じた千葉市内の女性(21歳)の話。

 「9月上旬ツイッター一緒に死ねる方募集と書き込んだ」。
 「一緒に死にますか?」と白石隆浩容疑者からの返信がきた。本人は「やまもとりょうと名乗った
 「練炭よりも首吊がいい」として輪状の白いロープの写真が送られてきた。
 「10月になると、殺してあげるよ」と話すようになった。
 「全財産をくれたら殺してあげる」。
 「最後の通信は、10月29日だった。事件発覚の前日だった。会う約束をしていた時期もあった。殺されていたかも、と思うと怖い」。

●「死にたい」と書いていても必ずしも「死にたい」のではない理由とは

 千葉市の21歳女性の話を見ると、「自殺願望のある女性」は、必ずしも「死にたいわけではない」ことが分かる。
 「一緒に死にたい人を見つけたいのでも、「殺してくれる人」を求めているのでもない
 多くの日本人は、「有る」を「無い」と肯定表現をし形容詞として言い表す。
 「いいじゃないですか」「やってあげたいと思うじゃないですか」の言葉の「ない」は「無い」のことで、この「ない」は「有る」の形容詞なのだ。

母系制をつくる女性の脳の働き方の異常のしくみ

 じゃあなぜ「死にたい」と言うのか。これが日本人の「母系制がつくる脳の働き方の異常なのだ。
 「母系制」の脳の働き方の異常は、「母親」(女性)の視床下部中枢神経視索前野」がつくる。副交感神経の中枢である。また「性の欲」の中枢神経である。「言葉」「人間関係」を学習して「右脳系の海馬」に記憶する。

 これは、ポルソナーレしか解明していないことだが、女性は、「言葉」と「人間関係」を0歳から乳幼児にかけて母親から学習して憶える。しかし行動の能力はない。「行動」は自律神経交感神経がつくり出すからだ。

 「食べたい欲」の中枢神経の外側核にシフトした女性は、原則としてほとんど「言葉」の能力が伸びないし、停滞する。しゃべっても現実とは全く無関係のファンタジーか妄想に近い言葉が多い。「行動」が止まるので「ルール」「決まり」「秩序」といった社会性の言葉憶えられない
 このタイプの女性が「死にたい」といった言葉を「ネット」の上に「書き込む

●「死にたい」と「書き込む」、女性の言葉と行動の異常

 ところが、日本人にかぎらず、「ネット」に書き込む言葉は、動詞文の「動詞」がつくった作為の言葉の場合が多い。「デタラメ言葉」か「意味不明読めればいい式の道路標識と同じ言葉」を「書き込む」。
 これが「ディスプレー」(画面)で「現実Y経路対象を無いとする歪み倍増する。
 「せっかくの言葉」でも「行動」とはむすびつかないしかし性の欲」(行動)は喚起する
 これが誰か一緒に死んでくれる人、いませんか」の言葉の本質である。

 「性の欲」が出てきた。
 「行動の意思」も出てきた。しかしネットの言葉」は性はもちろん、社会現実無い認知させるので、それまでおこなえていたことの行動の全てが止まるリアルの性欲リアルの行動リアルの言葉があれば生きていけるのではないか?……それが誰か一緒に死ぬ人いませんか?」(書き込み)なのである。

●「赤面症」「人がウワサしている」(外側核タイプ)と同じ脳の働き方異常が「死にたい」「自殺したい

 この殺害された女性脳の働き方は、「人と会うと赤面する」「人が自分のことをウワサしている」という外側核タイプ脳の働き方全く同じである。
 白石隆浩容疑者から殺害された女性は、「一緒に死にましょうね」と言われ会った女性だけがようやく言葉と行動が一致する」「これで、なんとかリアルに通じる言葉をしゃべれるのではないか」と期待していた
 「殺してあげるよ」と言われた女性は、「それじゃあ、行動が止まるじゃないか」と無意識考えたので、会いには行かなかった。だから殺害されなかった
 しかしこれからの毎日は「外側核タイプ中心となる。
 だからまた一緒に死にたい人いませんかとネットに書き込むのだろう

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:「座間市・9人殺害遺体解体事件」で殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常を説明します

関連ページ:神奈川県座間市・9人殺害、遺体遺棄解体事件」の白石隆浩容疑者の脳の働き方の異常。脳の働き方から見た動機は、「人前ではよくしゃべる。人が書いた字は読めない。人前で字を書くと手が震える人」と全く同じである。

関連ページ:「座間市・9人殺害・遺体遺棄事件」・白石隆浩容疑者に殺害された「女性7人」の脳の働き方の異常とは?「顔が赤くなる」「人がウワサしている」をつくる脳の働き方の異常と共通している

関連ページ:「座間市・短期間連続強姦殺人・遺体解体事件」と「人の目が気になる」「手が震える」と共通する脳の働き方の異常

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証明する日本人の脳の働き方の異常とは、「現実が見えない」「人の話す言葉が聞こえない」!

関連ページ:吉本隆明『母型論』(贈与論)が証言する日本人の脳の働き方の異常とは、「社会」「現実」が見えない、聞こえないこと!!です

関連ページ:なぜ?経営者なのに対人恐怖症で仕事はうまくいく理由

関連ページ:一体なぜ?「電車が怖い」とパニックになる男性の脳の働き方と理由

関連ページ:信じられない!無能で異常でも高給をもらって美女と結婚の簡単テク

関連ページ:会社に信用されない残念な男性の無能のBEST1

関連ページ:『母型論』(贈与論)が証明。「乗り物が怖い」「人前で話すと声が出ない」(男性の事例)は、どんなに異常でも精神分裂病ではない!

関連ページ:意外!! 日本人には、心・精神の病気というものは「存在しない」ことの真実とは

関連ページ:「しゃべらない男性」が告白する意外な日本人の精神分裂病の正体

関連ページ:激増しているって本当?!男性の人と話せない精神分裂病の事例

関連ページ:まだ間に合う?仕事をもっている男性が絶対知っておくべき「認知症防ぎの常識」特選

関連ページ:一体なぜ?男性が仕事の中で「全くしゃべらない」病気になる3つの理由

関連ページ:男性は、「わたしは今、正しい日本語をふつうにしゃべっている」とイバってはいけません。母親から贈与された黙契の言葉をしゃべっているからです。
代わりに、必ず「助詞」と「名詞」と「5W1H」を言いましょう。そうすれば、精神分裂病の夢遊病の思考に気づくことができます。


関連ページ:これが真実!日本の男性の病気の本当の姿と壊れ方

関連ページ:女性と話そうとすると「思わず手が震える」男性の法則

◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.