谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

親の認知症が心配な人必見!
予防と改善がうまくいく4つの方法

クマ江
クマ江さん
NHKスペシャルが
認知症1300万人」と告知していて、
予防と改善は
脳トレ」「運動
の二つがあって、
本当に効果があるのか
迷ってしまいますよね。
認知症は必ず要介護になるので、
50歳以上の人には「考えたくない」と逃げられない問題。
そこで安心、効果があると喜ばれている
認知症予防改善の方法をご紹介します。
 
 

40代女性、50代男性でもOK!簡単に分かる認知症理解のコツとは

 認知症は、モノ忘れのことといわれていますよね。きのうの夜の食事の内容を思い出せない、好きだった歌手の名前を思い出せないなどが認知症の症状といわれています。
 「玄関のカギを閉めたかな?」「台所のガスレンジの火を止めたかな?」と体験を忘れるのも認知症の症状といわれています。
 こういうモノ忘れは、誰にでもありますよね。
 仕事の中毎日行っていることを忘れて気がつかないと、まわりの人から「病院に行けば?」「認知症?もう仕事は無理でしょう?」と言われます。
 子どもがいたり、年齢が40歳代だと、生活が行き詰まるので「認知症そんなはずはない」と「モノ忘れ」「体験の忘れ」を「これから気をつけよう」と無かったことにします

 ポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の認知症考察は、「認知症は、忘れることではない、初めから記憶できないこと」と定義します。
 日本人に認知症多く高齢になると10人に1人、4人に1人といわれています。
 日本人は、日本語ひらがなの言葉)が「動詞文」の動詞の言葉しか憶えないので、名詞の言葉は記憶しません。
 だから「忘れる」のではなくて「憶えていない」ことが認知症なのです。

 人間は、脳で言葉をつくり出します。そしてから言葉聞いたり読んだりして学習して言葉を憶えます
 日本人は、平安時代からずっと現代になっても「名詞」と「抽象名詞」「形容詞」の言葉だけはどうしても記憶できないのです。
 脳の言語野には「動詞だけを憶える言語野」と「名詞だけを憶える言語野」の2つがあります。
 日本語(ひらがなの言葉)は「動詞の言葉しか憶えません。
 人間の行動には、目的になる言葉の「名詞」が必要です。人間関係でも仕事でも、生活の中のことでも、「名詞の言葉」を憶えていない人が認知症をあらわすのです。
 だから、認知症治すには、脳の「名詞を憶える言語野」を働かせると高齢になっても認知症防げるのです。
 30代40代の若いうちから脳の「名詞を憶える言語野」を働かせると認知症予防できるので安心です。

●安すぎる!たった月2万円の会費だけで病気知らずの人生をつくる3つの方法

 認知症ですが、要介護のことばかりが注目されています。徘徊とかひとりで食事ができないなどの困ったことです。お世話をしなくてはいけない人には、会社を辞める収入が大きく少なくなると報道されています。

 日本語(ひらがなの言葉)は「動詞の言葉」しか憶えないので脳の言語野交感神経止まります。
 自律神経交感神経は、身体の生体防御システムセントラルドグマ)を働かせます。免疫とか、副腎皮質ホルモンとか、ストレス解消ベータ・エンドルフィンが活躍します。
 疲労うつ炎症血流障害がつくる「がん」、リウマチなどの自己免疫疾患治します。
 認知症要介護いきつかない人は、「がん」「心臓病」「脳卒中脳梗塞」「アレルギー症状」「リウマチ」のどれかを発症させます。

 性の身体の血管は、副交感神経支配しています。交感神経働かない場合身体に疾患起こりやすいのです。性が性よりも要介護の人が数倍も多いのは、身体にいろいろな病気が起こりやすい条件をかかえているからです。
 直接の原因は、「名詞」や「抽象名詞」を学習する脳の言語野を働かせていないことです。

●うそ!思わず目を疑った男性の病気づくり4つの生き方

 性は、脳の視床下部背内側核性の行動をつくります。
 性の欲ホルモンどんどん出ているのが性です。男性は、女性とは反対に、言葉よりも先に行をつくり出します
 性が「名詞」「抽象名詞」の言語野を働かせない場合、身体は「ハイパーリラックス」の状態になります。
 「ゆるみ」「たるみ」のことです。弛緩(しかん)といいます。

 これがエミール・クレペリンが定義した「早発性の痴呆」です。
 「ネット時代」になっている現代では、「動詞文動詞」をパソコン、スマホの「画面」にあらわします。
 いつでもどこでも、「スマホ」や「パソコン」を手離せない男性は、身体が「ゆるみ」「たるみ」がつづいています。
 すると、性と同じように、「自己免疫疾患」や「アレルギー」「脳梗塞」をつくる血流障害リスクを抱えた毎日になっていると考えられます。

認知症の心配ごとが解決する「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」とは?

 今回は、認知症についてのモヤモヤとした、心配ごとをイッキに解決することをご紹介しました。これで、認知症の予防と改善の仕方がまるごと分かりましたね。
 認知症だけではなく、女性と男性の予防に関心のある人は「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」にご入会して、お役立てになってください。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:50歳代主婦がゲーム依存の娘を治してみた

関連ページ:親の認知症が心配な人必見!予防と改善がうまくいく4つの方法

関連ページ: 認知症をすぐに治す「予防・改善」3つの対策とは
「NHKスペシャル」の「認知症1300万人社会」を見て、「認知症は避けられない」「諦めて受け容れるしかないのか」と思っていた人に!
認知症は高齢者だけのものという誤解も解消する予防、改善の仕方をご紹介します。


関連ページ: 長年の中学生の頃からの心の悩みが解決する「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」とは
認知症(痴呆症)はなぜ起こる? 認知症は名詞の言葉を言うことで改善できます!
今の医学は、「身体」の「ゆるみ」「たるみ」のことしか分からないので、予防の仕方も、改善の仕方も分からないのです。


関連ページ:日本人の認知症のリスクとは
「話すということ」「人の話を聞く」ということは「言葉」を一つ一つ分かるということです。
多くの日本人は、「仮の目的」「仮の対象の理解」だけで生きることを可能にしています。「仮」ですから正しい内容のとしての対象は分からないままです。


関連ページ:認知症にならない4つの法則

関連ページ:すぐに効果を実感できて辛い症状が消える! 女性の顔を見ながら話せる男性。
女性の話した名詞を言える男性。
下書きのメールを入力する男性。
を気分のいい毎日にする3つの法則


関連ページ:じわじわ進んでいる脳と身体の症状がパッと治る!
働く女性。
人の世話をしている女性。
人から必要とされている女性。
を楽々、元気にする三つの法則


関連ページ: 日本人の認知症(痴呆症)は、精神疾患を治したがらない、身体の疾患を喜びます!

関連ページ: 日本人の認知症(痴呆症)は、「700万人時代」から、「800万人時代」(2025年)に華々しく突入しています。

関連ページ:吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)は、日本人の認知症(痴呆症)は、「死(他界)を抱えていること、 精神分裂病(一期、二期、三期)をつくり出していること、身体疾患の「死(他界)の四つの行程」を、「おいしい生活」とともに生存することを教えています!!

関連ページ:日本人の精神分裂病とはデタラメでも虚偽でも、とりあえず「行動」をあらわす表現だ。日本人の精神病理の唯一無比の特徴は「イバること」。日本語(和語)は、現実と水と油の関係。

関連ページ:本当のところは、女性の方が深刻!日本人の認知症(痴呆症)は、「タラレバ女子」「タラレバ男子」という精神分裂病をつくって、さしあたり、今日一日を生存させている!!

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって生存を可能にしてきた!

関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.