谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

じわじわ進んでいる脳と身体の症状がパッと治る!

働く女性。人の世話をしている女性。
人から必要とされている女性。
を楽々、元気にする三つの法則

クマ江
クマ江さん
認知症の心配ってまだ早い?
認知症って、予防できるの?
要介護は、誰にも避けられないから、その日まで元気ならそれでいい
あなたの、こんな“常識”が180度変わるポルソナーレの認知症学。
 
 

●認知症って高齢者のことでしょ?

 「認知症」(痴呆症)と聞くと、聞きたくない見たくない思うのは、働いている女性、仕事で人のお世話をしている女性なら誰でも考えるごく一般的な考えです。
 でも、少しは気になるのは、知り合いの人の親の介護とか、じぶんの祖父や祖母の介護をした親の大変さをちらっと思い出すときです。
 そこで女性なら誰でも思うのは、自分記憶力です。
 仕事にミスは無い、会議でもちゃんと発言できている、同僚との会話も楽しくできている……だいじょうぶ、私は認知症とは縁がなさそうだ、先のことは分からないにしても。
 今のところは、高齢者たちの問題だ。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
 女性なら誰もが考える認知症のこんなイメージは、認知症(痴呆症)について言われている「忘れること」「体験を忘れること」という説明の「心理のワナ」にはめられているのが理由です。
 「記憶って、脳の働きのことです。今、あなたが憶えていることは、脳の中どこのことで、忘れられるのは脳の中どこの働きのことか?ということが問題になります。
 、憶えていて実行できていることが、どんどんじわじわ年々できなくなっていくということが脳の働き方から見た認知症正しい内容です」(ポルソナーレ・熊野クマ江さん)。
 
 

認知症になる女性、ならない女性の3つの法則

 認知症なる人ならない人は、今の年齢が20歳でも30歳でも、40歳でも、簡単に測定できる3つの条件があります。
 1つめは、20歳、30歳代の女性で、「いつどこで誰が」という話し方をしない人は、早い時期から認知症の症状を現します。一般的に、働いている女性には少ない話し方です。仕事の中で「いつ」「誰が」「どこで」と言わないと仕事にはなりません。
 だから、決まりきった仕事を、くりかえし反復しておこなう仕事に就いている人は、「認知症」(痴呆症)の「忘れる」だから「行動が止まる」ということは目立たないし、あらわれにくいのです。
 高齢になっても、20代、30代のころに行なっていた決まったことをずっと続けていて気分よく行なっている女性は、認知症(痴呆症)の症状の「忘れる」ということと「行動の止まり」は目立って現われません。

うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
 「認知症病理症状自覚されない人は、2つ目の法則拒否とか、否定言葉考えるよりも口から先に出てくることはない女性です」(熊野クマ江さん)。
 これは「行動の止まり」を意味しています。
 「元気ですか?」
 「いやあ、花粉症で困っていますよ」
 「身体の調子はいいですか?」
 「とんでもない。このところ残業つづきで、すっかり睡眠不足でバテバテですわ」。
 
 

認知症は、言葉の行動の止まりから現われます

 この会話の例とは違って、「おかげさまで」とか「お気遣いをありがとう」という言い方が欧米人にもよく見る洗練された人間関係のテーマの表現術です。
 仕事や社会の中で行動を発達させる脳の中の言語領域言葉学習されている例です。
 いつも口グセのように、「いやあ」「でも」、「わたしの場合は」と孤立する言葉自然に、無意識のうちに口からパッと出てくる女性は、高齢の認知症に向かって歩みをきざみつづけています。

●働く女性、人の世話をしている女性のための認知症対策

 「ポルソナーレが日本はもちろん、世界でも初めて明らかにしたのは、認知症常識180度変わったということです。

うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
認知症を、ただ、記憶しているかどうかだけで見ると、今の自分はだいじょうぶという安心の心理のワナにはめられて、取りかえしがつかないところに隠れている症状が進んでいくことは確実です」(熊野クマ江さん)。
 
 
 財産や資産を守るプロがアドバイスするように、先行き不安定な事態今から備えられる人は、将来も安全です。
 認知症も、「いやあ」とか「でも」とか「わたしはこんなに辛いのよとだけを話題にする女性は、「血管」の「血液」の中にアセチルコリンとかヒスタミンなどの生化学物質いつも不快なことしかイメージできない破滅的なことにしか興味をもてなくなるとして、どの年齢からの女性も認知症の改善の仕方を教えているのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:認知症にならない4つの法則

関連ページ:すぐに効果を実感できて辛い症状が消える! 女性の顔を見ながら話せる男性。
女性の話した名詞を言える男性。
下書きのメールを入力する男性。
を気分のいい毎日にする3つの法則


関連ページ:じわじわ進んでいる脳と身体の症状がパッと治る!
働く女性。
人の世話をしている女性。
人から必要とされている女性。
を楽々、元気にする三つの法則


関連ページ: 日本人の認知症(痴呆症)は、精神疾患を治したがらない、身体の疾患を喜びます!

関連ページ: 日本人の認知症(痴呆症)は、「700万人時代」から、「800万人時代」(2025年)に華々しく突入しています。

関連ページ:吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)は、日本人の認知症(痴呆症)は、「死(他界)を抱えていること、 精神分裂病(一期、二期、三期)をつくり出していること、身体疾患の「死(他界)の四つの行程」を、「おいしい生活」とともに生存することを教えています!!

関連ページ:日本人の精神分裂病とはデタラメでも虚偽でも、とりあえず「行動」をあらわす表現だ。日本人の精神病理の唯一無比の特徴は「イバること」。日本語(和語)は、現実と水と油の関係。

関連ページ:本当のところは、女性の方が深刻!日本人の認知症(痴呆症)は、「タラレバ女子」「タラレバ男子」という精神分裂病をつくって、さしあたり、今日一日を生存させている!!

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって生存を可能にしてきた!

関連ページ:パソコン、スマホに取り憑いて、20代〜30代の人が「孤独死」。吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)には、コンピューターのなかったころの日本人の心・精神の病気(精神分裂病)が説明されています。

関連ページ:【精神分裂病の第二期の病理症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、食事、トイレ、入浴を可能にしている!

関連ページ:【日本人の精神分裂病の第一期の症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、生存を可能にしている!!

関連ページ:【日本人の心・精神の病気の特徴は、病理症状を抱えて生きている、ということです】
谷川うさ子王国物語5・第11ヵ月めの学習カリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の完全理解と対策をお届けします!!


関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)とは、「人がこう言っていた」「自分はこう思う……みたいな感じ」を行動の目的にすることです。

関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.