谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)は、
精神分裂病をつくって生存を可能にしてきた!

クマ江
クマ江さん
日本人の心・精神の病気とは、
ひとことでいうと
精神分裂病のことだ。
返事をしない
相手の話を聞いても、黙ったまま
しゃべるときは、一方的に、ひとり言のようにしゃべりつづける
バーバリズム
などは、分裂病第一期の症状だ。
 
 

認知症(痴呆症)の正しい理解の仕方を教えます

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、平成28年の第18期の一年間で、日本人の認知症(痴呆症)しくみや、つくられ方完全解明しました。
 ポルソナーレが完全解明した日本人の認知症(痴呆症)は、今も、これまでもずっと説明されている内容とは大きく違います

◎「つらさから解放される認知症介護・手に負えない問題行動は変えられる」(日刊ゲンダイ・平成29年1月31日刊)

 認知症家族が苦しむことのひとつに「周辺症状」がある。
 「問題行動」とも呼ばれる。「徘徊」(目的もなく歩き回る)、「弄便」(ろうべん・便を触る)、「異食」(便など、本来は食べないものを食べる)、「暴言」「暴力」などがある。
 介護者が、介護している親や配偶者を殺害する介護殺人の報道でも、「問題行動追い詰められた」といった話がよく出てくる。

 「問題行動は抑えられる」(三好春樹・理学療法士)
 「担当者の対応に問題があるか、相性が合わないか、が原因だ。問題行動の原因の9割は、問題介護にある」。
 「認知症介護問題行動は、問題介護にともなう老人問題心理である」(三好春樹)

●日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくり、生存可能としてきました

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが現ゼミ生の皆様と一緒に考察した理解から、要介護の「問題行動」を説明すると、それは、日本人の精神分裂病の症状が、第一期第二期第三期とつづいていき、この中で発生する病気の症状の一つです。
 「本を読んでいても、意味が読みとれないのに、読む
 「人の話を聞いても、話されていることの意味や言葉そのものが全く分からないのに、分かっているフリをして聞く」(本人も、分かっているような気分になる分かっていると思い込む)。
 「人から話しかけられても黙ったままで聞く相手の話を前提にして会話しない。問われても、ハイとかうなづくしかおこなわない」。

 日本人の使う日本語和語ひらがなの言葉)は「動詞文」の「動詞しか憶えません。「動詞」といってもすぐには何のことか分からない人も多いと思われます。
 かんたんにいうと「ある」「できる」「いる」「なる」「する」などの言葉が日本語(ひらがなの言葉)の動詞の言葉基本型です。「見る」「聞く」「思う」「行く」「来る」などが動詞の言葉の例です。
 この日本語(和語)の動詞の言葉は「欲の脳」の「視床下部」の「」がつくり出します。
 脳の言語野でいうと「ブローカー言語野・3分の1X経路支配時間性の言語領域)で学習して記憶します。そしてしゃべったり、書いたり、メールに入力します
 パソコン、スマホ、ケータイでアプリとかネット情報は「動詞文」の「動詞」の言葉だけを画面(ディスプレー)に表示させて、これはよく分かる。おもしろい。なんだ、世の中の人は、こういうことを思い、こういうことをやっているのか」と、グラビア雑誌か、写真報道のニュース雑誌無料で眺めるように見て自分の知識やを充実させ娯楽の時間消費で満ち足りています

●日本語は、訓読みをつくり、音読み憑依してきた

 このような日本人の使う日本語(和語ひらがなの言葉)は、の言語野を見ると、左脳右脳ともに「ブローカー言語野・3分の1X経路支配副交感神経支配時間性の言語領域」だけでおこなわれています。これが日本人の心・精神の病気の精神分裂病生み出す原因と理由になっています。

◎例
 「花はなんと読みますか?」
 「はな」です。
 
 「はな(花)の意味は何でしょうか?」
 「きれい、勢いがある、盛り、色とりどりで見た目に美しいもの、です」

 これは日本語(和語)の「訓読み」とその意味の例です。
 この「はな」(花)は日本語(和語)の「動詞」の言葉がつくり出したものです。「品詞の転成」といいます。「動詞」の発音がi(イ)と言えば「名詞」、u(ウ)と発声すると動詞の言葉になるというように、作為的に言葉とその意味を製造するのが「品詞の転成」です。このことは大野晋国語学者)が『古典文法質問箱』(角川ソフィア文庫)でくわしく説明しています。

 「花」の例でいうと「はな」(花)は「品詞の転成」がつくった「偽(ぎ)の名詞」です。 
社会や国、政治、人間関係、家、家族関係を形づくっているのは「概念としての名詞」です。「花」(カ・音読み)とその字義・語義言葉の意味)です。
 いつの時代も、どの社会も、日本人の現実は「漢字・漢語音読み名詞」(概念としての名詞)です。
 「花」()を「花」(はな)と読む訓読みは「動詞の言葉」で「偽(ぎ)の名詞」をつくったと理解しましょう。

●日本人は、いつでもどこでも行動が止まる。だから死んでいたのです

 花(はな)は「時間性の言葉である」、「花」()は「空間性の言葉である」というのは脳の働き方(メタ言語)を分からなければ何のことかさっぱり分かりません。
 分かるのは、「時間性だけの言葉」は、「行動が止まる」ということです。不登校ニート引きこもり要介護寝たきりゲーム依存症になって家の外に一歩も出ない、などが「行動の止まり」です。
 行動の目的には必ず「名詞」が必要なのに偽(ぎ)の名詞すらも憶えなければ誰でも、あたりまえに行動が止まります

 こんなふうに「行動を止めたくない人」が精神分裂病をつくり出します。
 「本を読んでも意味は分からない。しかし読む」というのは、「目で見る」「声に出して読む」という動詞が可能になっています。「意味は分からない。しかしガマンして読むということをおこなっていると、なんとなく分かってくるのではないか?意味はあとからついてきて、自然に分かるのではないか」と考えて「読む」(聞く)という行動を成り立たせています
 このとき、頭の中に思い浮ぶイメージ精神分裂病です。
 「何も言わない」「黙ったまま」というのは何の言葉もその意味のイメージも思い浮ばないので、「読む」(聞く)という「行動だけが起こり、つづいていくのです。このおかしな行動異常行動)が要介護では「徘徊」とか「弄便」(ろうべん)、「異食」という異常行動になるのです。

 すると、認知症(痴呆症)は、日本人に共通のものであることがよく分かります。高齢者だけのことではなく、思春期のころから始まっています

 このようなことをよく分かって、対策にとりくまなければ、要介護は、必ず、誰の身にも迫ってくる問題です。健全な人生に興味がある人はポルソナーレのカウンセリング・ゼミで立て直しにとりくみましょう。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって生存を可能にしてきた!

関連ページ:パソコン、スマホに取り憑いて、20代〜30代の人が「孤独死」。吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)には、コンピューターのなかったころの日本人の心・精神の病気(精神分裂病)が説明されています。

関連ページ:【精神分裂病の第二期の病理症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、食事、トイレ、入浴を可能にしている!

関連ページ:【日本人の精神分裂病の第一期の症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、生存を可能にしている!!

関連ページ:【日本人の心・精神の病気の特徴は、病理症状を抱えて生きている、ということです】
谷川うさ子王国物語5・第11ヵ月めの学習カリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の完全理解と対策をお届けします!!


関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)とは、「人がこう言っていた」「自分はこう思う……みたいな感じ」を行動の目的にすることです。

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)の正しい理解。正しい防ぎ方と改善の仕方。完全対策を教えます。

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)は、日本人にとって当り前!と説明するのが、吉本隆明の『共同幻想論』の「憑人論」「巫覡(ふげき)論」「巫女論」です!!

関連ページ:吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の「禁制論」が教える日本人の認知症(痴呆症)の真実

関連ページ:平成28年の一年間のポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の総括をお伝えします!!日本人の認知症(痴呆症)の予防、改善の仕方、および「要介護」の防ぎ方、治し方をお伝えいたします!

関連ページ:学習のカリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の発生の機序と、症状の起こり方を「完全解明」して、予防と改善の仕方をお伝えしています!!

関連ページ:完全解明日本人の認知症(痴呆症)と要介護状態は、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはなぜか?を教えます!!

関連ページ:完全解明。日本人の認知症(痴呆症)の原因と発症の仕方を教えます!!

関連ページ:完全解明。女性が認知症(痴呆症)から要介護状態になる人が、男性よりも多いのは、なぜか?

関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.