谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

【精神分裂病の第二期の病理症状】
日本人の認知症(痴呆症)は、
精神分裂病をつくって、食事、トイレ、入浴を可能にしている!

クマ江
クマ江さん
平成29年1月31日付の「日刊ゲンダイ」に、
つらさから解放される認知症介護
(手に負えない問題行動は変えられる)
という特集の記事が載っていた。
問題行動とは
徘徊
「弄便」(ろうべん)、
「異食」(便などを食べる)、
暴言
暴力
などだ。
三好春樹(理学療法士)は、
問題行動の9割は、
問題介護にともなう老人問題心理が原因だ」という。
「だから、問題行動の症状は抑えられる」。
 
 

●今の日本の認知症(痴呆症)の理解は間違っている

 認知症(痴呆症)は、「忘れること」と「周辺症状」の二つで説明されています。
 「忘れること」は、「やがて家族の顔も名前も忘れる」などです。
 問題行動とは周辺症状のことです。さまざまな異常な行動や発言が例にあげられています。

 ポルソナーレの脳の働き方言葉のつくられ方のしくみ)の解明にもとづくと、現在、介護問題に関連していわれている説明は、そのほとんどがごく表面だけを見た理解の仕方です。
 夕陽が沈む景色を見て「夕焼け」と呼ぶことと同じ現象のとらえ方です。
 西に沈む夕日が燃えて空が焼けているのではないとは誰もがよく分かっています。
 認知症(痴呆症)はたしかに、家族の名前や顔が分からなくなります。これは、「忘れた」のではなくて、初めから記憶していないのです。
 家族の名前、顔は、「名詞」や「抽象名詞」で言いあらわされます。日本人認知症(痴呆症)は、この「名詞」「抽象名詞」を初めから全く記憶しないという病気です。
 これは日本語(和語ひらがなの言葉)が「動詞文」の「動詞しかつくり出さないことに理由があります。
 日本語和語)は、脳の言語野の「ブローカー言語野・3分の1時間性言語領域」で学習して、そして記憶するのです。
 ところが、「名詞」「抽象名詞」は、空間性言語領域で学習し、記憶します(ブローカー言語野・3分の2の領域Y経路支配の言語領域です)。

●日本人は「名詞」「抽象名詞」を憶えることができない

 このようにいうと、誰もが「わたし、自分の家族の名前くらい憶えています」「わたしも、自分の家族の顔はちゃんと憶えていますよ」と抗議するでしょう。
 ところが、日本人が「名前」「名称」(名詞抽象名詞)を憶えているというときの憶え方は必ずしも、英語やドイツ語でいう「行動の目的対象)の名詞抽象名詞ではないのです。
 たとえば、「」という名詞を例にあげると、日本人は「花」を「はな」と読み、これを「名詞」と考えるでしょう。
 しかし「」は漢字音読みでは「」と読み、その字義は「被子植物の生殖器官」です。
 「」を「はな」と日本語(和語)で読むときの意味は「きれい」「勢いがある」「ものごとの盛り」といった解釈でとらえられます。これは「訓読み」の読み方です。動詞文の「動詞」がつくった偽(ぎ)の名詞です。こういう「名詞の作り方」を「品詞の転成」といいます。

●日本人は、「偽(ぎ)の名詞抽象名詞」をい行動の対象にしている

 「偽(ぎ)の名詞」とは何か?というと「概念ではない」ということです。
 「花」()とは「被子植物の生殖器官である」という説明概念です。英語、ドイツ語の「行動の対象(目的)としての名詞抽象名詞」は、原則として、概念であるのです。
 多くの日本人は、「花」(はな)と「花」()の「名詞」(抽象名詞)の違いが全く分かりません
 だから認知症(痴呆症)本質が分からないのです。
 そして認知症(痴呆症)のつくり出す周辺症状異常行動の本質も分かりません。
 三好春樹(理学療法士)のような、くりかえしくりかえし介護の現場で経験した「行動」を「黙契」(もっけい)として偽(ぎ)の解釈をつくり出します。
 さらに、この三好春樹の「問題介護による老人異常心理異常行動である」という発言を「禁制」(きんせい・タブー・このように行動せよ。あるいは、このように行動してはいけないというタブー言葉行動の秩序とすること)として記号か、道路標識ように記憶するのです。

●日本人は精神分裂病をつくって行動してかろうじて生きている

 認知症(痴呆症)がつくり出すさまざまな異常行動は、もともと現実の中にある名詞」や「抽象名詞」を「偽(ぎ)の名詞抽象名詞」につくり変えることを熱心おこなった人おこなう行動です。
 精神分裂病の第二期の病理症状くりかえしおこなってきた人が頭の中の空想の現実行動の対象としたときにあらわれるのが異常行動です。
 「入浴をしない」「部屋の中をゴミだらけにして片付けない」「自分の都合ではなく、相手の非を理由にして人間関係を破綻させる」などが、精神分裂病の第二期の病理症状です。
 これが異常行動であることは、誰の目にも明らかです。
 ここから「躁うつ病ヒステリー症状」といわれる分裂病の症状がつくられます。
 「電話に出ない」「本も新聞も、全く読まない」「ガスの栓を閉めて火を消したかどうかが気になって、なんどもたしかめる」など。
 認知症(痴呆症)異常行動周辺症状)は、このような精神分裂病延長線上で発生します。

●ポルソナーレが効果を教えます

 対策は、介護する人も介護される人も、「名詞」「抽象名詞」を正しく言うことです。「経験同一化の法則」が働いて、正常な発言、および行動が期待できます。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:【精神分裂病の第二期の病理症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、食事、トイレ、入浴を可能にしている!

関連ページ:【日本人の精神分裂病の第一期の症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、生存を可能にしている!!

関連ページ:【日本人の心・精神の病気の特徴は、病理症状を抱えて生きている、ということです】
谷川うさ子王国物語5・第11ヵ月めの学習カリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の完全理解と対策をお届けします!!


関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)とは、「人がこう言っていた」「自分はこう思う……みたいな感じ」を行動の目的にすることです。

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)の正しい理解。正しい防ぎ方と改善の仕方。完全対策を教えます。

関連ページ:日本人の認知症(痴呆症)は、日本人にとって当り前!と説明するのが、吉本隆明の『共同幻想論』の「憑人論」「巫覡(ふげき)論」「巫女論」です!!

関連ページ:吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の「禁制論」が教える日本人の認知症(痴呆症)の真実

関連ページ:平成28年の一年間のポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の総括をお伝えします!!日本人の認知症(痴呆症)の予防、改善の仕方、および「要介護」の防ぎ方、治し方をお伝えいたします!

関連ページ:学習のカリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の発生の機序と、症状の起こり方を「完全解明」して、予防と改善の仕方をお伝えしています!!

関連ページ:完全解明日本人の認知症(痴呆症)と要介護状態は、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはなぜか?を教えます!!

関連ページ:完全解明。日本人の認知症(痴呆症)の原因と発症の仕方を教えます!!

関連ページ:完全解明。女性が認知症(痴呆症)から要介護状態になる人が、男性よりも多いのは、なぜか?

関連ページ:日本人の内因性の病気、心因性の病気のほとんどは、誰もが抱える言語障害が原因です。お伝えしている対策にとりくみ、早発性の痴呆、認知症(痴呆症)…要介護状態の予防と改善をおこなってください。

関連ページ:貧困、虐待、DV、自殺、精神崩壊を防いで、誰よりも幸せになる脳の働き方を教えます!!

関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.