谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

間違いだらけの認知症(痴呆症)予備軍の理解と防ぎ方

クマ江
クマ江さん
認知症(痴呆症)予備軍は、400万人
MCI」と呼ばれている。
50歳から急増して本格的な痴呆症になる。
2025年には700万人認知症(痴呆症)になる(厚生労働省)。
そこで今、さまざまな認知症(痴呆症)を防ぐための対策がおこなわれている。
だが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした
認知症(痴呆症)の実体と改善策からみると、どれもこれも間違いだ。
 
 

50歳からの認知症軽度痴呆症)は400万人

 平成28年10月30日付の日本経済新聞に、日本人の認知症予備軍(軽度認知障害・MCI)は、今、400万人いると公表されています。
 50歳以上になるとこの「軽度認知障害」は増えはじめて、75歳になると本格的認知症(痴呆症)障害をあらわすとは、誰でもよく知っている話です。
 日本はもちろん、世界どこの国の学者も認知症(痴呆症)とは、「忘れる」「思い出せない」「勉強しても憶えられない」「そもそも学習の能力じたいが障害されている」という症状のことだと説明しています

うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
 「軽度認知症(MCI)」とは、仕事など、いちばん重要なことをパッと忘れるいま自分が行なっていることが突然何も分からなくなって途中で止めてしまう、そして、仕事のまわりの人に重大な迷惑をかけるということが、しばしばひんぱんに起こるということをいいます」
 
 

とは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミの宣伝局の熊野クマ江さんのお話です。

間違いだらけの認知症予防の療法

 そこで、日本でとりくまれているのが「回想法」という療法です。
 一九六四年にアメリカの精神科医バトラーが提唱した療法です。
 軽度の認知症の人に古い生活用品とか人形、写真などを見せて、記憶をよみがえらせるそして話してもらう思い出を語ってもらうという療法です。
 最近は、「地域回想療法」といって、地域の民具などを見て、思い出を語ってもらうという地域ぐるみの「回想法」もおこなわれています。
 婚礼行事農作業の用具幼い頃に遊んだおもちゃなどを展示する資料館や博物館が目立ってきているということです。
 「2025年」になると高齢者の5人に1人痴呆症になり、700万人に増加するという試算もあるので、誰もが「自分のこと」として考えているということのようです。
 「三重大学病院(津市)では、音楽療法にとりくんでいる。音楽療法士の伴奏でスクリーンの歌詞を見て合唱する。
 さらに音楽と組み合わせて体操をする。
 すると、物の状態などを早く正しく認識する空間認知の精神運動が大きく改善されたという」
 (日本経済新聞、編集委員、木村彰)

誰も知らない認知症の正体

 日本人の認知症(痴呆症)とは、「記憶できない」こと、「すぐに忘れる」こと、というように理解されています。せっかく憶えた仕事も、50歳をすぎるとある日突然、記憶が飛んでいったかのようにポッカリと空白になってしまう、これが今の日本はもちろん世界の精神医療の理解です。
 しかし軽度認知症(MCI)では、ひとりで入浴もできるし、食事も忘れずに食べるだってひとりで脱ぎ着できるので、当の本人もそれほど深刻に思い詰めてはいない、という症状です。
 人間は、ゲームとか音楽とか、マンガを読むとかの楽しいことがあれば、困っていることは何も無いように思えます。まず何よりも、自分の明日のこととか将来のことなど、考える能力消えていれば自分に困ったことが起こっているなど分かりようもないからです。
 軽度認知症(痴呆症)の特徴は、当事者の本人は何も困っていないということです。
 「日本人の軽度認知症(痴呆症)でも、昔から心身の病気といわれてきているうつ病とか分裂とか強迫神経症は、日本人が使っている日本語(和語ひらがなの言葉)の使い方に原因理由があります。

認知症は、日本語(ひらがなの言葉)の使い方が原因で起こる

うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
 日本語(和語ヤマトコトバ)は、言語野のうち時間性言語領域でつくられていて、そして話し、思考し、行動にあらわされているのです。
 だから、日本語(和語ひらがなの言葉)を間違って使っている人は、誰であっても認知症(痴呆症)なるんですよ」
 
 

と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。
 三重大学病院で「空間認識回復した」という発言そのものが日本語和語)の特性というもので、音楽療法体操、そして「回想療法」で「学習したことを忘れない」という意味の記憶が回復するということは、ありえないというのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミの認知症(痴呆症)の研究の見解です。

認知症(痴呆症)の予防の仕方を教えるポルソナーレのカウンセリング・ゼミ

うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん
「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、約20年くらいの歳月をかけて人間の脳の中で、言葉というものはどのように生成されるのか?しくみを明らかにしてきました。このことは、長い間支持していただいたゼミ生の方々、なによりも現ゼミ生の方々が証人であり、証言してくれるはずです。
 時間性とか空間性というのは、このの働きがつくる言語以前認知認識の言葉です。
 これを証拠にしていうと、漢字・漢語音読みとその字義・語義しか空間認知も認識もつくれません。
 すると、なにない療法とアピールして指導している人らが認知症(痴呆症)の特性を現わしていることになり、ここでのどんな療法も対策としては全くの無効ということになるんですよ」
 
 

と説明するのは、熊野クマ江さんです。
 日本人毎日使っている日本語ひらがなの言葉)は、仕事よりも人間関係人間関係よりも遊び遊びよりも一日ゴロゴロと寝て暮らす、そして白日夢を見ながらボンヤリと座って死を待つ、というように脳の働き方を固まらせます
 日本人の誰にもあてはまるこの脳の働き方人間らしい知的な働き方に変えるのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。
 現ゼミ生の方々は、どなたも、認知症(痴呆症)に陥る脳の働き方をみるみる目ざましく変えて、仕事でも人間関係でもすばらしく豊かに変えて活躍しておられます
 日本は、20年来のデフレ不況格差が広がり、誰もが貧困に追いやられています。
 どなたも、資産を守り、豊かな日々を過しておられます」
と、熊野クマ江さんは話します。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:貧困、虐待、DV、自殺、精神崩壊を防いで、誰よりも幸せになる脳の働き方を教えます!!

関連ページ:間違いだらけの認知症(痴呆症)予備軍の理解と防ぎ方

関連ページ:日本人の「貧困の連鎖」は、学習障害がつくる「言語障害」を改善すると好転します

関連ページ:日本人の心身の病気は「言語障害」がつくります。「言語障害」とは、学習障害がつくり出す病理のことです!!対策と改善の仕方をお伝えします!

関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「開ける」「空ける」「明ける」を、「読めればいい」「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「決済」と「決裁」の「漢字・漢語」を「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

関連ページ: No.227 日本人の「学習障害」と対策についてお伝えします!!

関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・3 人としゃべれません。話題がないからです。つい、スマホを出して画面を眺めます。
漢字は読めればいい、意味はどうでもいい!!が日本人の学習障害です
「自分はこう思う」と、偽(ぎ)の行動の目的をつくって異常な行動をくりかえします


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・2 【仕事の中で上司の言葉がよく分りません】
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです。「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・1 日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?

関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.