谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の心身の病気は「言語障害」がつくります。
「言語障害」とは、学習障害がつくり出す病理のことです!!
対策と改善の仕方をお伝えします!

クマ江
クマ江さん
言語障害」は「学習障害」がつくります。
学習障害」とは、「漢字・漢語」の音読みとその意味を不問にすることです。
言語障害」は、「自分はこう思う」の「思う」がつくり出す
「名詞」を破壊して「動詞に変える」ことです。
この破壊は、日本語(和語)の「ひらがな」と、ひらがな読み訓読み)がつくり出します
 
 

日本人の心身の病気の今

 日本人の誰もがよく分かっていて、そして、誰もが放置しているのが心・精神の病気です。
 少し前までの日本人は、「人の目が怖い」「人から見られることが怖い」「外出するのが怖い」などといった自分の心・精神の病気を心配していました
 現在は、このような対人にかんする病気を「なんとか改善したいと思っている」という回復への自覚の意識はみるかげもなく後退しています

 多くの日本人心・精神の病気はよりよい方向に向かっているのかというと、そういうことはありません。
 事態はもっとひどくなっています
 要介護状態の人が増えていること、家の外に出ることを止めてパソコン、スマホ、デバイスなどの画面(ディスプレー)表示させている画像や文字、文、ゲームを目で見たり、耳で聞いたりして「動物時間」と同じ「時間性」の中にどっぷり身を沈めて、「動物と同じ年のとり方」(身体の年齢があっという間に増えていくこと)の中で生きています。

日本人の心身の病気は、いっそうひどくなっている

 ここから発生している日本人の病理は、自殺いじめ虐待引きこもり不登校ゲーム依存症、といったことです。要介護状態は、日本人の心身の病気の到達点です。
 このような社会病理をあらわさなくても、かつて「早発性の痴呆症」といわれていて、今は「若年性の痴呆症」といわれている病理症状が「学校」「仕事の中の職場」にあらわれています
 心身の不調に陥ったので「休職している」「うつ病などのを飲みながら仕事をしている」「無気力状態で仕事をしている」「いじめたり、いじめられながら仕事をしている」「スマホをしょっちゅう眺めて仕事や人間関係葛藤の苦痛の感覚をマヒさせている」などといったことです。
 
●日本の女性が好む「レディースコミック」のテーマは「不幸」「悲惨話

 日本人の心・精神の病気の現在をよくあらわしている事例があります。
 「日刊ゲンダイ」紙(平成28年10月24日号)の「モノ知りラボ」欄の記事です。

 コンビニの本棚に並ぶ女性向けのマンガレディースコミック)のタイトルは十数年前から「ゲス男に尽す女」「女の泥仕合」「超セコイ女」などになっている
 これらが現代の女性の好みだ。
 90年代は、恋愛不倫が関心の高いテーマだった。
 現代は、「嫁と姑」「ご近所トラブル」「許せないダメ」が支持されている。

 ぶんか社の後進直樹編集長の話。
 「十数年前から女性は、人の噂話、不幸話、嫌いな女などのテーマで特集を組んでいます。それでもこれらはマイルドな方です。
 3年前からは、児童虐待貧困主婦など現実とリンクするハードな特集が女性に人気です」。

 例えば同社の家庭ミステリー」の11月号の特集は「40歳からつまづく女たち」(「不動産屋に不良物件を押し付けられた主婦」「マルチ商法にハマった主婦で一文無しになった貧困主婦の悲惨な生活」)などがテーマだ。


 別の特集のストーリーな女たちでは、「児童虐待」が主なテーマだ。
 「ゴミだらけのアパートで育った少女」「父親のDVで母を喪いリストカットをくりかえす少女」などだ。
 悲惨、不幸が週刊誌の報道のように描かれている

 明大講師の関修氏(心理学)の話。
 「自分が虐待貧困の主人公というのは稀でしょう。
 主婦の多くが子育てや家計、将来に漠然とした不安を抱えています。より悲惨なマンガのストーリーや出来事を読むことで、自分はまだマシ、と安心したいのではないでしょうか」。

●日本語(和語)の言語障害がつくっている「強迫」のイメージが「不幸話」「悲惨話」

 日本の女性がつくり出す「学習障害」とその結果の「言語障害」のつくるイメージが「レディースコミック」の不幸話、悲惨な話です。
 日本の多くの女性の脳の働き方がつくる言葉以前のイメージというものが「不幸話」や「悲惨な話」です。

 日本人の使っている日本語(和語・ヤマトコトバ)は、大野晋山下秀雄の説明によると動詞」だけの言葉です(已然や未然音韻の一つ一つが言葉になっている、などが証拠です)。


 「漢字」「漢語」だけが「名詞」「抽象名詞」をあらわします(日本の社会、政治、国、法、人間関係の法則は全て漢語とその字義、語義でつくられていることがその証拠です)。

 日本人は、「漢字」「漢語」のもつ客観とか空間性を日本語(和語)の表現のためにも教育制度として完成させればよかったのですが、しかし、そういうことはしませんでした

●日本人の学習障害言語障害

 「漢字」に「訓読み」をくっつけたり、「漢字」を「ひらがなふうに読む」「ひらがなの代わりに漢字を当てる」といったことをしてきました。
 これが、日本人の心・精神の病気をつくってきたのです。
 「どんな名詞動詞に変える」「漢字・漢語音読みとその字義・語義不問にする」などが心・精神の病気をつくってきたのです。

 ご紹介した「レディースコミック」の悲惨な話、不幸な話が日本の女性に好まれているというのは、「言語障害」が発生していて「強迫」とか「強迫神経症」のイメージを思い浮かべていることを示しています。
 レディースコミック不幸話、悲惨な話は、読んでいる当事者の女性が同じ状態にある、というのではなくて、「いずれ、近いうちに自分もこのとおりのことを行う」という「強迫」と「強迫神経症」の材料ネタ)です。

●日本の女性はこのように病気をつくっている

 日本語(和語)によって「行動が止まる」とか「いびつに歪んだ行動をあらわす」と、血管の中の血液生化学物質があふれて滞留し、脳の中にも回ります
 ノルアドレナリン(猛毒のホルモン)を中心としてアセチルコリンリュウマチなどをつくる)、セロトニン凶暴イバリをつくる)、プロスタグランジン(内臓に痛みをつくり行動を止める)、ロイコトリエン将来不安をかきたてる)などといったものが「バッド・イメージ」を思い浮べて、日々、毎日、内扱いによる破壊をつくり出します。
 バッド・イメージ快感ドーパミン分泌するので、その快感を志向する材料として「レディースコミック」や「スマホアプリ」の中の悲惨なニュースを愛好するのです。
 人間がおこなうことには、欲求を満足させる目的のないものはありません。

●パソコン、スマホ、デバイスとレディースコミック同じ強迫づくりをおこなう

 かつての日本人の心・精神の病気は、社会参加をしたり、自分の人生をよりましにするための知的対象という意味をもっていました。は、レディースコミックをはじめ「スマホ」「パソコン」「デバイス」が「強迫」や「強迫観念」のイメージの代替現象になっています。自分が選んで表示させたもののとおりに「行動」をあらわしています。その「行動」例が、レディースコミックの「児童虐待」「ゴミだらけの生活空間」「貧困」「借金」「DV」などです。
 これらは、日本語(和語)の「学習障害」がつくる「言語障害」という病理です。
 この終着点に「要介護状態」の原因の認知症(痴呆症)があります。

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、毎回、対策とアドバイスをお伝えしています。
 ぜひ、お役立てください。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「開ける」「空ける」「明ける」を、「読めればいい」「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「決済」と「決裁」の「漢字・漢語」を「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。
関連ページ: No.227 日本人の「学習障害」と対策についてお伝えします!!

関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・3 人としゃべれません。話題がないからです。つい、スマホを出して画面を眺めます。
漢字は読めればいい、意味はどうでもいい!!が日本人の学習障害です
「自分はこう思う」と、偽(ぎ)の行動の目的をつくって異常な行動をくりかえします


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・2 【仕事の中で上司の言葉がよく分りません】
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです。「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・1 日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?

関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.