谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)をつくる原因は、
「学習障害」=「言語障害」です。
予防に勝る対策はありません。


●言語障害が日本の心身の病気の原因です

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人に多く見られる心身の病気は、要介護状態に陥る原因の認知症(痴呆症)誰にも避けられない到達点であると考えてきました。日本人の心身の病気は、高齢になって体力が減退したり、身体の機能が衰える以前からうつ病」や「分裂病」(統合失調症)といった病理症状をあらわしています。
 ポルソナーレは、約40年くらいの間、この日本人の「心・精神の病」の解決のための対策の開発にとりくんできました。

 ここへきて、「原因は、日本語の使い方を誤っている学習障害と、ここからつくり出される言語障害が原因である」ことを明らかにしました。
 この「言語障害」については、説明すれば誰もがすぐに納得することですが、実は、多くの日本人がよく分かっていることです。ポルソナーレが新しく発見したとか、誰にも理解できない特殊な障害といったものではありません。

 「言語障害」とは何か?とひとくちにいうと、日本語和語・ヤマトコトバ)は、脳の中の言語野ブローカー言語野のことです)では、「秩序」とか「規則」とか「決まりごと」などをつくる言語領域でつくられてはいないという言葉です。この意味で、日本語は言葉ではあっても、ヨーロッパ語と同じ「言語ではない」のです。
 言葉言語は、定義からすると、同じものではありません。日本語(和語・ヤマトコトバ)は、言葉ではあっても言語ではありません。「時制が無い」などはその証拠の一つです。

●「漢字」「漢語」を無視するのが言語障害です

 日本が、明治以降、近代国家として発展してきたのは「漢字」「漢語」によってヨーロッパ語を翻訳して輸入してきたからです。
 「漢字」(漢語)が、社会や経済や法律や政治や日本人の人間関係生活を形づくり、運営し、維持してきています。
 「漢字」「漢語」は「言語」です。脳の言語野では「規則」(約束)をつくる言語領域で学習されて、記憶されています。ヨーロッパ語も、「漢字」「漢語」と同じ脳の言語領域で学習されています。

 もし、日本人が「英語を学んで身につけよう」「ドイツ語やフランス語を学んで、役に立つ言語の能力を身につけよう」と思うならば、「ブローカー言語野の言語領域」の「漢字」や「漢語」を学習する言語領域で学習しなければ、つねに「言語障害」が起こっていて、会話とか、説明するとか、相手の考えを正しく分かるためには「障害」が起こります

 もちろん、「英語」や「ドイツ語」「フランス語」を、会話や人の話を聴いて分かって、自分も話せるようになったからといって、何らの能力や実力をあらわすことにはなりません。ヨーロッパ(EU)では、難民問題イギリスの EU離脱が混迷を引き起こし、アメリカでは、貧困格差軍事行動政治問題を引き起こしているように、「手段として英語なり、ドイツ語、フランス語によって、何を対象にして話しどう判断するのかどういう論理で説明するのか?」という「目的」についての学習が必要です。

英語、ドイツ語、フランス語の学習と同じように、「漢字」「漢語を読めて、意味が分かるだけでは役に立ちません

 同じように、「漢字」「漢語」を正しく読めて、正しい意味を理解して、その上で「漢字」「漢語」を手段として、自分自身や周りの人たちの心身の病気を対象にしてこれをどのように改善するのか?どのように予防するのか?の「目的」について考えたり、説明したり、分かち合うというもうひとつの能力が必要です。

●日本人の「言語障害」とはこういうものです

 日本人の「言語障害」とは、「漢字」「漢語」を無視するという障害です。
 分かりやすい例をあげます。

◎例
●「見る」(みる)、「見」(ケン)
●「観る」(みる)、「観」(カン)
●「視る」(みる)、「視」(シ)
●「診る」(みる)、「診」(シン)

 多くの日本人は、人と話をするときに「相手の顔、目」を全く見ません。
 「る」(みる)の音読みの「」(カン)の意味の「くわしく、様子を目で観る」ということを無視するからです。
 「」(ケン)は、「目に、自然に、ひとりでに知覚の刺激が入ってきて感知する」ということです。
 「」「」「」を「みる」と訓読みで読むと、「相手の顔、目は見ない」という言語障害をあらわします。

●日本人が対人恐怖引きこもり異常行動をあらわすしくみについて教えます

◎例

●「聞く」(きく)、「聞」(モン)
●「聴く」(きく)、「聴」(チョウ)
●「訊く」(きく)、「訊」(ジン)
●「尋く」(きく)、「尋」(ジン)

 多くの日本人は、会話のときに、必ずソッポを向いて相手の話を聞きます。
 「聴く」の音読みの「」(チョウ)は、「注意して、相手の言葉の中身を分かるように聴く」という意味を無視するからです。会議でも、学校の授業でも、仕事の打ち合わせでも、下を向いたり聞き書きをしながら「聞く」というのが「言語障害」です。

 ポルソナーレが考察して明らかにした脳の働き方(言葉の生成のしくみ)に置き換えると、日本人の言語障害は、「右脳の視覚野」と「右脳の聴覚野」を働かせます。
 すると、人の話す言葉や、風の音やカラスの鳴き声のような「音」が中心に聞えてきます
 言葉の意味どころか、言葉そのものが聞こえた瞬間に消えてしまいます
 「相手の顔、目」も笑っているか、怒っているか、おもしろそうか、冷たい感じか、しか見えません。これが「言語障害」です。

 これがなぜ、病気とその症状をつくるのか?というと、脳の中では自律神経が「発声・発語」をつくり出すので、視床下部の「欲の脳」の交感神経が「自分の言葉」を「行動」にあらわすことで、病気をつくり出すのです。

 「視床下部」の中で、「外側核」を働かせる人は、「相手の顔、目は見ない人」です。行動全般が無気力になり、ほとんど何もしないで寝てばっかりの行動になります。
 自虐的になり、いつ死んでもいいという症状をつくり出します

 「腹内側核」を働かせる人は「相手の顔、目を見る人」です。ひとり言しゃべるために見ます一方的に話す目の前の相手を崩壊させるための「目標」として見るのです。

日本人が、心の病になると「暴力的」になり、近くの人間を「攻撃するしくみを教えます

 日本人に多い心身の症状の「対人恐怖症」は、「日本語」(和語・ヤマトコトバ)を「腹内側核」を働かせて話をする人がつくり出します
 「対人恐怖症」の中でも「人の視線が気になる」「人が自分を悪く言う言葉が聞こえる」「人が自分を嫌っている」「強迫のイメージ思い浮んで消えない異常行動止められない」などの神経症精神障害の行動をあらわします。

『谷川うさ子王国物語』パート・5カリキュラムをご案内します

 『谷川うさ子王国物語』パート・5(ファイブ)、(実践実技・日本語講座、日めくり式プリント形式のテキスト)の「第8ヵ月め」のカリキュラムは、日本人の「言語障害」のつくられ方と、その障害の起こり方、および対策について学習します。
 「認知症」(痴呆症)予防にもお役に立ちます。
 楽しみながら最後まで学習におとりくみください。

 学習した皆様のよいよい学習成果をお祈りしています。

うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「開ける」「空ける」「明ける」を、「読めればいい」「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

関連ページ:日本人の「学習障害」の例。「決済」と「決裁」の「漢字・漢語」を「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。
関連ページ: No.227 日本人の「学習障害」と対策についてお伝えします!!

関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・3 人としゃべれません。話題がないからです。つい、スマホを出して画面を眺めます。
漢字は読めればいい、意味はどうでもいい!!が日本人の学習障害です
「自分はこう思う」と、偽(ぎ)の行動の目的をつくって異常な行動をくりかえします


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・2 【仕事の中で上司の言葉がよく分りません】
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです。「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・1 日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?

関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.