谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙 【学習障害 その9】

日本人の「学習障害」は、
「漢字」「漢語」の名詞、抽象名詞を
「読める」「意味も分かる」と、
内扱いでバカにしてイバること、です。

クマ江
クマ江さん

1.「連休明けで子どもの自殺」、「40代以上の夫婦の卒婚」は、
日本語の動詞文がつくり出す「学習障害」が原因です。

日本人は、「学習障害」によって、破壊自壊のドン底に突入している。
概念としての名詞」を嫌い、偽(ぎ)の名詞行動の目的)を思い浮べるという構造としての病理を抱えている
 
 
ポルソナーレが、メタ言語によって初めて明らかにした日本人の「学習障害」は、内扱いという「動詞文」への依存症をつくり、仕事、学校、身近な人間を否定するというしくみのことだ。
ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

2.日本人の「学習障害」は、
漢字・漢語」を「読めればいい」とすることです。

鈴木孝夫が『日本語と外国語』(岩波新書)に書いているが、戦後、アメリカの「教育使節団」が「漢字排斥」を求めた
今でも、「漢字不用」の教育観が根強い。ここから、日本人の「行動の止まり」の症状がものすごく増えている
 
 
社会も経済も、社会的な人間関係も「漢字・漢語」のつくる名詞、抽象名詞で成り立っている。
読めればいい」とすると、「自分はこう思う」の「内扱い」が優位となり、「強迫」という妄想をつくる。
仕事に行けなくなる仕事の能力は見るかげもなくなる
ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

3.日本人の「学習障害」は、「漢字・漢語」を「読めないこと」です。

鈴木孝夫言語社会学者)は、「日本語・ひらがなの言葉」は、「発音」を「言葉」にしているので、「漢字・漢語」が読めなければ、「話せない」「人の話も分からない」という。
仕事の中の言葉」を全く読めない人は、どんどん失業していく時代になっている。
 
 
パソコン、スマホの「画像」「文字」「文」は、自分が選んだ「動詞文」の言葉だ。
仕事の中の言葉をどんどん読めなくなる
AI(人工知能の時代はこうやって選別される解体されるということだ。
ポルソナーレのカウンセリングが治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

4.日本人の「学習障害」は、「漢字」「漢語」の名詞、抽象名詞を
「読める」「意味も分かる」と、内扱いでバカにしてイバること、です。

日本語ひらがなの言葉)。「そう。そえる」(訓)。「漢字」は「」「沿」「」の三つだ。
漢語」は、「添加」「添乗」「沿海」「沿岸」「副詞」「副食」など。
多くの日本人は、この「漢字」「漢語」を内扱いで、不問にする
 
 
多くの日本人は、「行動」には、目的、対象が要るとは「思わない。だから、病気になって行動が止まっていいと「思う」。ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

5.日本人の心身の病気は、
話せない」「聞けない」「読めない」という「学習障害」の症状です。

メタ言語」からみると「ネット」の画面は、「読めない」「人の話が分からない」の脳の働き方をつくる。だから画面を見ながら、そのまま「あちら側」へ行く

学習障害」とは、「名詞」を壊し、「抽象名詞」を破壊することだ。壊し、破壊のメカニズムが「強迫」であり、「強迫神経症」だ。
 
 
メタ言語」から「スマホ見ながら歩き」「オンラインゲーム依存」「いつもスマホを握りしめて歩く」という人は、人間社会の「言葉」をなくしている
ポルソナーレだけがこのことを指摘する。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

6.日本人の「学習障害」は、「漢字」「漢語」を「読めない」ことです。

昭和54年に「国語審議会」は、「漢字」を「当用」から「常用」に変えた。「当分、漢字は使っていく」ということだ。
しかし、「漢字は読めればいい」「意味は分からなくったっていい」という方針は変わらない。
日本語(和語)の「内扱い」が否定している
 
 
社会の中の言葉は、全部が「漢字・漢語」で成り立っている。パソコン、スマホ、ケータイで「漢字・漢語」が全く読めなくなっている人は、「人生はおしまい」の日々をすごしている。
ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

7.日本人の「学習障害」。
漢字・漢語」を「全く読めない人」が典型です。

パソコン、スマホ、デバイスの画面に見る「漢字」「漢語」は「品詞の転成」というしくみで、全く別の言葉にデッチ上げられている。
社会、仕事、人間関係は「漢字」「漢語」でつくられている。
漢字・漢語」をバカにした日から人生は終わりに向かう。
 
 
メタ言語」というものがあると、誰も知らない。
知らなくったって、存在する。
ポルソナーレのメタ言語カウンセリングの言葉で日本人の「学習障害」を改善する。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

8.日本人の「学習障害」。
それは「行動を止める」という病理のことです。

日本人の「引きこもり54万人」。「ここ一年以内に自殺未遂を起こした人は53万人
死のうと思っている人は「女性は28・4%」、「男性は22・6%」。
これは、日本語(和語)の動詞文の「動詞」がつくり出す。
 
 
日本人は、何かというとすぐに「止める」。仕事も、人間関係も、もちろん「学習」も。「止めることを喜びとする」。ポルソナーレのカウンセリングが対策と改善の仕方を教えている。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

9.日本人の「学習障害」は、「漢字・漢語を全く読めないこと」です。

カタカナ英語」は「漢字・漢語」の代用品でもない。
「ニーズ」は「需要」「必要」「希望」の漢語の一括表現だ。
本人もどの言葉か?どういう意味か?は分からない
これが「引きこもり」「自殺」の原因だ。
 
 
日本人の「自殺」「引きこもり」が増えて、長期化して、高齢化している。
漢字・漢語」で社会、経済、仕事が成り立っているのにこれを壊しているのが原因だ。
ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

10.日本人の「学習障害」は、「漢字・漢語を全く読めないこと」です。

鈴木孝夫言語社会学者)は、「会話には、漢字・漢語思い浮ばなければ、ダメだ」と説明する。
日本語と外国語』(岩波新書)に書いている。「カタカナ英語」は、「会話」を破綻させる
 
 
メタ言語」(脳の働き方言葉の生成のしくみ)からみると、日本語(和語・ヤマトコトバ)は、「漢字・漢語」を外扱い壊すことをおこなう。
日本人の「うつ病」「分裂病」の原因になっている。
ポルソナーレのカウンセリングが正しく治す。
うさ子
谷川うさ子さん
クマ江
クマ江さん

11.日本人の「学習障害」の例。
「東京都・築地市場移転予定地、
豊洲市場の建物下で土壌汚染の盛り土がされていなかったこと」です。

報道では、「都庁役人のウソ発覚」と書かれている。
だが、これは、「自分はこう思う」の「思う」の動詞文が問題の核心だ。
一つ一つの「漢字・漢語」の名詞解釈されている。
 
 
汚染の内容」とは、「ベンゼン」という「発がん性」「引火性」の高い化学物質だという。
「大爆発」もありうるという。
こういう「漢字」「漢語」を「読まなくてもいい」「意味は分からなくてもいい」とするのが日本人の「学習障害」だ。都庁役人だけの問題ではない
ポルソナーレが正しく説明する。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・3 人としゃべれません。話題がないからです。つい、スマホを出して画面を眺めます。
漢字は読めればいい、意味はどうでもいい!!が日本人の学習障害です
「自分はこう思う」と、偽(ぎ)の行動の目的をつくって異常な行動をくりかえします


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・2 【仕事の中で上司の言葉がよく分りません】
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです。「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・1 日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?

関連ページ:日本人の「学習障害」とは?をお伝えします。

関連ページ:人気の「ポケモンGO」。ちょっと気になる衝突事故は「学習障害」です。

関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.