谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)に至るうつ病、分裂病、
本人もよく分かっている異常行動・発言の強迫神経症は、
「学習障害」が原因です。

クマ江
クマ江さん
日本語とは「和語・ヤマトコトバ」のことです。
漢字・漢語」は、弥生時代に大陸からやってきた外来語です。
ふだん日本人が話したり、聞いたり書いているのは、
和語ヤマトコトバ)です。
ひらがなの「言葉」のことです。
日本語(和語・ヤマトコトバ)には「抽象名詞」がありません。
概念としての「名詞」もありません。
仕事も、社会の人間関係も、社会的な生活も、
抽象名詞」「名詞で成り立っています
日本人病気という名のドン底に向かって直進していくのは、
名詞」はもちろん「抽象名詞」を不問にするものの考え方(性格)を当り前としていて、
病気そのものに依存して、
離脱も脱出も望まないからです。
日本人は、なぜにも、
そんなに容赦なく病気の奈落の底に向かって直進しつづけるのか?
それは、「動詞文」のもつ「内扱い」とい「食糧の独占」(日本語の起源)を骨、血液、筋肉にしているからです。
 
 

 「言語」について説明する言語には、「対象言語」と「メタ言語」の二つがあります。
 学校で「この言葉の品詞名詞、この言葉は動詞」と国語の授業で教わるのが「対象言語」です。
 この「対象言語」をよく観察して、「どういうしくみになっているのか?」「この説明は、理論上、正しいのか?」とくわしくかみくだいて説明するのが「メタ言語」です。

 国語学者大野晋の説明する日本語のしくみは「メタ言語」です。同じように、山下秀雄も、鈴木孝夫も、吉本隆明も「メタ言語」を説明します。
 当然、ヘーゲルの説明する「精神現象学」もハンナ・アーレントの説明する『人間の条件』も「メタ言語」です。
 ポルソナーレは、「脳の働き方」(言葉の生成のメカニズム)から日本語(和語・ヤマトコトバ)を説明するので、「メタ言語」をお話しています。

 メタ言語から「日本語」をとらえると、「日本語とは、和語・ヤマトコトバひらがなの言葉」のことです。
 日本語は、言語のカテゴリーでは「言語」であることはまちがいありません。
 しかし、「漢字」のつくる言葉の『漢語』に対して「和語=訓読みはヤマトコトバ」というのは、「言語」としては不完全であることをいいあらわしています。
 その不完全さとは、日本語(和語・ヤマトコトバ)には、「抽象名詞」が無く、「名詞」も無いことを指します。

 「家」「米」「花」「犬」「猫」は、「名詞ではないのか?」と思う人もいるでしょう。また、大野晋は、「淋しさ」とか「憂さ」とか「わびしさ」は、日本語(和語)の抽象名詞であるといっているではないか?と思う人もいるでしょう。
 これらは、「品詞の転成」といって、ア、イ、ウ、エ、オの発声の「発音」を品詞言葉)にしたものです。
 ポルソナーレのゼミの学習をつづけてきて、御支持をいただいている方々には、「概念としての名詞ではない」「概念としての抽象名詞ではない」という説明を理解していただけるはずです。

 
 非常に多くの日本人は、「社会の現実」や「社会性のある日常生活」、「恋愛結婚などの社会性のある人間関係」は、全て、いっさいが「名詞」「抽象名詞」でつくられていることを不明としています。
 これはじつに驚くべきことです。
 「名詞を知らない」「抽象名詞など、見るだけで気分が悪くなる」と思い、目をそむけているにもかかわらず、「仕事には行く」「恋愛したがる」「結婚ぐらい、カンタンにできるんじゃないか」「子どもを産むのは誰でもやっているんだから、産めば淋しくなくて幸せなんじゃないか」と、「名詞」「抽象名詞」のつくる共同とか共生の関係の中に、歩みも軽やかに突入しているからです。

 知らないことが何かの問題になるということはありません。
 日本人の心身の病気「知らないこと」ではなくて、「名詞」や「抽象名詞」を目にしたり、口にしたり、耳にしているにもかかわらず、その経験の局面で名詞無視する」「抽象名詞ウソっぽく作り変えて、いびつに歪めてしまうということに根ざしています。
 これは、日本語(和語・ヤマトコトバ)が、どんな「品詞の言葉」も「動詞ひとつで作り、粘土工作のように作ってしまうことに理由があります。これを「品詞の転成」といいます。
 国語学者大野晋が説明しています。

 英語やドイツ語、フランス語を習っている人は「主語、動詞には、名詞抽象名詞目的語が要る」くらいのことはよく知っています。
 「じゃあ、なぜ、日本語をしゃべるときに名詞正しく言わないの?」「英語などの抽象名詞に対応する和語ヤマトコトバ)は無いから、漢字・漢語名詞抽象名詞を概念の水準でしっかり学習しないの?」という矛盾疑問を抱くことはないというのが、日本人のものの考え方です。

 その理由は、日本語の「動詞文」のもつ「内扱い」の麻薬のような依存症にあるのです。
内扱い」とは、日本語(和語)の「動詞文」のことです。この「動詞文」を手放さない、というのが「名詞の無視」、「抽象名詞の無視」です。

 無視とは、破滅のドン底に向かって直進していくことです。
 「名詞」を無視すると行動が成り立たないと、「英語」を話すときはよく分かって、「一つのリンゴ」「昨日、ショッピングに行った」と発声しても、日本語(和語)でしゃべるときは「みたいな感じ「あるイミ……」「なんというか、こう、あれ……」「やりました、やります」と「5W1Hの断片もカケラもなく話すのは「英語」の学習でも、O(目的語名詞)、C(補語、形容詞)を「外扱い」して耳で聞いても「分からない」と不問にしているからです。
 これが「動詞文」による「内扱い」で依存症です。

 「名詞概念として正しく学習する」「認知症(痴呆症)になって、トイレや入浴まで人の世話になるのを防ぐために、抽象名詞をポルソナーレのレクチュアするとおりに学習する」というように、「動詞文」からの離脱、病気の状態からの脱出全く望まないのが重度の依存症です
 動詞文の日本語(ヤマトコトバ)の起源は、「食糧を独占する」という旧神話「瓜子姫」に根ざしています。
 「家長」がクリやドングリの「食糧」を独占して、とりわけ老人、まっ先に子どもを飢えと飢餓に追いやったという「食糧起源説」です。s
 「漢字・漢語」は、「稲作文明」を起源としているので、「アマテラス神話」をつくりました。
 これが、日本の国(国家)(共同幻想)の起源です。

 重度動詞文依存症は、「強迫」という「擬似名詞」(妄想行動の対象)をつくります。目の前に人間がいれば、「強迫」の対象を転化、転用して目の前の人間をののしり、噛みつきます。歯をムキ出しにしてガブガブといつまでも噛みつづけます。
 目の前に人間がいないときは、「手を100回洗う」といった異常行動強迫神経症)で、容赦なく、希望の星のまたたきも見えない暗いドン底に向かって、一方通行のすべりやすい道を直進します。

 これが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした日本人の「学習障害」の実体の一端です。
 ここまで明らかにしえたのは、ひとえに現ゼミ生の皆様のご支持のたまものです。
 ご厚意にむくいるために対策も同時に開発しています。
 お役に立てていただけばこのうえなくありがたく思います。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・2 【仕事の中で上司の言葉がよく分りません】
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです。「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます


関連ページ:日本人の「学習障害」の事例・1 日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?

関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.