谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の「学習障害」とは?をお伝えします。

 

 言語について説明する「言語」には二つがあります。
 一つは「対象言語」です。この言葉の品詞名詞だ、この言葉は動詞だ、と説明するのが「対象言語」です。学校教育で説明されているのが「対象言語」です。

 もう一つは「メタ言語」です。
 「対象言語」のしくみ、構造、その真偽を説明するのが「メタ言語」です。

 国語学者大野晋山下秀雄鈴木孝夫などが説明する言語は「メタ言語」です。

 ポルソナーレは、脳の働き方から見た「言葉の生成のメカニズム」にもとづいて「日本語」を説明するので、「メタ言語」をお伝えしています。

 ポルソナーレが「メタ言語」(脳の中で言葉はどつくられているのか?のメカニズム)から日本語をとらえる理由は、「経験同一化の法則」というものがあるからです。「人間は、自分が考えたことを実行して、考えないことは実行しない」という法則です。
 この「考えること」には、「正常な考え」も「病的な考え」もふくみます。
 この「考え」は、「無意識に考えること」と「自覚的に考えること」の二つがふくまれます。

 わかりやすい例をあげると、「相模原障害者刺傷事件」「介護殺人」「女子高校生母親殺害事件」「騒音襲撃殺害事件」などは、「無意識に考えていること」の「考え」が引き起こしている事件です。
 無意識に考えていること」が言葉や行動になってあらわされた事件です。

 同じように「うつ病」とか「分裂病」とか「強迫神経症」「強迫観念」といわれている病理の行動や言葉も「無意識に考えていること」があらわしている行動や言葉です。

 「メタ言語」の観点から日本人の病気心身の病理)をあらわす「無意識の考え、その言葉」を観察して考察すると、それは「日本語」の「和語」(ヤマトコトバ)が原因になっています。

 重要なことは、日本語和語・ヤマトコトバ)が病気をつくったり、事件を起こすのではありません
 人間が、日本語和語・ヤマトコトバ)の使い方を誤って、その結果、多くの人々が心身の病気に陥っています。
 日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)も、日本語和語・ヤマトコトバ)を、病気に陥るように使って、その結果、「介護殺人」も起こっています。

 日本語は、「漢字」をみても分かるように「訓読み」と「音読み」というように二重になっています。
 和語(ヤマトコトバ)とは、「訓読み」のことです。
 「音読み」は、外来語の読み方とその意味字義・語義といいます)です。
 日本人がふだん話したり書いたりしている文、文章は和語(ヤマトコトバ)です。
 「漢字・漢語」は、「社会」「社会制度」「企業の中の仕事」「学的な知識」を成り立たせています。人間関係の中のモラル倫理)も「漢字・漢語」で「ルール」「きまり」という規範秩序をつくり、共同体共生共存、といったものをつくっています。

 人間のの中には、言語野があります。左脳右脳ともに言語野があります。
 もうひとつ、目で見る、耳で聞く、などの五感覚の「感覚野」があります。『実像』という部位です。
 言語野は、空間性の領域時間性の領域に分かれます。
 「漢字・漢語」は「空間性の領域」で「客観」を表象します。和語(ヤマトコトバ)は、「時間性の領域」で「主観」を表象します。

 和語(ヤマトコトバ)は、脳の中で「空間性客観)を「無いもの」として言いあらわし、これを行動にあらわすというしくみをもっています。これが言葉や行動になると、「妄想」をしゃべり「強迫偽の目的」をつくって異常な行動をあらわすしくみになっています。
 社会秩序が分からない、社会に敵意を向ける、そして家族や身近な人間を殺害する、というしくみをもつのが和語(ヤマトコトバ)です。

 「内扱い」「外扱い」というものの考え方を無意識につくるのが「和語・ヤマトコトバ」です。和語(ヤマトコトバ)が「内扱い」で、「漢字・漢語」が「外扱い」です。
 和語(ヤマトコトバ)の起原をさかのぼると縄文時代にいきつき、『瓜子姫』(民話。旧・日本の神話)に到達します。
 神話は、いずれの国でも「食糧起源説」を伝承しています。

 和語(ヤマトコトバ)の神話(瓜子姫)は、「自分はこう思う」の「動詞文」を原型とするので「家長」が「食糧を独占した」という起源を伝えています。「内扱い」は、大野晋のいうように「親愛」「愛狎」「軽蔑」「侮蔑」をあらわす敬語体系で、身近な恋人、夫、妻、親、子どもを殺害したり、虐待します。家長による食糧の独占で、他の人間を飢餓に追いやる」ということを、現代の日本も、無意識におこなっているという「無意識の観念の運動」の根拠になっています。

 日本人の「自殺」、「他者の殺害」、「介護殺人」「ニートなどの引きこもりによる生活」「長期の休職状態」がなぜ、成り立つのか?の理由は、「内扱い」の説明する「家長による食糧の独占」という和語(ヤマトコトバ)のしくみが根拠です。無為に過す自分は他者の財(食糧)によって生きていく」という動物一般と人間の境界領域での生き方です。
 この脳の中の境界領域の存在は、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」で説明しています。

 脳の中の「境界領域」は、日本語和語・ヤマトコトバ)の言葉のつくられ方によく示されます。
 大野晋『日本語の文法を考える』(岩波新書)で、「品詞の転成」を説明しています。


 「品詞の転成」は二つのパターンがあります。
 一つは、語幹の語尾に「i」(イ)か「u」(ウ)かをつけて、名詞動詞にするという言葉のつくり方です。

◎ひかり(光)
 hikar-i(イ…名詞
 hikar-u(ウ…動詞

 この訓読みは、「漢字・漢語」の「光」(コウ)の字義・語義を「解釈」します。

◎「光源」「光沢」「光彩」の「光」(コウ)の「字義・語義」の「明確」「明晰」「明瞭」は「無い」ものと「解釈します。

 「品詞の転成」は、もうひとつ「露」(つゆ・名詞)を「つゆ忘れじ」の「つゆ」のように副詞転成させるというパターンがあります。
 この転成の仕方が「相模原障害者大量殺人事件」を起こしています。

◎障害者(ショウガイシャ)

 容疑者「居ない方がいい」。
 字義・語義共生共存の対象である」。

 和語(ヤマトコトバ)の言葉のつくり方の「品詞の転成」で重要なことは、和語(ヤマトコトバ)には、「抽象名詞がない」ことです。当初は「悪」とか「善」とかの抽象名詞には「訓読み」はなかったのです。現代では、悪(わる)、悪(わるい)という解釈がつくられています
 和語(ヤマトコトバ)には、抽象名詞がない(悲しさのように「sa」(サ)をつけて情緒抽象名詞つくっていました)ということの理由は、日本人の脳は「境界領域しか働いていないので、「つねに、抽象名詞にたいして学習障害を起こす」ことを説明します。

 この「学習障害」が日常生活の中の「名詞」にまで拡大すると、「強迫」が「強迫神経症」に転成します。
 認知症要介護状態自殺徘徊寝たきり、が起こります。

 ポルソナーレのカウンセリングは、日本人の「学習障害」を日本人の心身の病気問題の所在と指摘して、ゆいいつ、対策と改善の仕方を教えています
 生育歴家庭環境しだいでは、このような対策も「内扱い」の対象にする人もいますが、「空間意識」を「経験同一化の法則」にしている人には、お役に立っていることはたしかです。
 伝えているところを実行しさえすれば、効果があらわれます。
 とりくんだ方のよりよい学習成果をお祈りしています。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.