谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

人気の「ポケモンGO」。
ちょっと気になる衝突事故は「学習障害」です。

クマ江
クマ江さん
人気の「ポケモンGO」(スマホ向けゲーム)は
「おもしろい」「ハマる」と喜ばれています。
室内でゲームをしていた子どもが
外に出て歩き回っているから
健康にもいいといわれています。
「動けなかったうつ病患者が歩き回っている」から
うつ病の改善効果がある」ともいわれています。
なぜ人気なのか?
なぜ喜ぶ人がたくさんいるのか?
ここをご一緒に考えます。
 
 

 「ポケモンGO」はスマホを使ったゲームです。
 だから、「ポケモン」というゲームが人気があると思われています。
 「ポケモンGO」は「GPS位置情報」と「AR」(拡張現実)を利用した画面(ディスプレー)表示ゲームです。
 ふつう、「ポケモンGO」の「ゲーム」だけが注目されているので、「ポケモン」に人気があつまり、多くの人が愛好しているように見えます。

 なぜ、こういう見方になるのか?というと「スマホ」「パソコン」「デバイス」の通信技術画面に表示される「画像」「文字」「文」の本質は不問にされているからです。
 世界中の誰もが、「ディスプレー(画面)見える画像、文、文字は、何を見ていることになるの?」「現実の事物を見る、聞くことと、本や新聞の文、文字を見ることと、どう違うの?全く同じなの?」ということについては、考えられていません
 理由は、「」という五感覚知覚」と「人間の意識が見る、聞く」という二つの働きが脳の中でつくられているということを説明する必要があるからです。「人間の意識」(言葉、言語)は脳の中で、「見る」「聞く」という「知覚からどのようにつくられていくのか?ということを理論的に、実証的に説明すると、ディスプレー(画面)に「見えるもの」は、人間の意識」(言葉や言語)によって「見るもの」「聞くもの」とは全く別のものであることが分かります

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、ほとんど20年近くの歳月をかけて、日本人の「対人恐怖症」とか「強迫神経症」とか「妄想」(人の悪口が聞こえるといった思い込みと、このことを人にしゃべる症状)のつくられ方を、働き方のしくみから考察してきました。
 なぜ、こういうことをおこなってきたのか?というと、「それは妄想です。5W1Hにもとづいて置き換えてみても、何らの事実にももとづかないことを、あなたは話しています。これが妄想ということの証明です」と話しても、この話を何も聞いていないことがよく分かるからです。

 社会的にみても正しいこと、万人にとって正しいという理解の仕方を説明してもこの説明を聞いているのに聞いていない、拒否している、理解されていない、ということが明らかになります。これは、脳の中で病理と深く関わりのある「働き方」がおこなわれていることの観察と判断になります。

 誰もが「妄想」をイメージするというと、これはどなたも否定しないでしょう。
 よく知られている「妄想」は、「人が恐い」「人としゃべると緊張する」という妄想です。
 このような「妄想」は、自分が勝手に思い浮べるイメージです。
 妄想の特徴は、「人が恐ろしい」というイメージが思い浮ぶと、「恐い」のイメージのとおりに行動することにあります。
 人を避ける人と話さない外出しない顔がひきつる身体が震える、といったように「行動」をあらわします。
 ここでは、「恐い」ということには、正当な理由があるかどうか?はどうでもいいこととして無視されます社会的な秩序倫理的な秩序というものは全く思考されません。これが妄想というものの本質的なしくみです。そして特徴です。

 アメリカでの「ポケモンGO」の人気ぶりについての報道があります。
 米国務省のカービー報道官が記者会見中に、ある記者に言いました。
 カービー報道官「君、今、ポケモンやっているよね?
 記者「見てただけです

 アリゾナ州で、夜、2歳の子どもを放置して、夫婦が ポケモンGO遊びのために家を出ていた。隣人が、2歳の男の子が泣いておむつ姿のはだしで外に出ているのを発見して、警察に通報した。
 20代の夫婦は、子どもを危険にさらした容疑で逮捕された。2人は「ガソリンを買いに行った」と虚偽の供述をした

 二つの事例を見ると、「スマホ」の画面(ディスプレー)の表示は、ほとんど妄想」と同じ性質をもつことが分かります。
 「スマホ」も「デバイス」も「パソコン」も、テクノロジーという通信技術による「送受信」の機械です。したがって、誰かに何かを伝える、伝えられてきたことを受け取るという機能は「通信の媒体」です。
 しかし、「おもしろいアプリ」「楽しいアプリ」「ハマるアプリ」だけを画面(ディスプレー)で見ると、ここでは主観」という「欲求のつくる「言葉」(動詞)だけで「見る」という脳の働き方に変わります。
 これは、現実の中の仕事、生活の中の「名詞」を解釈して作り変えるという脳の働き方がおこなわれるようになるのです。

 事例に見るように、アメリカの英語圏でも「動詞」中心の思考になるということは、日本語の「動詞文」の「動詞」は、「妄想」の代替えとして「アプリ」を見るようになるのです。
 ディスプレー(画面)に見る「画像」(文、文字)は、それ自体は「妄想」ではありませんが、日本語の「和語」(ヤマトコトバ訓読み)にとっては、「妄想」も「ディスプレー」(画面)に見える「画像」も「文」も「文字」も同じ性質のものです。
 ほとんど「妄想」のイメージと同じ「動詞」による「名詞化」したものとして「認知」されるのです。

 「妄想」とディスプレー(画面)表示の「画像」「文」「文字」との違いは、「」(視覚)の「五感覚の知覚」の「知覚」が働いているか、いないか?にあります。「感覚の知覚」と「画像」とが一致しているので実際の「行動の対象」になるという違いがあります。
 「妄想」の場合は、「視覚の知覚」は働かないので、現実にたいして葛藤が生じます
 現実の中には「妄想」と同じ行動の対象無いので、この「妄想」を人に話すと「あなたの言っていることはおかしいですよ」と否定されるでしょう。ここで内省なり反省なりが起こるのが葛藤です。

 しかし、「スマホ」(ディスプレー表示)の場合は、ストレートに「画像」(文字、文)を目で見るという「動詞」が成立するので、仕事、生活、人間関係の中の「名詞」「抽象名詞」がすぐにその場で破壊されます。「強迫」と「強迫神経症」がつくられるのです。

 「対人恐怖」などの「妄想」を抱えて仕事をしていた時代は、まだ「名詞」や「抽象名詞」を学習する余地がありました
 スマホ」の時代になった今は、ディスプレー(画面)「見ること」がすなわち「行動すること」となり、「現実の中名詞抽象名詞」を即座に壊すことにつながりやすくなっています。
 社会は、「名詞」「抽象名詞」で成り立っています。
 そこでポルソナーレのカウンセリングは、ディスプレー(画面)に見る「強迫」「強迫神経症」という学習障害を改善するために正しい日本語の学習の仕方を教えています。
 ぜひ、お役立てください。

うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:気になる「相模原障害者施設、襲撃事件」は「学習障害」の行動です。

関連ページ:「相模原・障害者施設」19人刺殺事件は、「学習障害」が原因です!

関連ページ:日本人は誰もが「学習障害」です

関連ページ:日本人の要介護状態の原因の認知症(痴呆症)は、「学習障害」が原因です。

関連ページ:日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!


関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.