谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の多くの人は「強迫」という像や言葉を脳の働き方
(言葉の生成のしくみ)がつくり出しています。
「女子中学生・手つなぎ電車飛び込み心中事件」
「ストーカー男・アイドル女性刺傷事件」「交際相手の女性の自宅二階にはしごをかけて襲って一家3人を殺傷した事件」は、いずれも、「強迫」(像、言葉)がつくり出しています!!

クマ江
クマ江さん
日本人の心、身体の病理というと、大正時代から「対人恐怖症」「強迫観念」「心身症……自己免疫疾患」と決まっていました。これらの病理症状は、「鬱病」「精神分裂病」(統合失調症)と言い換えられてきました

ポルソナーレの日本人の病理の現場の観察をとおして検証してみると、現在は、パソコン、スマホ、デバイスのテクノロジーの普及によって、日本人の心、精神の病理は、全て「強迫」に集約されています

この「強迫」が日本人の要介護状態の原因の「認知症」(痴呆症)の原因になっています。
このポルソナーレの日本人の病理の説明は、現ゼミ生の皆様以外、誰もにわかに理解しないかもしれません。
しかし、日本人の現実に目を向けると一年を通して、ある日突然、メタンガスが噴き出して燃え出すような事件が、発生しています。
これらの事件は、「強迫」がつくり出しています。
強迫」が原因です。「強迫」の原因は、日本語の動詞文動詞」の使い方にあります。
すると、対策予防も、名詞」を正しく話し、聞き、書くことです。多くの日本人にとっては、これが実に難しくて、非常に困難なことです
ポルソナーレのみるところ、現ゼミ生の皆様は、このことをよくくみとり、よりよい成果をあげておられます。
現ゼミ生の皆様から厚い御支持をいただいて全力をあげて浮上させた「強迫」についてお伝えします!!
 
 
 たとえば、「女子高校生がソファで寝ている母親の首をタオルのようなもので絞めて殺害した」という事件があります。
 多くの人は、日本人の間では、たくさんの「なぜそういうことをするの?」と思えるような事件ひんぱんに起こっているので、すぐに忘れて気にもとめないようです。なぜ、気にとめないのか?というと、これはこれで非常に重要な問題をつつみこんでいます
 ポルソナーレは、「なぜ、寝ていて無防備な母親の首を絞めて、女子高校生が殺害するのだろうか?」と注目します。
 あれこれと、つきつめて考えてみますと、ここには日本人だけに特有のものの考え方があることに気づきます。
 日本人に共通する「性格のプロフィール」です。
 日本人に共通する「性格」です。

 この「性格」について誰もがよく知っていることを説明します。
 「貴様」(きさま)という言葉があります。「キサマ」と発声し、発音します。
 この言葉の意味は、もともとは、「殿様」など社会的に地位の高い人に呼びかけるときの言葉でした
 このことすらも知らない人はたくさんいるでしょう。
 この「貴様」は、今は、「バカヤロウ」とか「ふざけるなよ」といったふうに、なれなれしく相手を軽んじて、対等か、見下した言い方に用いられています
 これは、「社会的なマナー」とか「社会的な秩序関係」を無いものとみなしぶち壊すことがおこなわれているということです。

 同じように、「御前」(おんまえ)という言葉は、もともとは、「神様の御前」が正しい意味でした。「御霊前」とか「御供養」といったことと同じ意味です。
 それが「お前」(オマエ、テメエ)というように使われています
 支配するぞ、言いなりになれ、逆らうな、といった言葉に変えられています。このことに気づく人もいないでしょう。「お前」と言われて喜ぶ人もいるし、ことさらに好んで「オマエ」「テメエ」「テメエら」と言う人もいます。
 倫理を破壊する」ということが、日常的にあたりまえにおこなわれているというのが日本人の間に共通しています。
 これが、日本人の「性格」のプロフィールを形成しています。
 「倫理って道徳のことでしょ」「宗教の言うことでしょ」と言う人は多いでしょう。
 ハンナ・アーレント吉本隆明哲学では、倫理モラルモラル道徳宗教とか国の権力が人をシバるために押しつける行動秩序のことだとは言わないのです。
 道徳倫理)は、たしかに公園にゴミを散らかさないようにしようとか、電車の中で、大声で会社の悪口を言うな、とかの言い方として用いられます。これも「モラル」です。

 もともとの倫理の発生の場面は、「共生」とか「共存」にあります。病気の人も、老人も、幼い子どもも、元気な人も、誰もが、安心して安全生きていくために力をさしのべるお互いに支え合うというのが「共生」です。相手に気づかい相手の幸せとか喜びを自分も喜ぶ、というのが「共生」です。そういう毎日、毎日の暮し方が「共存」です。
 山登りにみんなで行くときは、いちばん力の弱い人にペースを合わせて、歩調を同調させて仲良く進んでいくでしょう。
 それが「共存」というものです。
 このときの「行動の秩序」が「倫理」(モラル)です。

 「貴様」(キサマ)「御前」(オマエ、オメエ、テメエ)は、大野晋国語学者)によれば日本語の「敬語体系の中の言い方である」と説明しています。
 「貴様」(尊い方)、「御前」(神様の前)は、「外扱い」の言い方だということです。
 「キサマ」「オマエ」「テメエ」は、「内扱い」の言い方だということです。
 「内扱い」を好む人、喜ぶ人は、「貴様」「御前」のもつ本質の「社会的な秩序」や「共生」や「共存」の正しい意味の「倫理」(モラル)を壊すことを「言葉」で言いあらわす「性格」のプロフィールを特徴にしています

 誰よりも強迫」のイメージ(像、言葉)を強く脳の中に表象している人です。
 その言葉は、「見る」「聞く」「話す」という「行動」によってあらわされます
 「会話のときに、相手の顔、目を見ない」(ソッポを向いてしゃべる)、そして「相手の顔、目を見るときニラみつけてしゃべる」「話すときは一方的にしゃべる」「大声でしゃべる」「作り話をしゃべる」「自分はこう思ったということだけを話す共通の話題とか、話す目的や対象については話さない)」といったことが「強迫」のイメージを表象している証拠になります。

 人間がものを「見る」「聞く」というのは、自律神経の交感神経がいつも、いつも、しっかり働いていなくてはならないのです。
 「見る」「聞く」というのは脳の中では、二重になっています。生理としての機能の「見る」「聞く」と、「言葉を介在」させて、この言葉の働きで「見る」「聞く」二つです。
 前者は、物理としての「見る」「聞く」、後者は心的に「見る」「聞く」という違いです。
 どっちも、交感神経Y経路といいます)がいつだって働きつづけなくてはマトモとはいえないのです。

 交感神経が働くとは、「名詞を言う」「名詞を話す」「形容詞を話す」ということです。
 交感神経が働かないとは、「動詞」の言葉しかしゃべらない、しゃべれない(名詞は分からない)ということです。
 名詞とは、「貴様」も「御前」も「花」も「犬」も「猫」も「水」も「家」も名詞です。
 概念として分かることが「分かる」ということです。 
 身体の目が見て「花」だ「猫」だと分かっても「名詞ではありません
 そういう分かり方は、すぐに忘れます
 目的にして行動する必要があるときに、「分からない」から「行動が止まる」のです。この「行動の止まり」が「脅迫」です。

 人間は、食事をしたり、水を飲んだりと、必ず「行動」を必要とします。 
 多くの日本人は「行動の止まり」がいつでも起こるので恐怖をかかえています
 そこで「キサマ」「オマエ」「オメエ」のように交感神経のとらえる対象を「壊す」という「行動」をつくり上げています。
 そのわかりやすい例が「高1女子の母親殺害」だったり「女子中学生2人の電車飛び込み心中」だったり「ストーカー男アイドル女性刺傷事件」などです。
 こういう日本人の「性格プロファイリング」は、全くなじみがないのでボンヤリとしか耳に入らないし、心にひびくものでもないかもしれません。

 現実は、あなたも、あなたの身近な人も、「強迫」のもつ倫理破壊にしたがっていつ、どこで「行動が止まるか」は、必然と時間の問題のもとで過ぎています
 まずは、「名詞を正しく言う」ことからがんばってとりくんでみましょう。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.