谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「騒音トラブル殺人事件。兵庫・尼崎市、母娘襲撃。
東京・江戸川区、1階住人が2階の住人を襲撃」
日本人は、音(発声)がすると反射的に反応して
攻撃的にしゃべり出し、
自分の人生を終わらせようとするのはなぜか。

クマ江
クマ江さん
平成28年5月19日に、
騒音トラブルを理由とする襲撃、殺人事件が2件起こった。
どちらもアパート1階の住人が2階の住人を襲っている。
日本人は、正しい会話ということが全くできない。
相手が話すと反射的にひとり言のように話し出す。
相手が黙ると火に油を注ぐようにひとり言をしゃべりつづける。
この事件は、「強迫」がつくった「行動」の典型である。
 
 
 平成28年5月19日に、騒音音がうるさい)を理由にしたトラブル、殺人事件が2件、つづけて起こった
 一件めは、19日の午前2時40分ごろ、東京都江戸川区のアパートで起きた。午前2時40分とは、誰もが寝ている時間だ。
 アパート1階の加害者の男性(73歳)が、2階の被害者の男性(54歳)を襲った。
 拳銃で頭を撃って射殺した。自分も1階の自宅で頭を撃って死亡した。
 「2階の男性を拳銃で撃った。これから自分の頭を撃つ」と110番通報した。

 二件めは、19日の午後4時45分ごろに起きた。
 兵庫県尼崎市のアパート前の路上で、アパート2階の母親(61歳)と娘(33歳)が襲われた。
 襲ったのは1階の住人、67歳の男性、豊島速夫容疑者(無職)だ。
 「音がうるさい」(騒音)が殺害の理由だった。
 ハンマーで殴られ、包丁で刺されて、母親は重傷を負い、娘が死亡した。

 このような「騒音」を理由にしたトラブルは、「危険な隣人である」と防犯アナリストの梅本正行は書いています。
 (『安心できない時代の生き方』PHP研究所)
 では「騒音をめぐるトラブル」とは、ふだんはどういうトラブルのことをいうのでしょうか。
 「相手が話している」という時に、「自分だけが一方的にえんえんとしゃべりつづける」(このときは、相手の顔、目を見ないソッポを向いて話す)ということと全く同じ行動が「騒音トラブル」です。
 あるいは、ハッハッハーッ、ワッハッハッハーッ」と笑い声を出しながら話す、聞くという行動も「騒音トラブル事件」と共通しています。
 相手がしゃべる声を聞きながらワッハッハーッと笑うと相手の話の中身は壊れます。もちろん、自分の話す話の中身もバラバラに壊れますこの壊れることをおこなうのが「笑い」という行動です

 会社の仕事や会議で、せっせとノートに「聞き書きをする」「ノートパソコンに、入力しながら聞く」というときの耳だけで聞いて、目は相手を全く見ないという行動も「騒音トラブル」を起こす行動と同じです。
 日本語動詞文であることに理由があります。動詞文の「動詞」の「見る」「聞く」「触る」のことです。人間の身体の感覚の知覚をあらわすという動きのことです。
 このような動詞は、右脳の視覚野聴覚野が働きます。
 右脳の視覚野聴覚野は、ロック(ジョン・ロック)のいう物の第二の性質色、味、香、自然音しか「見ない」「聞かない」のです。「触ること」も同じです。

 だから、「人の話を聞く」ときは、「しゃべっている発声、発音だけを聞く」(話の中身は無いと無意識に考えて無視する)のです。
 「自分が話す」ときは、「ア、イ、ウ、エ、オの音声(発語)中心となって、話の中身は無いという話し方をします
 だから、日本人は、「いいじゃない」「ステキじゃない」「……と思うじゃないですか」というように、「ない」(無い)を「有る」と言いあらわします
 「無い」とは、ものごと名詞抽象名詞形容詞が「無い」、この「無い」は「有る」のことです。「有る」のは、ロックのいう第二の性質の認知だけで、話の中の名詞、抽象名詞形容詞は「無い」のです。

 「騒音トラブル」の場合でいうと、騒音が聞こえているときは「無い」なので、「無いものは壊す」として反応してののしり文句を言い、大声を出して罵倒しました。
 これは、相手がしゃべるとでも」とか「いやあ」と否定するかもしくは話されたことには一言も触れないで、全く別の話題をしゃべり出す、ことと同じです
 聴覚中心話し方です。
 ロックのいう第二の性質自然音しか聞かないのが聴覚中心です。

 「騒音トラブル事件」は、夜中の午前2時40分ごろと、午後4時40分ごろの路上で、襲撃と殺人が起こっています。
 いずれの加害者も、騒音の無い時に「有る」と騒音をイメージしています視覚のイメージに転換されて、騒音を出している人物とその行為をイメージしています
 ロックのいう第二の性質視覚のイメージは、主観のつくる性質しか思い浮べないので、いびつに歪み、ねじ曲った悪意を感じるイメージを思い浮べます。

 このイメージが「有る」です行動の対象、および目的として思い浮べられます
 だから、この架空のイメージを行動の目的に手足が動きましたこれが日本人の強迫神経症です。

 自分が容易にしゃべることができると思う相手にくりかえし困っていることの質問をする正しい回答を聞いても無視し同じ困っていることをくりかえして質問することと同じ強迫神経症です。「今、聞いたことは無い。自分の頭の中のいびつに歪んだイメージは有る。この有る(強迫)に従って話す(強迫神経症の行動。答えた相手の話を壊す)」と同じ強迫神経症が「騒音トラブルの殺人事件」です。

 このような脳の働き方のしくみを理解して、「動詞文」を正しく使うことが対策と予防の仕方です。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.