谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「アイドル女性ストーカー男から襲われて重傷事件」。
スマホ、ケータイ、デバイスの画面を見つづける
「強迫神経症」は、「現実を壊す」と言う事例。
誰も知らない原因と対策を教えます!!

クマ江
クマ江さん
平成28年5月21日。
東京都小金井市でアイドル活動をしていた冨田真由さん(20歳)が
ストーカー男・岩埼友宏容疑者(27歳)に待ち伏せされて、
全身30ヵ所をナイフでメッタ刺しされた。
スマホ」などの画面をしょっちゅう見つづける
強迫神経症」が原因だ。

脳の働きのしくみ、原因、対策を教える。
 
 
 平成28年5月21日に、地下アイドル活動をしていた富田真由さん(20歳)は、1月17日の港区のレストランへのライブ出演の帰りに、岩埼容疑者に待ち伏せされたという。冨田さんの話だ。
 「電話番号を教えろと何十分もしつこく付きまとわれた。タクシーで逃げた。」

 岩埼容疑者は、京都市にいる。犯行当日も新幹線に乗って東京までやってきた。実家は群馬県伊勢崎市だ。
 「小学校から柔道が得意で、スポーツ推薦で高校に進学した。人間関係のトラブルですぐ退学した。その後アルバイトで生活していた。数年前に、庭師になると京都に行った」(兄とみられる男性の話)。

 冨田真由さんは、5月9日に武蔵野署を訪れて、相談した。
 「ブログ、ツイッターへの執拗な書き込みを止めさせてください」。
 岩埼容疑者は、ブログ、ツイッターに何を書きこんでいたのか。
 「楽しい時間をありがとー」「君を嫌いな奴はクズだ」が「ほんと、嫌な女」に変わった
 「腕時計、捨てたり売ったりするくらいな返して。それは僕の心だ」。
 「早く返せ」。
 警視庁の調べに、岩埼容疑者は、こう答えている。
 「プレゼントを贈ったが、送り返された。憤慨した」。 
 「駅で待ち伏せして殺すつもりだった。見下されたこと、一生、忘れないから、とツイッターに書いた」。
 冨田さんは、小金井市のライブ会場前で待ち伏せされて、ナイフで首、胸など20ヵ所以上をメッタ刺しにされた。意識不明の重体になった。

 「ストーカー」「ブログ、ツイッター」(テクノロジーのディスプレー画面)が問題になる事例です。
 脳の働き方のメカニズム(言葉の生成のしくみ)からみると、日本語の動詞文の「動詞」の使い方が原因です。
 「風が吹」「風が吹いた」「風が吹いている」の三つが動詞の使い方です。日本人は、「吹」「吹いている」の動詞は、曖昧、意味不明、とします。「吹いている」の動詞の使い方をします。
 「――ている形」の動詞といいます。
 目、耳、手、指など五感覚の「知覚」をいいあらわす動詞です。「感覚の知覚だけを言いあらわし、行動にあらわします

 いわれれば「なるほど」と分かると思いますが、「吹いている」という動詞は、「」という名詞、もしくは抽象名詞、そして形容詞「無い」と認知します。「吹く」という知覚(読む、聞く、触る、などが知覚)はある(有る)、しかし、「風ってどういうもの?」「どういう様子や状態?」「どういう季節の自然現象で、湿度、温度、速さはどういうもの?」……形容詞抽象名詞名詞「無い」とするのが日本語の「動詞文」です。

 岩埼容疑者は、ブログ、ツイッターの「画面」(ディスプレー)に、冨田さんの画像、コメントの文、文章をテクノロジー通信で表示させました。これを目で見ました
 「リンゴは丸い、赤い」を言いあらわすように、形、色は「有る」、しかし「富田真由さん」は「無い」という関わり方をおこなったのです
 「有る」からしつっこく見る、読む、という行動をあらわします。しかし、「富田真由さん」は「無い」から「嫌な女だ」「腕時計を返せ、早く返せ」と、「有る」の「強迫のイメージ」を目的にして「行動」しました。「行動」とはツイッター、ブログへのしつこい書き込みのことです。

 「有る」という「強迫」のイメージは、ロックのいう「第二の性質」がつくります。
 右脳の「視覚野」「聴覚」がつくり出すイメージです。「第二の性質」とは、色、形、形状だけがつくるイメージです。いびつに歪み、ねじれ、サイケデリックに奇怪にねじまがったイメージが思い浮びます。こういうものを「有る」と確信して「これが冨田真由さんだ」と行動の対象にしたのですこのイメージのとおりに関わろうとすると、「嫌な女だ。殺してやる」という破壊の行動になるのは、日本人なら誰もがおこなっているので珍しいことではありません

 右脳の聴覚野も、ロックのいう「第二の性質しか聞こえません
 「電話番号を教えろ」「返された腕時計を見て、差し出し人の名前を見た(読んだ)」、すると、「タクシーで帰った。ストーカーなんかしないけどな」(ブログへの書き込み)、「返してきたから憤慨した」(警視庁調べ)と変わったのは、「待ち伏せ行為は無い」「差し出し人の名前は無い」、「有る」のは「自分を避けて逃げて行った」「富田真由と発音する表音文字であるという「強迫」のイメージだったのです。

 「スマホ」「パソコン」「デバイス」の画面(ディスプレー)を過度に「見る」とは、画面に見える(聞こえる)対象は第二の性質ロックは見えるだから「有る」、しかし、画面の「像」「文字」「文」「文章」の内容は「無い」という「強迫」が完成しています。
 そして岩崎容疑者が冨田真由さんも「殺してやる」と、わざわざ京都から新幹線に乗って上京した「行動」のように、「現実」の中の社会的に正しいルール、きまり、約束のあらわす「実体」を壊しています。

 仕事、人間関係、生活、心身の健康全てが「殺してやる」という無意識で毎日壊されているのです。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」


関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.