谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人が「強迫観念」でつくる病理
「ストーカー男に刺されて重傷を負ったアイドル女性事件」
「騒音トラブル・隣人襲撃事件。兵庫県尼崎市母娘襲撃殺人、
東京都江戸川区アパート1階の男性が2階の男性を襲って殺害」

平成28年5月度・ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、
日本人の誰もが抱える「強迫」という脳の働き方をレクチュアします!!

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人の誰もがつくっている「強迫観念」の実体である「強迫」ということをレクチュアしています。
 わかりやすくするために、最近、たてつづけに起こっている事件から「強迫」のしくみを説明します。

 わかりやすくいうと、日本人がふつうに話している話し方に「ステキじゃないですか」「……をしてあげたいじゃないですか」「とってもいいじゃないですか」という言い方があります。
 この「ステキじゃないですか」の「ない」は、否定語です。「無い」と書きます。
 この「無い」が「肯定」の言い方として話されます。「肯定」とは「有る」ということです。

 日本人は、何かについて「肯定する」とは「無い」と言います。
 これは、比喩とか何ごとかの言い換えとして言っているのではありません。大野晋『日本語の文法を考える』(岩波新書)には「この『ない』は形容詞である」と説明されています。誰もが知るように形容詞とは、ものごとの状態とか、様子とか形容される現象についての言葉のことです。

 日本人は、「有るもの」(存在するもの)を「無い」と言います。
 この「無い」が「強迫観念」の「強迫」です。
 何が「無い」のか?というと「見ているもの」「触っているもの」「聞いているもの」(対象)を言いあらわす言葉の「抽象名詞」「形容詞」で言いあらわされる言葉が「無い」のです
 だから「どこに、どんなふうに有るの?」「いう、どこで、なぜ、どういう理由であるの?」といった問い(質問)には全く答えられません
 「そんなことには答える必要はない」(これが否定です)と誰もが考えています
 そして「いいじゃないですか」「ステキじゃないですか」と『正しく』、「ない」と言いあらわします。

 では、何について「有る」と認知しているのでしょうか。
 「今、げんに目で見ている」「今、げんに耳で聞いている」「今、げんに触っている」というときの五感覚感覚の知覚」について「有る」とイメージしています
 「いいじゃないですか」「ステキじゃないですか」というときの「ない」は「有る」という形容詞です。
 冷たい、熱い、赤い、白い、うまい、いい香り、重い、などといった「感覚がとらえている知覚」はその対象と関わったので、「これは、自分自身にとって確かなことだ」、だから「有る」と、対象をイメージしています

 このような日本人の脳の働き方は、「母親が子どもの顔、目を見ない」(子どもはいない自分の頭の中に子どもはイメージされている。だから、自分の脳の中のイメージによって子どもは有るというように子どもに関わります
 この母親の頭の中に思い浮ぶ子どもの姿、顔は、「強迫観念」の「強迫」です。
 この子どもは、学校でもどこでも「人の顔、目を見ない」でしょう(友だちは有る、目の前の友だちはいない)。
 子どもも強迫観念をつくります。

 平成28年2月26日に起こった東京都台東区の高校1年生(15歳)の娘による母親殺害事件は、基本的に「寝ている母親を見ている。しかしこの、見ている母親は無いと目で見ながら考えました
 娘の脳の中には、母親の姿が思い浮んでいますこの思い浮んでいるイメージの「母親」は架空のイメージです。これが「強迫」です。強迫観念といいます。
 日本人は、この強迫のイメージ(架空のイメージ)を「行動の対象」にします。
 日頃から娘は、母親から「おまえなんかいらない」と言葉で怒鳴られていたので「母親を見ない」(顔、目を見ない)、「耳だけで母親の言葉を聞く」という聴覚中心の関わり方をしていました。現実の対象の母親という存在は、行動の目的(話す、聞く、見て分かる、ということの目的)としてという意味で対象ではなかったのです。「母親は無い」、「寝ている母親を見た」(この母親は無い)、「自分の頭の中に母親の姿は思い浮んでいる」、母親と関わるためには、手足を動かして行動して母親を殺すことだという「強迫神経症」をあらわしたのです。

 このような強迫神経症は、「手にバイ菌がついている」という架空のイメージを行動の目的にして、「手を長時間にわたって洗いつづける」「100回、と数を決めて30分も歯を磨きつづける」などの強迫神経症と同じです。ほとんどの人がおこなっています。ふつうは常同症といわれています。

 なぜ、母親を殺害したのか?の理由をよく説明するのが「騒音トラブル・襲撃殺人事件」です。
 「相手の顔、目を見て怒鳴りつづける」「大声を出して叫びながら相手を攻撃する」という「母親の話し方」(聴覚中心)が「強迫」架空のイメージ。相手の言葉、音は有る)です。
 脳の中で、「聴覚」と「視覚」はセットになって共時的に働きます。「聴覚」は、ものごとの抽象名詞(ルール、きまり、秩序の言葉)を不明とします
 そこで、脳の中「視覚」にくっついてクローズアップ拡大、一直線に関わる」という認知の仕方をします。

 「大声怒鳴る」「ジャルゴンをしゃべる」「笑い声を出しながらしゃべる、聞く」ことが「聴覚中心」の関わり方をつくります
 これは、「相手の言葉のほとんどを壊す」「無いものと扱う」ということです。

 「騒音トラブル」の場合は、「2階の住人が騒音を出しているときは、聞きながら自分も声を出して、ひとり言で攻撃した」のです。
 対象を「無い」ものとして扱うということです
 「5W1H」で言いあらわされる「生活音はお互いさま」という形容詞の言葉を「無い」とする、すなわち「壊した」のです。
 「15歳娘、母親殺害」の女子高校生も、母親が「おまえなんかいらない」と攻撃して話した時に同じように、頭の中ではその母親の言葉と存在に対して「お前なんかいらねえよ」という言葉を思い浮べて、拒絶の表情や、パッとソッポを向く、ニラミつける、という強迫神経症の「行動」をあらわして、形容詞で言いあらわされる言葉を破壊していました。聴覚中心」とは、必ず、対象を壊すことを特質にします

 「騒音トラブル」の場合は、「音が全くしない」「音が聞こえないときに「騒音はある」という行動の対象を思い浮べました。これが架空のイメージの「強迫」です
 この架空のイメージの騒音を「行動の対象」として「壊す」という強迫神経症をあらわしました。
 これが、「隣人襲撃、殺人」です。

 「15歳娘、母親殺害」は、「ソファに寝ている母親」(騒音と同じように、おまえなんかいらないという大声の言葉)が架空のイメージとして思い浮びます。
 この架空のイメージ強迫のイメージ。母親は有る、というイメージを「行動の対象」にして、破壊のための行動をあらわしました。これが母親殺害です。同じように「強迫神経症」です。

 「母親が子どもの顔、目を見ないソッポを向いてしゃべる」ということがつくる脳の働き方がつくり出したのが「アイドル女性をストーカー男が襲って重傷を負わせた事件」です。
 「ブログ」「ツイッター」のテクノロジーの画面に「見える対象」は「見える」ので「有る」と認知したと誰もが思うでしょう。
 正しくは、この「見えている」は「無い」なのです。「5W1H」のあらわす形容詞の言葉が「無い」なのです。
 アイドル女性は公的な存在である、ビジネスとして活動している、自分と私的な関係は無い、といったことです。

 ディスプレー表示は、「クローズアップ」「拡大」「一直線に一つの方向だけの、一つの知覚の仕方しか関わらない」という「見方」「聞き方」しか思い浮べません男性の性の欲GnRH性の欲のホルモン、ペプチド)が自分との一体感触覚の知覚を動機づけて「対象を壊す」という「強迫」を強化します執着させるということです。この執着感は、ウェルニッケ言語野でつくられるので男性も女性も同じです。女性も同じように「性の対象」としての了解を成立させるのが、「強迫」の特質です

 ブログにしろ、ツイッターにせよ、画面の像を「見ている」ときは、「行動の成立」を意味します。「見ている」の「ている」が成立の表現です。
 仕事にしろ、勉強にしろ、「ディスプレーを見ている」という時は、「自分は行動している」という強迫神経症成立します。
 リアルの対象が無くなると強迫神経症の「行動のみ」が破壊の行動をあらわします
 「ストーカー男性」は、ブログの書き込みを拒否されて、「聴覚中心」の「母親殺害」の娘と同じ「有る」(アイドル女性が)に向かって破壊の行動をあらわしたのです。

 これは、「イジメられた復讐してやる」「親から言われたヒドイ言葉、ヒドイ仕打ちがまだ忘れられない」という強迫神経症と同じカテゴリーにあるものです。

 すると、要介護状態の中で「入浴しない」「トイレに行けない、排せつを人任せにする」などの症状も、「有る」というイメージ(強迫)をつくっていて、行為(行動)だけをあらわすという強迫神経症であることが分かります。
 ブログ、ツイッターなどの画面を見て「有る」(見ている)と了解している人は、やがて強迫神経症のみの行動となり「自分」も「他者」(生活の中の人々、および生活の秩序)を壊す日に向かっているといえるのです。

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、対策もレクチュアしています。
 ここで説明していることが自分にとっても危機であると思い至れば、改善は容易です
 ぜひ、そのように人間としての心の目、心の耳に届いてほしいものだと思っています。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ
自分のこと、将来のことで心配なことはある。しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内


関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.