谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「胃の不調、甲状腺が異常のわたし。
体の不調感で外に出るのが怖い。
胸がドキドキすると死にたくなる」の治し方

日本の女性の悩みは強迫神経症だ。
どんな女性も、例外なく強迫神経症で「行動を可能」にしている。
行動の目的は不明、行動の対象も不明、しかしバタバタと、あわただしく「行動」が成り立つ。
「行動が止まる」ときが要介護状態、もしくは、若年性痴呆症だ。原因と対策を教える。

クマ江
クマ江さん
《相談の事例》
「わたしは42歳の主婦です。子どもはいません。夫と自営のブティックの仕事をしています。体の不調感が思い浮ぶと死にたくなります」
(波岡静代(仮名)、42歳、女性、自営、主婦)

 わたしは、夫と二人でブティックの自営をしています。主婦です。子どもはいません。わたしは、10年前に電車の中で貧血で倒れたことがありました。まわりの人に助けられて、すぐに回復して大事には至りませんでした。

 この日以来、体がスッキリしたことがなく、不調感に悩まされています。
 病院に行ってみると、甲状腺の機能が亢進している傾向がある、動悸食欲亢進目まいなどは、甲状腺の自己免疫疾患であるといわれました。

 いつも胸がドキドキして、目まいがして不安感があります。外に出るのが怖く、仕事も接客が辛いのです。
 仕事は夫にまかせて、休んでいます。家にいても毎日、胸が詰まる思いでいっぱいです。
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 女性の「自己免疫疾患」の始まりは、脳の視床下部の「視索前野」から始まります。
 「視索前野」は、「性の欲」の中枢です。
 女性の「性の欲」は、「生殖としての性」と「対幻想としての性」の二つの機能をもっています。男性は「背内側核」が性の欲の中枢です。男性は、「生殖」も「対幻想」もなくただ衝動としての性と「空間認知」をもつだけです。
 男性は、母親に代表される「女性」(他者)から「行動の仕方」「言葉の能力」を学ぶしか行動の能力を身につけることができません

 女性は、行動の仕方を「名詞」「抽象名詞」(対幻想の性)であらわすと、生涯にわたって健康で、美しく生きることができます

 日本の女性は、日本語の「動詞文」を「動詞文」のとおりに、「動詞だけで行動します。
 「母親から怒鳴られた」「父親からバカにされた」「母親が暴言を吐いた」などを体験した女性は、相談の事例の女性のように交感神経過緊張となり、血流障害を起こし、自己免疫疾患をつくります

 「リウマチ」「甲状腺機能亢進」(甲状腺ホルモン過剰になる慢性疾患)「SLE全身性エリテマトーデス)」「重症筋無力症」など、「強迫行為」による「行動の仕方ではなくて、初めから「強迫神経症」をつくるのが母親や父親の暴言を聞いた日本の女性です

 「日本の女性は、母親から大声で怒鳴られると、目の視覚よりも、耳の聴覚X経路が、行動可能の対象行動不能の対象激しく選別して、交感神経を働かせます。視床下部の『腹内側核』の「食べたくない欲」が『背内側核』の「性の欲」の対象を「動詞文」の「動詞」(見る、触る、話すの動詞です)で名詞化します。

 これは必ずしも性の行動を意味しないので、対象不在の行動強迫神経症)をあらわします。
 多くの日本の女性はここで強迫神経症をつくり、自己免疫疾患併発して身体に疾患をつくってそのまま強迫観念もつくり出します。行動が止まります人生が終わってしまう女性もいるんですよ」と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 事例の女性は、「人の顔、目を見ない、耳だけで相手の話を分かろうとした女性」です。
 日本語の「動詞文」の「動詞」は、聴覚の「X経路」で「聞く」という使い方になります。
 仕事の中では「聞き書き」をする女性です。
 また、人と話すときに「スマホ」を取り出してチラチラディスプレー(画面)を眺めながらしゃべる女性です。
 聴覚の「X経路」は抽象名詞形容詞の言葉を聞けないのです。

 説明を聞いても理解不能です。しかし自分の欲求の関心事は「X経路」のイメージする触覚の対象おもに性の欲求の対象)なので、「理解しない」ことを「相手のせいだ」と攻撃的興奮状態「なんで?」「なんで?」「どうして?」とエンドレステープのようにしゃべりつづけ詰問しつづけます
 この自律神経交感神経が「自己免疫疾患」(強迫神経症)を発症させるのです。

 「ポルソナーレに入会して、特別の個人指導を受けました。
 目、耳のY経路交感神経)を働かせることが身体症状の回復のさせ方であることを教わりました。おもに言葉の意味を調べて、そのとおりに文を書くというものです。
 驚くことに、言葉の意味など全く無視してデタラメに話していたことに気がつきました。
 今では、体調もよくなり、仕事に復帰して楽しく働いています」
と、波岡静代さんは、喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.