谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「瞑想、ヨガ、自律訓練法をやったが、空想癖は治らない。
ネットの中では自由な自分なのに、現実の自分は、
女性と話すこともできず、仕事の中では無口」の治し方

日本人は、人と、しゃべることができない。
日本語の「動詞文」が人と話す能力を伸ばさない。日本語の「動詞文」は、「動詞」しか話せない。
「動詞」が一致すれば仕事も人間関係も「行動可」となる。
その「行動」は強迫神経症が止める。ポルソナーレだけが治し方と対策を教える。

クマ江
クマ江さん
《相談の事例》
「わたしは、40歳の男性です。人と話をするのがニガテです。小、中、高校生をとおしてずっと、人前で声を出すと胸がドキドキ、言葉がつっかえ、苦痛でたまりませんでした」
(葉山吉三郎(仮名)、40歳、男性、会社員)

 わたしは、人と話をするのが苦痛です
 会社でも、仕事の連絡、報告、説明の場面がありますが、これが言えません。黙って立っていると相手が話しかけてくるので、返事をする形で、やっと話します。
 だから、話しかけられることがなければ、仕事中でも、自分の内面の世界に入りこんで空想状態の中で仕事をしています。仕事はミスをするし、注意されても同じミスを起こしてしまうので上司から不信の目で見られています。

 女性とは、話をしたことは一度もありません
 自分から女性に近づいていくことなどとてもできません。女性から話しかけられると顔も目も見れないので、何を話したのか憶えていません

 空想の中とかネットの中では、人格も性格も変わって彼女もいて、海や山に遊びに行く、買い物にも、行く、食事にも行くということができて、夢想状態であっという間に何時間も過ぎることがしょっちゅうあります。
 現実は、店に服を買いに行っても店員と話せないので、サイズの合わない服を買ってくるという始末です。
 家族とも話しません。
 たまに母親と話すことがありますが、思ったことの半分も言えません
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 この男性の相談の事例をみて、多くの人は、どういう感想をもつか?が本当の問題です
 「この男性は、自分からしゃべらないから、女性との関係もつくれないんだな」と思うでしょう。「自分はこの人よりもマシだとひそかに比べるでしょう。
 「人としゃべれなくったって、今はネットもあるし、スマホで人とつながれるので、いい人生じゃないのかな」と同情もしないかわりに、「自分も、人としゃべって何がおもしろいの?と思っている。好きなことだけをやっていれば、女性がいなくてもいいよ、将来、要介護状態になっても、今の自分のことじゃないから何の問題があるっていうの?」という感想をもつでしょう。

 しかし、それではすまないということを相談の事例の男性は語っています。
 「好きなことだけいつまでもやっていけるはずがない」「男性にとって女性と話せないというのは、ものを忘れる、仕事にミスを起こして仕事の現場から追い出される」「空想癖ネット依存スマホの見ながら持ち歩きも)は、若年性の痴呆症といわれるもので、5W1Hで言いあらわされる状況、場面、局面形容詞の言葉のことです)が全く分からなくなる」ということを意味しています。
 男性は、女性の脳の働き方と違っているので、「女性と話せない」とは「人から学べない」ことと同じです。どんなに仕事をしていても、「行動が止まる」ということを相談の事例の男性は語っています。

 「女性の脳は、視床下部視索前野で、名詞文動詞文に変えるのです。
 見た(触った)、聞いた(触った)の動詞X経路目と耳の神経)を働かせて、『名詞』に変える操作をおこないます。だから、どんなにひどく病的な強迫観念の中でも、強迫神経症あらわしつづけます
 ところが、男性視床下部背内側核女性(おもに母親)から言葉を学ぶしか行動の仕方は身につかないので、どんな男性もたちまち強迫観念をつくり、仕事が止まる、学ぶことも止まって一気に要介護状態(若年性の痴呆症)にスピードで転落してしまうんですよ」とは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。
 強迫観念とは、「自分は不合理なことをイメージしている」とよく分かっている症状のことです。
 「自分は人と話せない」「女性と話せない」「空想癖、スマホ依存、ゲーム依存でおかしなことをやっている」とよく分かっている症状のことです。

 「強迫行為」(神経症)は、「不潔恐怖症」でも「嫉妬妄想」でも「過食症拒食症」でも「自分は正しい」と喜びとともに「行動」をあらわしつづける症状のことです。
 だから、自分が関わっている対象が壊れて破綻するまで「行動」は止まりません。行動が止まったとき」が強迫観念です。
 そのときが、女性の人生の幕引きの時です。

 「ポルソナーレに入会して、特別の個人指導を受けました。指摘を受けて思い出してみると、わたしの母親は、わたしの顔、目を見ない、あらぬ方向のソッポを向いてしゃべり、人の話も聞くという人でした。
 母親のその話し方、聞き方が、わたしに、今、この状況、場面を分からなくさせていました
 聴覚中心に聞くので、非常に限られた、ごくわずかのことしか見れない話せないという動詞の使い方になっているということです」
と葉山吉三郎さんは話します。今は、正しく話せるようになって仕事も順調です。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.