谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「有名大企業に勤めている。仕事に興味がなく、
毎日おもしろくない。夢も希望もない」の治し方

多くの日本人は、有名企業に就職すれば、自分の人生は安全、安心、夢を見ているような毎日になる、と確信している。
日本語の「動詞文」はこれしか行動の仕方がないからだ。
しかしそれは、毎日、強迫神経症の日々でもある。
ポルソナーレが治し方と正しい行動の仕方を教える。

クマ江
クマ江さん
《相談の事例》
「わたしは38歳の男性です。
親の期待に応えようと、有名大学に合格し、有名企業に入社しました。会社で仕事の日々になると、毎日がおもしろくなく、もんもんとした日を過しています」
(佐木征四郎(仮名)、38歳、男性、大手企業勤務)

 わたしは、名前をいうと誰でもよく知っている有名企業に勤めています。
 不安神経症仕事に全く集中できない状態がつづいて、産業医のアドバイスで精神科に通いながら勤務しています。
 仕事は軽減してもらっているのでストレスに感じるほどでもありません。
 毎日、仕事はもちろん、何にたいしても興味がもてないという状態がずっとつづいています。
 
 わたしは、有名企業に入れば、人生も生活も安定するという母親の言葉のとおりに、有名大学に合格して、上位の成績で卒業しました。
 入社してみると、不安神経症になり安定剤を服用する毎日になりました。
 企業はおおきい組織なので、わたしと同じように就労不能の人もたくさんいて、休職中や退職する人もいます。わたしも、毎日が全くおもしろくなく悶々(もんもん)と過しています。
 仕事には全く集中できません。
 わたしのいちばんの悩みは、自分の身体が自分の身体ではないように感じられることです。人の話も、壁一枚をへだてて聞いている感覚になります。
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 相談の事例は、男性の悩みです。こういう悩みは、ふだんは誰も聞いたことがないでしょう。うっすらと悩みごとがあるんだろうなあと思える人を見かけたことはあるでしょう。しかし、じっさいのところどういうことで、何について辛い思いをしているのかは誰も知りません。
 本人も、なぜこうなったのかは分からないし、いつかは自然に治るだろうと思っているからわざわざ、人に話そうともしません。

 あなたもこの相談の事例の男性と同じように、毎日仕事のことでは、薄暗い道を、先が見えないまま必死で走っている気分を感じているでしょう。
 いや、そんなことはないという人も、たまたま行動が成り立っているからだということをよく分かっています
 パタッと行動が止まってしまって、そこから立ち上がれなくなり、足が一歩も進まなくなったのが事例の男性の佐木征四郎さんです。
 あなたも、佐木征四郎さんと紙一重の仕事の仕方(行動の仕方のことです)をおこなっています。

 「佐木征四郎さんがなぜ、仕事ができなくなったのか?というと、日本語動詞文であるためです。本来、仕事は、行動の目的名詞抽象名詞正しく憶える必要があるのですが、多くの日本人は、自分の目や耳が見る、聞く、という感覚の知覚の『動詞』を仕事の対象の名詞や抽象名詞に置き換えて、行動を可能にしています。機械を扱うだけの仕事なら、それで数年は給料をもらえます。
 しかし、だんだん仕事の対象の名詞抽象名詞が消えてゆき、目、耳、口などの神経症が起こるんですよ」
と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 日本人の心身の症状は、全て対人恐怖症」とひとまとめにくくられて説明されてきました
 理由は、日本語の「動詞文」が「行動障害」をつくるからです。仕事でも受験勉強でも、学校の勉強も、資格の勉強も「勉強」(勉強)、「勉強」という動詞」で「行動可能」としています。行動の目的の対象は、「見る」「聞く」という動詞を「名詞」や「抽象名詞」に作り変えて「行動を可能」にするのが、日本語の「動詞文」です。

 「ポルソナーレに入会して特別の個人指導を受けました。
 今までの勉強の仕方、仕事の仕方は、日光猿軍団のサルが芸を覚えるのと同じでした。
 だから、毎日の仕事の目的が見えなくなり説明の言葉もボーッとかすんでしまって意味のない言葉だけが頭に浮ぶとい強迫観念がひどくなり、目的のない行動をくりかえす強迫神経症が起こりました。
 今は、正しい行動のための言葉の憶え方を教わり、頭もスッキリして、落ちついて仕事ができるようになりました」と、佐木征四郎さんは、感謝と喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.