谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「人から見られていると思うと顔が赤くなり、
汗が出てきて困ります」の治し方

「人から見られるのが嫌だ」という人は多い。
顔が赤くなるし、ひきつるからだ。汗が出てくる人もいる。
「見られている」と思うと、手が震えて字が書けない人もいる。
日本人だけの病気「対人恐怖症」だ。正しくは「強迫観念」という。
原因と症状のしくみ、対策を教える。

クマ江
クマ江さん
《相談の事例》
「わたしは、人と向かい合って話すとき、じっと見られていると思うと、顔がまっ赤になり、汗もどっと吹き出てくるので困っています」
(佐川里子(仮名)、35歳、女性、主婦、パート勤務)

 わたしは、人と向かい合い、話をすると、自分がじっと見られていると思います
 すると、顔がまっ赤になります。顔にがどっと出てきます。恥しくなって、顔が赤くなったりが出ていることばかりに気をとられて、何の話をしているのかが、ボーッとなってしまいます
 相手の視線が、少しでも自分から逸れるとホッとします
 
 どんなに親しい人でも、顔が赤くなるので話に集中できません人がじっと見ているときに字を書くと、手が震えます。会話のときは、自分の思っていることがうまく話せません。話そうと思うと、喉まで声が出ているのに、こんなことを話すと相手を傷つけるのではないか、言わない方がいいのではないか考えているうちに、話す機会をなくします。
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 人と会って話をしているときに胸がドキドキしてきて顔が赤くなる、顔や脇にが出てくる、人が見ていると思うと字を書く手が震えてくる、という症状は、対人恐怖症であると説明されてきました。
 昭和50年代くらいまでの日本の精神医学の研究者は、こんなふうに説明しています。日本人の対人恐怖症は、大正時代から始まっています。このころは、森田療法で知られている森田正馬が「対人恐怖症の症状」をヒポコンドリー神経質症、もしくはヒステリー症)と名付けました。

 ポルソナーレが脳の働き方のしくみ(言葉の生成のメカニズム)から「対人恐怖症」を考察してみると、「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のいずれか、もしくは両方のことであることが分かりました。
 「人が見ていると思うと」というのが強迫観念です。
 「が出てくる」「何も話せない」「手で字を書くと、手が震え」というのが強迫行為神経症)です。

 強迫観念なぜ起こるのか?というと、直接の原因は、生育歴の中で「母親が子どもの顔、目を見ない」「ソッポを向いてしゃべる」という経験です。
 日本語已然未然の「動詞文」です。
 動詞文の「動詞」が已然未然の「自分自身にとって」をあらわします。「見る」「聞く」が「動詞」です。
 「母親が顔、目を見ない」とは「自分も母親の顔、目を見ない」「聞かない」という動詞文脳の働き方としてつくります。
 脳の働き方は、「母親の状態、状況、場面が分からない」という形容詞のあらわす言葉を「不明」と認知するのです。ここで「見る」「聞く」という動詞は「分からない」という言葉を「シク活用形容詞」で言いあらわします(悲しい、さみしい、辛い、など)。

 人間の人間関係の行動は、「性の欲」(視床下部視索前野です)がつくり出します。「性の欲」は「生殖としての性」と「対幻想としての性」の二つがあります。
 日本語の「動詞文」は「対幻想の性」を否定します。 
 「対幻想」とは、「人間関係と言語の法則」のことです。これは、「名詞文」そして「抽象名詞文が可能にします

 顔が赤くなる」のは、人間関係を「生殖としての性」を「動詞」で言いあらわすことがつくり出しますカテゴリーでいうと、性的に接触する仕方で話そう、話したい、これしか話したくない、というときに「対幻想」から孤立して赤くなるのです。ちょうど公衆の面前で裸になるような意識です
 「これはまずいんじゃないか」とは思わずに、なんとしても生殖としての性」だけで人間関係をつくろうと強引に行動するのが「強迫神経症」ですここで沈黙しても強引に行動する意識はもっと強力になるので「は出る」「手も震える」のです

 「ポルソナーレに入会して特別の個人指導を受けました。
 このままだと、明日にも要介護状態と同じになると指摘されました。
 対策は、『A is B』式の名詞文を練習することでした。
 1ヵ月もしないうちに改善して、何の問題もなく会話できるようになりました。
 今では、夢を見ているように幸せな毎日です」と、佐川里子さんは喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.