谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

平成28年4月度(第18期・3回目)のカウンセリング・ゼミのおもな内容をご案内いたします!!

日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。
「対人恐怖症」とは、
「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。

《ポルソナーレのカウンセリング》

 「強迫観念」とは、「自分でも不合理だ」と思えるイメージがしょっちゅう思い浮んで消えないことです。この「強迫観念」は「行動の止まり」をつくります。
 だから、「強迫観念」は要介護状態と同じ脳の働き方のことです。

 「強迫観念」とは「快感とともに行なう行動」のことです。内容は不合理であるのに、「不合理である」とは自覚しません。日本人の「勉強」「受験」「学歴」「資格」「労働の仕事」は、全て、この「強迫行為」の行動で成り立っています。
 「強迫行為」は、日本人にとって唯一無比の「行動の仕方」です。多くの日本人は、「強迫行為」しか「強迫行為」を知りません。

 日本人は、恋愛結婚子育て家族関係は「強迫神経症」で行動します。
 「強迫神経症」とは、例えば「ガスの元栓を閉めたかどうかを気にして、何度も目で見て確かめる」といったことです。
 「相手の顔、目を見ないでソッポを向いてしゃべる」「ジャルゴンをしゃべる」「相手の顔、目を見て、妄想や気になることをひとり言のように一方的にしゃべる」「自分のことの、誰かへの恨みごとをしゃべる」「自分のいじめられたことをしゃべる」「誰かの悪口だのウワサ話をしゃべる」「笑い声を立てながらしゃべる」などが「強迫神経症」です。

 「強迫神経症」は、「嫉妬妄想」「過去のことにこだわって将来を悲観する」「他者に敵意を向けることをしゃべる」などがよく説明するように、「目の前の人間との関係を壊す」「日常の中の人間を攻撃する」ので、「行動の止まり」をつくる「強迫観念」をつくります。必ず、行動の止まり」をつくるのが「強迫神経症」です。

 日本人の「対人恐怖症」とは、「人の目が気になる」「人の視線が気になる」、「電車の中でパニックになる」「外出したくない」などが「強迫観念」です。

 これは、生育歴の中で「母親が子どもの顔、目を見ない」ということを経験した子どもがつくり出します。日本語の「動詞文」が原因です。「母親が子どもの顔、目」を「見る」「見ない」「話を聞く、聞かない」の「動詞」が「見ない」「聞かない」という「動詞文」とその脳の働き方をつくります。子ども自身が母親の顔、目を見ない」という「動詞文」をつくります。

 「脳の働き方」から説明すると、人間がものを「見る」(聞くも)というのは、自律神経の働き方は「Y経路」(交感神経)が先行して、まっ先に働くというのが順序です。
 しかし、「動詞文」の「動詞」は「X経路」(副交感神経)です(焦点を合わせる、拡大してクローズアップして認知する。触覚と同じものごとの分かり方をする、というのが特徴です)。

 「Y経路」(交感神経)は、対象とその置かれている状況場面局面を「見る」のです。対象の「形容詞」で言いあらわされる「言葉」とその対象を「見る」のです。
 「母親が、子どもの顔、目を見ない」というのは「形容詞」(5W1Hで言いあらわされる内容。ゲシュタルト形態で言いあらわされる内容です)を「見ない」、子どもも「形容詞で言いあらわされる内容を見ない」(見ることができないという脳の働き方になる、ということです)のです。

 すると、子どもは、ここで「悲しい」「辛い」「寒々しい」「淋しい」といった「シク活用」をイメージします。これが「強迫観念」のつくられ方です

 母親チラッと見たということを経験した子どもは、「人の目が気になる」という強迫観念をつくります。

 母親ソッポを向いて「どうしようもない子だよ」と言うと、これを聞いた子どもは人が自分のことを悪く言っているようだ」という幻聴を中心とする強迫観念の脳の働き方をつくるのです。

 母親が子どもの顔と目を見て、「お父さんは、自分勝手な人でね、お母さんは、いつ離婚しようかとばかりを考えていたんだよ」と話すと、子どもは「強迫行為」(神経症)の脳の働き方をつくります


 「見る」「聞く」の感覚の知覚は、日本語の「動詞文」のためにX経路副交感神経)が強力に働いて、「母親の顔、目」の一点に焦点を当て部分を拡大し皮ふ感覚と一体化するクローズ・アップだけの働き方になります
 「攻撃的に動く」「一体化するように行動する」という動詞文の「動詞」の言いあらわし方になります。

 これが「強迫行為」です。「仕事」「勉強」「資格の受験」「学歴のための勉強」という対象があれば、その対象に焦点をあててX経路で、触覚一体化します。
 動詞文の「動詞」は「見る」「聞く」ですが、この「見る」「聞く」の動詞のかわりに憶える対象の言葉」を言い表します。これを「動詞の名詞化」といいます。一般的には、「丸暗記」もしくは「憶える」といわれています。
 一方、対象がないのに「行動」のみをくりかえすのが「強迫神経症」です
 「対人恐怖症」では、「不潔恐怖症」とか「ゴミ集め」「入浴しない」「徘徊」などといわれます。

 強迫神経症は、「恋愛」「結婚」「子育て」「介護」「家庭生活」の中であらわれるのです。
 だから「強迫行為」と「強迫神経症」は同じカテゴリーの症状です

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、現ゼミ生の皆様の厚い御支持をいただいて、大正時代以降謎であった日本人の対人恐怖症の実体を明らかにすることができました。
 また、要介護状態の原因と理由を明確につきとめることができました。
 厚く御礼を申し上げます。
 お伝えしている対策、改善策も合わせてお役立てください。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.