谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「いつも体の調子が悪くて、頭には雑念が起こり、
自分に自信がない」の治し方

いつも頭に心配ごとが思い浮んでいる、考えることは悪いことばかり。
本を読んでも、勉強をしても、すぐに疲れて集中できない。
女性にたいして自信がなく、親とは言い争いがたえない。
これが日本人の男性の一般的な「強迫神経症」だ。原因と対策を教える。

クマ江
クマ江さん
《相談の事例》
「わたしは35歳の男性です。高校生のころからずっと体調が悪く、周りの音が気になると本も読めません」
(永山茂敏(仮名)、35歳、男性、家業のゲームセンター経営)

 わたしは、高校一年生のころから体調が悪いのに悩まされています。
 肩コリ朝起きるフラフラする、長い間立っていると目まいがして倒れそうになる、などです。周りの音が気になると、その音を気にして本も読めません。
 勉強にも全く集中できなくなります。

 父親が病気で亡くなって自営であったゲームセンターを経営しています。母親と二人暮らしです。
 子どものころから母と父は仲が悪く、いちどケンカ状態になるとお互いにののしり合って、一年も二年も口をきかなくなりました。わたしは、二人の間に入って伝達役をおこなってきました。

 今、母親と同居していますが、必ずしも仲がいいわけではありません。
 母親は性格がきつく、その上、わたしに依存してきます。
 わたしは、おかげで鬱病になり、薬も飲むようになりました。
 女性と付き合ってもせいぜい一ヵ月も続きませんどんな女性とも顔や目を見て話せないのです。
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 男性の相談の事例です。
 「女性と付き合えない」「周りの音が気になって、本も読めないし、勉強もできない」という症状が、日本人に多い対人恐怖症」です。森田療法の創始者の森田正馬は、「体調が悪い」「肩コリがひどい」「長く立っていると倒れそうになる」「朝起きるフラフラする」などの身体症状をさして「ヒポコンドリー」(ものごとを苦にして、不快に感じる神経質)と名付けました。ヒポコンドリーも「対人恐怖症」に入れられています。

 ポルソナーレの脳の働き方(言葉の生成のしくみ)の解明からみると、男性の「対人恐怖症」は、生育歴の中で、母親が子どもの顔、目を見て作り話をしゃべる」ことが原因です。作り話とは、母親自身は「正しい」と思い込んでいても、「名詞」「抽象名詞」「形容詞」の言葉を正しく話さないことをいいます
 とくに「形容詞」のカテゴリーに含まれる「5W1H」(いつ・時間、どこで・場所、誰が・主観、何を・対象(名詞・抽象名詞)、なぜ・原因・理由・目的(名詞・抽象名詞)、どのように・方法・手段、が5W1Hです)を母親が子どもに言わないことが、とりわけ男の子の脳の働き方として強迫観念をつくります

 日本語は「動詞文」です。この「動詞文」の「動詞」が強迫観念強迫行為神経症)をつくります。

 母親が、子どもの一歳以降、「子どもの顔、目を見ながら、自分のことの妄想、病気、人の悪口を話す」と、子どもは、「見る」「聞く」の両方の「動詞」を「行動の対象」にくっつけます。ふつうは「形容詞」「名詞」「抽象名詞」の言葉を学習するところを「見た」(触った)、「聞いた」という感覚の知覚を「名詞の代わり」にして「行動可能」にします
 これは、「日光猿軍団のサル」の「芸憶え」と同じ「行動可能」の仕方です。
 これが「強迫行為」です。

 男性は、女性と違って、「自分の脳の働き方で考える」ということはしません。
 母親に象徴される他の女性、および、「他者」から学習するより脳の働き方はないのです。
 事例の男性のように、母親から常に、成人してまでも「作り話」を聞かされる男性は、聴覚の働き」が「形容詞」「抽象名詞」を破壊します。すると「強迫神経症」が発生するのです。

 「ポルソナーレに入会して、特別の個人指導を受けました。推移律の思考の仕方を教わったら神経症が消えました」
と、永山茂敏さんは、生まれ返ったような気持ちですと、喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人だけの心身の病理の「対人恐怖症」の原因と改善の仕方。
乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方。


関連ページ:日本語の内扱いとは、こういうものです

関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら

心の病いとは、孤立すること
心の病いとは、孤立すること
「できません、間違いました、たまたまのミスです」と、全く気にしないのは病気でしょうか?
あなたにおたずねします 設問
自分のミスをすぐ忘れてくりかえす、言い訳して正当化する、というのはどういう心の病気でしょうか?


参考: あなたの脳の働き方のプロファイリングと自己診断表
参考: あなたの脳の働き方のプロファイリングと自己診断表
あなたの脳の働き方は「右脳」と「大脳辺縁系」に記憶されています。
この記憶が「無意識」の内容です。
「自己診断」は、あなたの脳の働き方がつくる心身の病理のプロファイリング(測定表)です。
「カウンセリングのお申し込み」にあたり、参考にしてください。

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.