谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「認知症(痴呆症)の人が、徘徊中に事故を起こしても、
家族には損害賠償の責任はない(最高裁判決)」
の認知症(痴呆症)の治し方

2007年12月に、認知症(痴呆症)の男性が徘徊して、JRの電車にはねられて死亡した。
JR東海は、妻、長男に損害賠償720万円を請求した。
15年の裁判の結果、最高裁は、「認知症者の起こした破壊、損害は、家族に賠償責任はない」と判決した。
そこで、ポルソナーレが認知症(痴呆症)の生成のしくみと、予防、対策を教える。

クマ江
クマ江さん
●《事例・ケーススタディ》(平成28年3月2日、日本経済新聞より)

 2007年12月7日に、認知症(痴呆症)の男性が外出してJR東海の電車踏切りに入り、はねられて死亡した。
 男性は91歳で、ふだんから認知症(痴呆症)周辺症状があった。
 玄関で排尿する、食事はまだか?と言う、突然に怒鳴る、などだ。
 散歩が好きで、外出しないと暴れた。
 だから、玄関にカギをかけて外出を制限した。
 自分の場所が分からないので、徘徊になり、行方不明になるとどこにいるか分からなくなる。

 妻(当時85歳)と長男の妻が介護した。

 「列車の運行に支障が生じた。振り替え輸送の費用が発生した。だから妻と長男に720万円の損害賠償を請求した」(JR東海の話)

 初めの認知症(痴呆症)の症状は「食事はまだか?」だった。食事を摂ったばかりだった。
 「施設に入れることも考えたが、環境の変化で悪化するかもしれない」と、在宅介護で世話をした。症状はどんどんひどくなる。長男の妻、妹らがみんなで介護した

 2007年12月7日、男性の妻が疲れてうとうとしているときに、男性は自宅から出てとめどもなく歩いた。徘徊した。
 いなくなったのは、6分か7分くらいの時間だった。
 男性は、愛知県大府市の線路の踏切りに入った。
 疾走してきた電車にはねられて死亡した。
 「家族が監督義務に違反していた」(JR東海の賠償提訴の主旨)。

 最高裁の判決の結論。
 「妻は、当時85歳だった。
 要介護1と診断されていた。長男も同居していなかった。横浜に住んでいて、月に一回か二回、週末に自宅に通うという程度だった。
 いずれも、介護はしていたが、監督が可能な状態にあったとはいえない。
 だから、賠償責任はない。」
 
 

《ポルソナーレのカウンセリング》

 日本人の認知症(痴呆症)とは、「行動が止まること」が定義です。「行動が完全に止まる」というのが「中核症状」です。「ベッドの上で寝たきりで過す」「トイレにも一人で行けない」「入浴も一人では入れない」「食事も一人では摂れない」というのが行動の止まりです。

 事例の男性の「外出が好き」「徘徊する」「自分のいる場所が分からない」「食事を摂ったことを忘れる」というのは「周辺症状」です。
 「行動の部分的、限定的な止まり」という症状です。

 周辺症状を「行動が部分的、限定的に止まることである」と定義すると、周辺症状は、必ずしも高齢者に限ったものではないことが分かります。
 「学校に行かない」「仕事に行かない」「外出したくない」「家の外に出て行きたくない」なども、「行動の部分的、限定的な止まり」です。したがって周辺症状です。

 日本人の行動の止まり」は、なぜ起こるのか?理由と原因は、脳の働き方から明らかになります。

 日本人の使う日本語は、已然(いぜん)と未然(みぜん)が使い方の基本型です。「自分自身にとって」という判断の仕方が「已然」と「未然」です。

 山下秀雄日本のことばとこころ』(講談社)の中の説明を参考にすると、已然未然の違いは次のとおりです。

A「もう来るよ。まだ来ないね。すぐ来る」(未然
B「あ、来た。あそこに来たのでは?ほら来た」(已然

 Aは、「自分自身にとって」という判断の基準から見て、「待っている人物が来ていない」ことを言い表しているので「未然」です。
 Bは、「自分自身にとって」の判断の基準に照らすと「待っている人物が来た」ことを言い表しているので「已然」です。

 「已然」も「未然」も「自分の行動」だけを言い表します。AにもBにも、「5W1H」とか「場所」「時間」「状況」などの「名詞」や「抽象名詞」が無く、否定されていることが分かります。
 「名詞」や「抽象名詞」や「形容詞」は「自分自身にとって」ではなく「相手にとって」(複数の人間、大勢の人間にとってを言い表します

 日本人の「已然」と「未然」は、「自分の行動だけ」を言い表すというものの考え方のことです。「名詞」「抽象名詞」「形容詞」というルールきまり約束「否定」するという脳の働き方のことです。これが日本人の「内扱い」の実体です

 日本人が「仕事に行く」「学校に行く」などの「行動」を可能にするのは「仕事」「学校」という行動の目的行動して関わる対象の「名詞」や「形容詞」の言葉を憶えている時に可能です。
 しかし学校に行っても教科書の言葉が分からない、授業を教える教師の話す言葉が分からないという時、学校に行くのが苦痛、学校での人間関係も嫌でしょうがない、ということが起こります。
 これが認知症(痴呆症)です
 「母親」が子どもの乳幼児の頃から小学校の低学年まで、「子どもの顔、目を見ない」「子どもの話をおしまいまで聞かない」ことが原因と理由です。
 目や耳の自律神経の交感神経が止まり、副交感神経が優位に働くために「言葉」(名詞、抽象名詞、形容詞)を「憶えない」(憶えられない)という「已然」と「未然」の脳の働き方になります
 「学校に行く」「仕事に行く」という「已然」と「未然」の行動が続いていれば、他者の「行動」をマネして、何度かくりかえすと「自分自身にとっての行動」がつくらえます
 しかし、ここで自分」も「母親」と同じように自分も相手の顔、目を見ないということをおこなうと、勉強のことも、人間関係のことも、この中の「名詞」や「抽象名詞」「形容詞」をいっさいがっさい否定して、そのための敵対的なイメージが思い浮びます。これが周辺症状の「幻覚」です。

 事例・ケーススタディの認知症(痴呆症)の男性は、「母親」が「子どもの顔、目を見なかった」「子どもの話をおしまいまで聞かなかった」という生育歴家庭環境の中で育った人です。
 「自分自身にとって」という「已然」と「未然」の「行動」は、「食事はまだか?」「外出を止めると怒鳴って怒り出す」というように、「5W1H」に代表的な行動の秩序」を壊して壊した結果の快感のドーパミンの分泌を「行動の目的」にしてきました
 「自分も相手の顔、目を見ない」「ソッポを向いて相手の話を聞く」と、血管を流れる血液の中に、血管を拡張する生化学物質が滞留します。ヒスタミンセロトニンアセチルコリンプロスタグランジンロイコトリエンコレチストキニンなど、です。
 不快イバリ痛み苦痛不愉快などの感覚をつくり出します
 目、耳の働きが副交感神経優位になると、セントラルドグマ生体防御システム)が止まり、自己免疫疾患が起こり、不快と、イバリ痛み日々になるのです。

 事例の男性のように、生活の中の秩序や社会の中のルールを否定する名詞、抽象名詞の否定イメージは、生化学物質作用する「イバリ」や「不快などが内容をつくります。これが「徘徊」とその内容幻覚です。この幻覚イメージは「顔を見ない、目を見ない」という時の相手がいなくなると、「行動の目的」が消えたも同然となるので止まり中核症状陥るのです
 改善、および、予防の対策は、「自分の顔を見せる」(世話をする人)、「相手の顔、目を見る」(相手とは認知症の人、当然、若い人にもあてはまります)、「おこなってほしいことをブルガリア方式で話し、認知的不協和脳の中に発生させる」ことです。
 興味のある人は、ぜひ試してみてください。
うさ子
谷川うさ子さん
 
関連ページ:日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら

うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.