谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「大学を出て就職したけど、1ヵ月で辞めてから、
とうとう家の外に出られなくなりました」の治し方

インターネットが一般的になる前と後では、日本人の心・精神の病はガラリと変わった。
どんなに精神が不調でも「なんとか立ち直ろう」という考えがあった。
「ネット検索」をおこなうようになると、脳の中に「バーチャル」(仮想空間)をつくって、
この中で要介護状態の「中核症状」に陥っている。
あちら側に渡っている。
対策を教える。

《相談の事例・わたしは有名な国立大学を卒業しました。就職しましたが、1ヵ月で退社しました。今、家の外に一歩も出たくありません》
(河野健三郎(仮名)、40歳、無職)

 わたしは、有名な国立大学を卒業して、高い競争率を突破して有名企業に就職しました。
 しかし1ヵ月で退社しました。大学のころはなんでもなく憶えて、試験も好成績を収めたのに、就職して仕事の説明を受けると、その説明の言葉がまるで憶えられないのです。
 自分ではちゃんと憶えているつもりなのに、そこが違う、ここも違うと指摘されます。わたしは、うんざりして辞めました。

 もともとわたしは、人間関係に問題がありました。
 すぐにカッとなって口ゲンカになるのです。短気だとか、自己中心的だとか言われました。自制しようと思い、努力したのですが、情緒が不安定で、大声でしゃべりまくったり、場を考えずにひとりで大笑いしてはしゃぐとか、突然無口になって暗い気分に陥るとかで理由のわからない孤独感を感じていました。

 わたしの母親は、ほとんど毎日アルコールを飲んでいました。
 小学生のころ父親が借金をして返済の取り立てにあって、母親との間にも亀裂が入りました。とくに厳しい取り立てではなかったのですが、父と母は離婚しました。
 兄とわたしが母親に育てられたのです。今、も自宅で、一日15時間くらいオンラインゲームの日々を送っています。

 わたしは、一日、ボーッ空想にふけることが多い日をすごしています。
 自分が、ゲームに出てくるヒーローになり、他人をやっつけて、胸がスッキリするといった空想です。だんだん現実と空想の違いが曖昧になりました。これは精神病の一歩手前だと思い、止めようとおもうのですが、ボーッとして空想に浸ると一日があっという間に過ぎていきます。
 気がつくともう40歳になっていました。

 人間は、退化するとこんなふうに、犬か猫と同じになるんだなと思い、ゾッとします。

 わたしは、風呂に入るとか、部屋を掃除するとか、顔を洗うとか歯を磨くということが恐いのです。考えただけでも心の中が空虚になり淋しくなります。部屋の中がゴミだらけになると、とてもにぎやかで、豊かな気持ちになるのです。テレビの番組でゴミ屋敷のことが放映されていました。その人の言っていることがとても変だったので、自分もこういう結末を迎えようとしているなと思います。

 わたしは、自分でも調子がいい、とっても良くなったと感じるときがありました。
 そこで、家の外に出てアルバイトをしよう、公務員の試験を受けて就職しよう、こんな生活から脱出しようと思いました。

 アルバイトは、1ヵ月半くらいしました。すると、自分がちっとも良くなってなどいなくて、もっとひどい状態にあることを痛感します。周りの人がひどく気になり意味不明のことを笑いながら早口でいつまでもしゃべり出して、止まらないのです。人が変に思っているだろうと思うとぎこちなく動作が不自然で、ブツブツとひとり言を言いながら同じことをくりかえしているのです。
 外に出ることが辛くなり、非常に苦痛になりました。

 常に、他人との間に違和感を感じ本当の自分がどういうものか?が不安です。何かを見て、何かを思っても、本当に自分はこう思っているんだろうか?と自分自身を信じることができなくなっています

 毎日、身体のどこかがピクピクと勝手に動きます。
 ネットの画面を見ているときだけ、何かを見ている、何かが分かった、という気持ちになれています。
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 相談の事例の河野健三郎さん(仮名)の説明で、いちばん重要なところは、「子どものころ、母親は夜になるといつも酔っぱらっていた」というところです。
 脳の働き方から説明すると、世界中のどの男性も、母親から「認知する」能力を学びます。認知」と「認識」は違います(間違えないでよね)。
 「認知」は、「目で見る」「耳で聞く」、そして「行動の対象をあるがままに分かる」ということです(ゲシュタルト原理が働く、客観ということの本質三次元が分かるということなんだよね)。

 母親が「デタラメをしゃべる」「意味不明曖昧作り話をしゃべる」「ものごとの正しい法則をわざわざ否定して嘘話をしゃべる」と、男の子は、相談の事例の河野健三郎さんのような「幻聴の男性」になるのです。
 女性だって「幻聴」という「言葉の壊し」「行動の壊し」「目で見たことをいちいちねじ曲げてもっともらしく、楽しにしゃべる」という脳の働き方を働かせつづけます

 「就職しても会社を1ヵ月で辞める。アルバイトをしても人間関係にあるルールをわざわざ壊す家の外に全くでない家の中をゴミだらけにする、といったような重大な問題を抱え込むようになったのは、インターネットの『ネット検索』が、の中に『バーチャル』(仮想空間)を生成したからです。
 『バーチャル』(仮想空間)とは、『幻覚』と『幻聴』を完結させるのです。

 たとえていうと、ちょうど、『廃棄すべき食品』(ゴミ)と本質はどこも変わりません。全く同じものです。
 脳の中で、視覚と聴覚は共時していて、さらにウェルニッケ言語領域に支えられています(右脳・実像という部位のことです)。

熊野クマ江 だから、幻聴言葉を攻撃的に壊すと)、幻覚目で見たものを憶えないばかりか、ごく表面の色とか味とか匂いしか見えないということは、どんな手、足、指の行動(触覚)も、子どもが積み木を崩すように手でパッと払い飛ばして壊すんですよ」
と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 日本人の要介護問題は、脳の働き方がつくり出す「幻覚」と「幻聴」に原因と理由があります
 「幻覚」と「幻聴」は、認知症(痴呆症)と同じです。周辺症状のことです。

 高齢者のインターネットの『ネット検索』と無縁の人は、周辺症状はゆるやかに進行します。
 停年とか、転職とか、職場の責任者になって説明と人間関係の能力が必要な局面で「幻聴」が発生するとかで「行動が止まる」、そして「中核症状」(行動の完全な止まり)をひき起こしています。

 インターネットで『検索をする人』は、脳の中に「バーチャル」(仮想空間)を生成して、日々「周辺症状」を脳の中につくり出して、「ゴミ屋敷」のように、廃棄処分すべき物をため込んでいるのです。
 ここからボロボロとこぼれ落ちる「異常行動」が「スマホの見ながら歩き」だったり「人と話している最中にスマホの画面を眺める」ことだったり、「オンラインゲーム依存」です。

 「ポルソナーレに入会して、特別の個人指導を受けました。
 認知的不協和の法則を用いたブルガリア方式で1ヵ月で生活の秩序が回復しました。
 人生の危機を救われた思いです。
 公務員の試験を受けて合格しました。毎日、目標をもって生きています」
と喜びの声を話すのは、河野健三郎さんです。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.