谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「インターネットのラインでいじめられて学校を辞めたら、
何も生き甲斐がなくなりました」の治し方

日本人の脳の働き方。
日本語の「内扱い」の使い方が「幻覚」と「幻聴」をつくり出す。
「ネット検索」で「幻覚」と「幻聴」は新たにバーチャル(仮想空間)をつくり出す。
バーチャル(仮想空間)とは「廃棄されるべき食品」と本質は、同じだ。
対策と改善の仕方を教える。

《相談の事例・わたしは高校を辞めました。インターネットのラインでいじめられたからです。生きる目標もなくなり、自殺未遂もおこしました》
(長山智子(仮名)、18歳、工場勤務)

 わたしは、中学生までは元気で活発な女の子でした。クラス委員にも選ばれて、クラスのためにがんばりました。
 高校になって、インターネットのラインでいじめられたのです。
 高校一年まではガマンして学校に通いました。勉強だってがんばりました。

 だんだん、頭がボーッとして後頭部が重く、頭の中がスッキリせず、呼吸も苦しくなりました。気分が憂うつで、胸もスッキリせず異物が入っている感じがつづきました。
 高校の先生が、「彼氏でもつくれば頭がスッキリするのではないか」と言いました。ここで、心の中の何かの支えがなくなって学校を辞めたのです。

 わたしは、家族の中でも、父親と兄が嫌いです。
 父親は、テレビを見ていろんな人を批評して、こいつはバカだ、こいつも頭が悪いとぶつぶつひとり言のようにしゃべります自分が世の中で一番頭がいいという言い方をします母親近所の人について、あれこれと悪口を言いますは、精神科に通っています。何かというとうるせえ!!としか言いませんいつもニヤニヤと笑いながらしゃべります

 家にいたくないので、わたしは、自転車で40分くらいのところの工場で働くことにしました。
 体の調子がよくないので、神経科安定剤をもらって飲みながら通勤しています。高校に戻るとか、大学に行くとかのことを思うと、気分が滅入るし、頭も重たくなります。
 安定剤を10日分をいっぺんに飲みました。
 全部飲めば死ねると思ったからです。
 飲んでから怖くなりました。でも、弱い薬だったので死ぬこともなく、平気だったのです。

わたしは、会社の帰り道は、足だけで自転車をこいでいます。気持ちは、何もしたくないと思いながら、足だけを動かしているのが、考えただけでもゾッとします。
 まるで死にガラになってしまったみたいで
 わたしには、何の目標もありません。毎日、身体が辛いです。生まれてきたときから苦しかったといってもいいくらいです。
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 相談の事例の長山智子さん(仮名)は、高校2年生で学校を辞めました。学校を辞めて、工場に勤めています。体の調子も、心の調子も悪く、安定剤を飲みながら工場の作業の仕事に通っています。
 なぜこうなったのか?というと、そのきっかけはインターネットの「ネット検索」です。「ネット検索くらい、誰でもやっていて、便利だとか、知りたいことを知ることができて役に立っていると、だれもが思っているじゃないか」とお考えになるかもしれません。

 しかし、ポルソナーレが、要介護問題の原因認知症(痴呆症)のつくられ方を、脳の働き方から考察してみると、「ネット検索」は、使う人によっては、その人の脳の中に「バーチャル」(仮想空間)をつくり出すのです。

 「バーチャル」とは「仮想空間」のことです。「知らなかったことが分かった」「行ってもいないのに、その場に行った気分になる」、「じぶんは、その現場にはいないのに、げんに今、見ている、聞いている気持ちになる」という疑似空間意識「バーチャル」(仮想空間)です。
 これが一体、なぜ問題なのか?については、今までも、今も、誰も一言も説明しません。「AI」(人工知能)はこんなに役に立つ、という話ばかりで、本当の恐さについてはフタをして知られないようにしています

 相談の事例の長山智子さんの話を聞けば「バーチャル」(仮想空間)をいったん脳の中につくると、「淘汰」されることがよく分かるでしょう。
 「淘汰」とは、「要らないものを取り除くこと」「不適格の者を排除すること」の意味です。長山智子さんは、「学校から脱落している」「身体の調子がおかしくなって社会からも脱落している」でしょう。
 「家族との人間関係も拒否している」ので「死ぬこと」しか思い浮ばなくなっています
 「インターネット」の「ネット検索」で得られるネット情報」は、日本の昔ふうにいうと「毒飼い」なのです。「毒飼い」とは「毒を飲ませること」(身を損なわせること)の意味です。

 「なぜ、インターネットのネット検索が毒飼いなのか?というと、ネット情報に問題があるのではなくてディスプレー(画面)に表示される文、文章、画像を『見る』『聞く』(読む)人間の脳の働かせ方に問題があるんですよ。
 多くの日本人は、『話す相手の顔、目を見ない』、『話す相手の顔を見る時は睨(にら)みつけて、つまり、威圧的怒り目で見て、感情まかせにデタラメのことを平気でしゃべるという脳の働かせ方で画面(ディスプレー)を眺めます
 このときに、表象するイメージは『幻覚』か『幻聴』であるのです。
 ネット検索は、この『幻覚』か『幻聴』を『行動』として完成させるのです。自己関係つけ吉本隆明)が成立します。
 このときディスプレー(画面)を通してつくり出されたイメージバーチャル(仮想空間)というのです」熊野クマ江
と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 このような理解の仕方を「推移律」といいます。
 遠山啓が「幼児の算数」で教えています。
 日本人は、日本語を「内扱い」で使う(A)、日本人は「内扱い」で視覚と聴覚を働かせる(右脳中心・B)、ネット検索選択したものを見る、聞く(C)、ならば、「A=C」だから内扱いの自分の欲、感情に一致するものを脳に思い浮べる」(幻覚と幻聴で作為的につくり変えた内容=バーチャル・仮想空間)。

 「わたしは、ポルソナーレの通信講座に入会して特別の個人指導を受けました。
 1ヵ月で体調も良くなりました。高校に復学できました。
 家族の中でも外扱いの話し方をしてストレスもなくなりました」
と喜びと感謝の言葉を語るのは、長山智子さんです。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
メルマガ申込みはこちら。
メルマガバックナンバーはこちら


不安が固定して障害になるのは、不安のイメージが快感のドーパミンを分泌するからです。
不安が固定して障害になるのは、不安のイメージが快感のドーパミンを分泌するからです。● 怒りにかられて物を叩く、怒鳴ると気分が良くなるでしょう。上の図の「A9神経」が大脳辺縁系でドーパミンを分泌させる(快感が生じる)からです。 ● 「負の行動」も「楽しい」「自分は得をしている」という「行動」の秩序にしたがってイメージされつづけます。 ● しかし、ここでは「行動停止」がつづいているので「痴呆症」(認知症)と同じ脳の働き方になっています。「不安」を解消する必要性は、ここにあります。


よくある質問 学校に行くとイジメがこわいんです。 私にも原因ありますか?
よくある質問
学校に行くとイジメがこわいんです。 私にも原因ありますか?
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.