谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「人前で話すと声が震えます。
どんな治療にも抵抗して治りません」の治し方

インターネットの時代には、「人の前で話すと声も手も震える」のは無くなったと思われている。
だが、そうではない。
「バーチャル」(仮想空間)をつくり「異常行動」をあらわしている。
「バーチャル」(仮想空間)とは「廃棄食品」(ゴミ)と同じだ。
この「廃棄物」の山から出て現実(リアル)を壊す行動が「声、手が震える」の異常行動だ。
治し方を教える。

《相談の事例・わたしは主婦。
中学の頃の人の前で声が震える、字を書くと手が震える症状が、何をやっても治りません》

(葉山節子(仮名)、43歳、主婦)

 わたしは、中学2年生の国語の授業のときに、教科書の朗読を指示されました。
 このとき、本を読む声がうわずり、泣き声に近い声になりました。
 そして声が震えのです。
 このときからわたしは、人の前で何かをすることをとても恐れるようになったのです。

 わたしは、24歳で結婚しました。人前で声が震える、手が震えるのを治そうといくつものや治療法にとりくみましたが、どれも効果がなかったので、社会参加は無理と、見切りをつけたのです。
 結婚してすぐに子どもが生まれました。

 結婚してみると、義母や義父などまわりの人の顔色をうかがいちょっとした一言にキズついて辛い思いをする毎日になりました。人の言った言葉に苦しみ、死ぬときは自殺だと思いつめてきました。
 人前で胸がドキドキする、本が読めない、手が震えて字が書けない、という症状は変わらず、治りませんでした。

 子どもの学校の生徒会で役員に選ばれました。わたしはパニック状態になり、一週間も寝込むことになったのです。
 精神科の薬を服用してもちっとも恐怖心は消えません。心は、自分はダメな人間なんだという思いに向かい、身体は、まるでロボットのように無感覚のままに動きます。
 治そうとか、治ろうとするともう一人の自分がいて、手が震える、声が震える、人の前でドキドキする自分に引きずり落してシバリつけているようなのです。
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 相談の事例の葉山節子さん(仮名)のように、「人の前で声が震える、人の前で字を書くと手が震える、人の前で話すと胸がドキドキして自分を見ている人たちが怖くなる」という症状は、要介護状態をつくる認知症(痴呆症)の周辺症状です。
 脳の中の視床下部欲の脳)にある「外側核」(がいそくかく・食べたい欲)で「行動」をつくり出すことを学習した人があらわす症状です。
 このような症状は、『右脳・実像』で発生します。

 生育歴・家庭環境の中で母親」が「子ども」の「顔、目を見て話さない子どもの話すことをおしまいまで聞かない」という場合、脳の働き方は「視床下部」の「外側核」で疑似行動をつくり出します。
 「外側核」は「食べたい欲」の中枢神経です。副交感神経が中心になって働きます。一般的には「過食症」をあらわします。
 副交感神経が優位ということは、人と話をするときに「相手の顔、目を見ない」という関わり方あからさまにおこないます。はっきりと分かるようにソッポを向いて話す、あらぬ方向を見ながらえんえんとしゃべりつづけるということをおこないます。スマホを持っている人は、パッとスマホを取り出してスマホの小さな画面を見ながらしゃべりつづけます。こういう異様な態度はしばしば電車の中の会話の光景としてよく見られます。

 「『右脳・実像』にあらわれるときは幻覚をつくります。人の話す言葉を全く憶えられない、話されたことは、その場で瞬間的に忘れる、というのが幻覚です。
 『右脳・視覚野』で、ものごとの色、味、香といった表面的なことを見てこれを憶えます。熊野クマ江だから、話されている言葉で意味のあることは否定されて、拒絶されるのです。おもに、人への敵意と、自分を悪く言う言葉しか言いあらわされません
 これが『右脳・実像』でつくられる幻聴です」
と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 「最近は、誰もが、パソコンやスマホでネット検索をおこないます。
 ネット情報は、『右脳・実像』では、単に真か偽(ぎ)か?を判断する命題(めいだい)にしかすぎません
 判断のための証明は、帰納か、演繹か、通信による現実(リアル)の有用性かでおこなわれます。

 日本人は、『右脳・視覚野』と『右脳・聴覚野』でネット情報を見る、聞く、をおこないます。
 幻覚幻聴の『見方』『聞き方』で見る、聞く、をおこなうので、ディスプレーに表示されるネット情報は、全て幻覚と幻聴の材料となります。見ること、聞くことの『行動』が止まります
 それがバーチャル(仮想空間)です。
 バーチャル(仮想空間)とは、『廃棄処分されるべき食品』と同じです。
 自分で食べた人、人に食べさせた人というのが『スマホの見ながら歩き』『しょっちゅうスマホを手に取って見ずにはいられない』という異常行動です。
 これが要介護状態をつくる認知症(痴呆症)周辺症状なんですよ」(熊野クマ江さん)。

 「ポルソナーレに入会して特別の個人指導を受けました。
 対策の基本は、相手の顔、目を見て話をおしまいまで聞く、でした。
 いくつかのアドバイスを実行したら、わずか一週間で、記憶する能力が回復しました。声、手の震えもスッキリ解消して人前で楽しく話ができるようになりました」
と、葉山節子さんは感謝、感謝の喜びを語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。

関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.