谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「人と会って話すとき、顔と目を見るとひきつります」の治し方

人と話すときに「顔、目を見るとひきつる」という症状がある。
「右脳・実像」の部位でつくられている「幻聴」だ。
「ネット検索」をおこなうとバーチャル(仮想空間)をつくる。
そしてリアル(現実)の行動を壊す。対策を教える。

《相談の事例
・わたしは人の顔と目を見て話すと、顔が歪み、目も泣き目になってひきつります》

(浅田京美(仮名)、16歳、女子高校生)

 わたしは、相手が女の子でも男の子でも、人と話をするのが苦痛です。
 どんどんしゃべりたいとは思うのですが、相手の顔を見て話せないのです。相手の顔と目を見ると、自分の顔がゆがんでバリバリにこわばり、ひきつるのです。目も泣き目になってショボショボします。にこにことほほえむということはとうていできません

 わたしはクラスの人とのあいさつの「おはよう」とか「バイバイ」といった短い言葉のやりとりでも「相手の顔」を見ることができなくなりました。今では、普通にしている顔でも不自然にひきつったままになっているのです。

 学校で、先生から声をかけられて用事を頼まれたことがありました。
 「浅田さん、忘れ物をしたので、職員室まで行って、机の上の資料を取ってきてくれませんか?」。
 わたしは、先生の顔が見れないので首を曲げてあらぬ方向を見て、先生の話を聞いていました。
 「あ、先生の机はわかるよね。入口から入って右の方向に行ってね……」
 わたしは、聞いていても場所などよく分からないのに変に思われないように、「はい、はい、わかりました」と急いで動いて出て行きました。
 職員室に行って、おろおろうろうろして、他の先生の目にとまり「何か用なの?」と聞かれてようやく頼んだ先生の机にたどりつきました。
 わたしにはこのようなことが日常生活の中にたくさんあります。

 わたしは、家に帰ると、なるべく外に出ないようにしています。家ではFMラジオを聞きながら母親の夕食の手伝いをして、インターネットで「おもしろいことはないか?」と検索して眺めて時間をすごします。
 インターネットの画面を見るときは顔も目もゆがんだり、ひきつるということはありません。
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 「人の顔、目を見て話せない。相手の顔、目を見て話すと、自分の顔、目が歪み、ひきつる」というのは、脳の中の『右脳・実像』の部位で起こります
 脳には、「視覚野」と「聴覚野」があります。「目で見たこと」「耳で聞いたこと」は、「視覚野」と「聴覚野」から『脳・実像』に到達して対象についての「視覚のイメージ」を表象させます
 「見る」「聞く」という行動をつくり出すのは『視床下部』の欲(性の欲、食の欲)です
 「脳の視覚野、聴覚野」で「見る」「聞く」ことをおこなう人は『脳に向かう視床』から『脳・実像』に向かって進むのです。

 「脳の視覚野と聴覚野は、母親が話すこと、見ることをそのまま記憶します
 見るという行動と聞くという行動を丸暗記するのです。
 母親が子どもの顔、目を見ない女性であった場合その子どもは、人の顔、目を見ない人になるのです。熊野クマ江
 ムリに見ると、ものごとを秩序正しく見るという働きが身についていないので、ここで見たものを拒否するという脳の働き方が起こるのです。
 それが、顔、目のひきつりです
と説明するのは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 「人の目が怖い。相手の目を見ると辛い」というのが「幻覚」です。
 「だから相手の顔も目も見ない」というのは「幻覚」にもとづく「人間関係」や「言葉」の法則の拒否です。
 なぜ拒否するのか?というと「見ない」とは「憶えない」と同じなので、人の話も本を読んでもすぐに瞬間的に忘れるのが「相手の顔、目を見ない」の脳の働き方の特徴です。

 「わたしは、ポルソナーレの通信講座『谷川うさ子王国物語』の講座に入会しました。
 特別の個人指導を受けました。
 相手の顔、目を見れないの改善策は、相手の顔、目をやわらかく見て、相手の話をおしまいまで聞く、授業中、聞き書き止める、ということでした。

 今では、人の目が見れない、顔が見れないということは全くなくなって、ほほえみながら顔を見て楽しく話ができるようになりました。
 毎日、高校生活も楽しく、幸せいっぱいで送っています」
と、浅田京美さんは喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした 日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

関連ページ:予防と改善の決定版 「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である

関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
日本人の最大の問題である「要介護状態」「認知症」(痴呆症)の予防、防止、改善


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.